2017年01月23日

横綱・稀勢の里

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
平成29年、大相撲初場所が終わった。
大関・稀勢の里が14勝1敗で優勝、ようやく天皇賜杯を手にすることができた。
そして一気に、横綱推挙が決まったようだ。日本人横綱としては、三代目若乃花以来の19年ぶりというから、大相撲狂とりわけ日本人ファンにすれば、待ちに待ったということになるのだろう。
若乃花以降に、武蔵丸、朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜の5人の横綱が誕生、武蔵丸は日本人に帰化したといえ本来はアメリカ人、その後の四人はモンゴル人なのだから、内向き指向の今日にあっては、喉から手の出るがごときの大関であろう。
私自身「日本人横綱」にこだわりはないし、さらには今回の横綱推挙にはいくらかの異論がある。というのは、横綱推挙への内規には、二場所連続優勝もしくは準ずる成績とあり、
「横綱になることができるか!」
の精神的プレッシャーの下、プレッシャーに負けない精神力が横綱たるに肝要という不文律があると理解しているからである。今場所の稀勢の里、場所終盤はともかく、15日間プレッシャー掛かっていたわけではなかろう。いやむしろ中盤までは、気楽に相撲がとれていた筈。それが白鵬の中日前の敗戦で、
「ひょっとしたら」
の考えが稀勢の里本人にも持ち上がった筈で、だから翌日の敗戦となったのだろう。つまり稀勢の里関がプレッシャーに耐えたのは、わずか一週間強だから、如何にファンが待ち焦がれていたとはいえ、その不文律をあっさり覆すような今回の推挙決定に対して、
「日本人として、強い日本人横綱を期待するなら、もう一場所待っても?!」
というのが本音である。
ただそんな理想論はこの際机の片隅に置くこととして、素直に横綱・稀勢の里を大相撲ファンとして見守ることにしよう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年01月22日

新大統領の船出

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
America Firstを連呼する大統領が就任した。
16分余りの就任演説で34回Americaという単語を用いたそうだから、30秒に一度以上の割合でAmericaと叫んでいたことになる。いやはや文字通りの国家主義、保護主義、アメリカ第一主義で、
「アメリカ製品を買い、アメリカ人を雇用する。」
の文言が、支持者を熱狂させている。まるで第二次大戦前のどこぞの国の有様に近い。それにマスコミ報道の情報を信ずるなら、大統領就任式に集まったのはほとんど白人で、先のアメリカ第一主義に、白人第一主義を付け加えねばならないのが事実のようだから・・・。
私は常々、今日の社会には多様性が肝要と考え、主張してきた。そしてこういった理解は、決して私だけのものではない。実際アメリカ合衆国という国が、長く世界を引っ張ってきたのは、アメリカ合衆国が多様性を認めてきたからでは無かったのか。そしてこういった世界標準を否定する大統領は、America First の終わりの始まりではないのかと考えたりもする。
最後に、そんな大統領をある意味熱狂的に支持する50%のアメリカ人は
「言うばっかりで実行できないワシントンを変える!」
の言葉に酔うのだろうが、このやり方、わが国の都知事センセイや元府知事、元市長センセイの戦略を何やら彷彿とさせるのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2017年01月21日

誤った選択

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
すったもんだの在ったアメリカ合衆国、トランプ大統領が就任した。
これから四年間、マスコミ報道の言葉を借るなら、先の読めない米国政治ということになるのだろう。わが国首脳も、付き合い方に随分と工夫が必要になるのだろう。
さて今日は、敢えて「アメリカ合衆国の失敗」と題して、私見を披露したい。
今回のこの混乱、私は8年前に「バラク・オバマ大統領を選択したこと」に根差していると考えている。先日もフェースブックに
「Yes, I can!と期待を持たせ掲げた理想は良かったけれど、結局何もできなかったから、今回は現実主義を振りかざすトランプを選ぶ人が多かった。」
といった趣旨の書き込みに出くわした。
オバマ大統領が何とは、もできなかった私自身は考えてはいないものの、確かに掲げた理想の崇高さと、現実に大統領としてなしえたことには、ずいぶんと開きの有るのは事実。確かに、理想を語らない政治家も困りものだが、オバマ大統領の目指したものは「超現実」すぎたに違いない。そしてそんな超現実を目指す原動力となったのは、アメリカ初の黒人大統領として選ばれ、それも信じられないほどの非常に高い支持率を得ての船出で、
「これなら、理想が実現できる!」
と、判断を誤らせ地に足の付かない結果となったのだろう。例えば
「核兵器を、地球上からなくす。」
との宣言が、彼にノーベル平和賞を取らせることになったのは周知のとおり、ただそんなことをアメリカ合衆国の、政治家や軍人が許すわけもなく、大統領の強いリーダーシップをもってしても、難しいというよりは不可能だったのであろう。
この手の分析は、将来専門家がなさるだろうし、それを心待ちにしている。
ただ私の私見・持論は、
「アメリカ合衆国は、初の女性大統領を選び、その後初の黒人大統領を選ぶべきだったろう!」
で、実はバラクオバマ大統領が選出されたおり、すでに披露していた。ただ今回のここまでの混乱は想像していなかったけれど・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年01月20日

雷雨多いなぁ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ここのところ、シンガポールでは雷雨が多い。
もともと雷雨日数の多い地域だから、「ここのところ」の修飾語は必要ないかも知れないけれど、連日ともなればついついこの言葉をつけてしまいがちとなる。この地に移り住んで三年半となるのに、まだ全然天候に慣れないような気がしている。
何せスマホで調べる天気予報はといえば年がら年中
「晴れ時々曇り、ところによって雷雨」
といった具合。だから慣れるも慣れないもあったものではないというのが正直なところ。ただそれゆえとでも言おうか、この国に住む我が同胞・日本人達は、北陸の方々と同じく
「弁当忘れても傘忘れるな!」
の慣用句に近い意識を持っている。
シンガポールの方々の本音でいえば、
「お天気のことは気にしない、頓着しない」
といったところなのかもしれないが・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外生活

2017年01月19日

大相撲初場所

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
大相撲2017年初場所も残り4日。俗にいう終盤戦である。
それにしても横綱・白鵬は、ある意味気の毒な大横綱である。
モンゴル出身の横綱でありながら、長く大相撲の屋台骨を、一人横綱として支え続けてきたのに、いつのまにか「日本人横綱待望論者」の目の敵にされるようになった。そんな中、モンゴルからの後輩が日馬富士、鶴竜と相続いて横綱になり、風当たりも少し弱くなるかと思われているのに、今場所その二人が場所半ばで相続いて休場である。現時点では、待望論者期待の大関・稀勢の里が一敗、白鵬が二敗だから、このまま千秋楽での対戦となると、「稀勢の里コール」の応援になるんだろうなぁ。つまるところ敵役を一人で引き受け、勝てば勝ったで恨まれるし、負ければ場内歓喜の坩堝となるのだろう。というのも、解説者の中には
「稀勢の里関は、昨年一年間の最多勝ち星でしたから、この初場所で優勝すれば、横綱推挙でしょう!」
なんぞとおっしゃる人もいて、早くも地ならしを始めていらっしゃる。
いやはや屋台骨を一人で支えて、これだけ恨まれる大横綱、本当に気の毒に思う。とはいえこれも強者の悲哀か???
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年01月18日

自叱

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
もう一山、あるとは思うてたけど、ほんまにあったなぁ。
同じ一山でも、バナナ一山やったら気楽なんやけど、ほんまに。
気ぃ重いなぁ、ここ数日。
ほんで柄にもなく弱気の虫が出そうになるけど、ここで負けるわけにはいかへんしなぁ。
68歳にもなって、「男の美学」もないかも知れへんけど、まぁしゃぁない。
正直言うとや、64歳までの人生にも、山はなんべんもあったんは、事実や。
ちゅうてもそれらの山は、自分の努力で乗り越えることできる山やった。
「自分で乗り越える」の中には、ほかの人にヒントもらうとか、教えてもらうとかちゅうようなもんも含まれてるんやけど。いずれにしても、ほんでわいには、それをそのたんびに乗り越えて、定年まで務めおおしたちゅう自負ある。
まぁ、科学ちゅうか学問ちゅうかは、そんなもんなんや。
せやけど、お商売はちゃうなぁ。
努力だけではどうしようもないもんもあるんや。
まぁわいが、それだけこの世界で生き残るには甘いちゅうことになるんかも知れへん。
まぁ、思案のしどころちゅう時期かもしれへん。いやぁ遅すぎるかも知れへん。
せやけど、さっきも言うたように、今退散するわけにはいかへんね。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年01月17日

神戸震災22年

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
早いもんやなぁ、今日で22年や。そう阪神淡路の大震災からや。
今朝もテレビで、追悼式典の中継やってた。せやから、ついつい思い出すねぇ
朝5時46分、かたかた鳴ったんで
「地震かなぁ?」
と、考えるか考えへんかうちに、ブーンちゅう感じでおっきな揺れがやってきよった。
あん頃わいは、14階か15階建てのマンションの10階に住んでたんで、ほんまにようゆれた。子供ん頃のブランコちゅう感じやったなぁ。ほんで一分ぐらいゆれてたかな、あんまり長う無かったけどわいは
「マンション倒れそうやなぁ!」
「このマンション倒れるくらいやったら、大阪のほとんどのうち倒れるでぇ。」
「せやから、今ゆれてるけどそのうちおさまるやろう。」
と目まぐるしう考えたもんや。自分でいうのもなんやけど、意外と落ち着いて論理的に考えてた筈や。
家の中はともかくめちゃくちゃや。
「大丈夫かぁ?」
ちゅうて声かけるわいに、娘は
「机の下に入ってるから大丈夫!」
と興奮気味やった。ほんでわいは、
「マンション壊れるほどやったら、机の下なんか意味ないのに、まだ子供やなぁ。」
と思うた。一方や三歳ほど上の息子は布団を頭からかぶって寝たままやった。
「いやぁ、大もんやなぁ。もう一丁前やなぁ。」
と親馬鹿な感心したもんや。
あれから22年、わいの中ではまだあの大地震は風化してないなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年01月16日

67歳最後の日に

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
67歳も残り一日。
明日からは、めでたく満68歳なのだ。(あまりめでたくもないか??)
まぁ、気持ちを引き締めなおして、諸事取り組もう。
ただ「諸事」といっても、何か具体的なものがあるわけではない。
大学生の頃には、正月三が日のどこかで、毎年の様に一年の計なんて考えたものだが、そういった感性の、どんどん希薄になるのが、年齢という物らしい。そして体力的には、自身でも衰えをひしひしと感じるこの頃、68歳の一年間はどうなるのだろうの思案は巡る。ただ「どうなるのだろう」といった他人任せは性に合うはずもないので、ここは主体的に目標ぐらいは立てねばなるまいと言い聞かせ、文頭の「気持ちを引き締めなおして」ということになる次第なのである。
そもそもついつい忘れがちながら、ここシンガポールには
「生まれた国が、あまりにも定年した者を粗略に扱う。」
事に腹を立てやって来た筈。そして学者としてではなく、
「徒手空拳ながら一起業家として成功例を残したい。」
と考え、国・政策を見返してやると、年甲斐もなくと決意したつもり。
その決意は鈍ってはいないものの、東南アジアの環境は思いの外厳しく、現時点では予定・期待を大きく裏切ってきている。「環境」の中には、当地で活躍する華僑のしぶとさ、強さ、あくどさといった、人為的環境も当然含まれる。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2017年01月15日

組織犯罪処罰法

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「組織犯罪処罰法」(共謀罪)、これって第二次大戦前にあった「治安維持法」と同じやんか。それを今年の通常国会中に成立させるちゅうて、政権政党のセンセイが言うてるんやて。ほんでや、急ぎ成立させなあかんのは、2020年の東京オリンピックのテロ対策が出来ひんからやそうや。一般大衆は、「2020年東京オリンピック」を理由にしたら、なんでも納得しやるからなぁ。ほんまに恐ろしい時代になる。なんせ計画の段階でも、公安警察が
「これは危ない!」
ちゅうて考えたら、処罰の対象になるちゅうからほんまに恐ろしいこっちゃ。
それにや、今政権与党が圧倒的に多数やし、その政権の総理大臣センセイの言うことに与党のセンセイは、「NO」言いはらへんし、ほんでもって総理大臣センセイ、かなり右寄りのタカ派や。ところがや、日本ちゅう国はセキュリティーちゅう意味では、まだまだ世界標準以下ちゅうよな意見もある。まさか戦前みたいに、言論統制とまでにはならへんやろうけど、ほんまいうたら「組織犯罪処罰法」成立させたらあかんちゅうのが、わいの意見や。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年01月14日

センター入試

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は日本では、センター入試の日やなぁ。
毎年思ったり、書いたりしてるように、センター入試の日は不思議と寒うなりよる。年によっては、一週間程度の日程の差ぁあるのに、ほんまに不思議なめぐりあわせやなぁ。ちゅうても暖か日ぃなんて、記憶に残らへんよって、正確に統計とったら寒いばっかりちゃうんかもしれへんぁな。わいらの時は、センター入試ちゅうよなもなんなかって、一発試験だけやったけど、あの年も大雪降って、たいへんやったなぁ。まぁ定年してしもうたよって、わいはシンガポールでのんびりやってるけど、後輩の仲間らたいへんやろう。
ところがや、仲のええ連れが
「急いで東京から帰りますが、今年はセンター入試当番から外れてます。」
ちゅうて、連絡してきよった。
「ほななんで急いで帰るねん。」
ちゅうて突っ込みたいとこやけどなぁ。突っ込み止めて、わいなりに考えてみるとや、センター入試使うんが、国立大学だけ違うて私立も仰山使うようになったんと、それこそ少子高齢社会のおかげで、受験生も減少傾向にあるんからやろう。まぁこの兆しはや、わいの定年二三年前頃から、当たると思うてた試験監督外れて
「なんや得したなぁ!」
ちゅうようなこともあった。大学人が、受験生減ったちゅうて喜んでたら、ほんとはいかんのやろうけど、入試監督はほんまのとこ、受験生以上につかれるよって、外れると助かるちゅうのは事実や。
「まぁ受験生の皆さん、寒うて大変やろうけどしっかり受験してください!」
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題