2017年11月25日

雷放電 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
地球温暖化で雷発生が増えるという話はよくある。
多くの研究者たちは、それを衛星観測やモデル計算で確認している。TRMM/LIS (もう20年近くも昔に実現した衛星からの、雷放電活動観測)で、北緯35度から南緯35度の雷活動の光学観測に基づく全休分布が、明らかにされた。そして結論から言うと、温暖化が進めば熱帯地方を中心に雷活動は増える、それも東南アジアの影響が大きいといったことが明らかにされた。その理由は、この地域の気象が大洋性と海洋性の二面性を持っているからである。詳細な検討は学術誌に譲るとして、
「温暖化が進めば雷活動が増える。」
これは日常生活の経験からも推論可能で、多分反対する人はまずいないだろう。
「それならはたして雷活動が地球温暖化に影響するのだろうか?」
という疑問もわいてくる。私以外にこう言ったことを考える研究者達も少なくはない。
即ちこういった命題は、観測(航空機観測)やモデル計算で議論されることが多い。
結論から言うなら、雷放電で成層圏の温暖化ガス(窒素酸化物)が増える・成層圏に輸送される水分量が増えることになり、より地球温暖化が進む可能性が出て来る。そしてとりわけ南半球の成層圏への影響が大きいと考えられている。その根拠は、北半球には大陸が多いのに対し、南半球は海洋が半分以上といったところにあるらしいことが判ってきている。早い話、どうも地球温暖化は、雷放電活動が「正帰還」として働いているらしく、地球全体の気温がやがて「大いなる不安定」となる可能性を孕んでいるらしいのだ。
この結論は、あくまでも21世紀初頭までの観測に基づいての警鐘で、多分他にもあれこれ地球温暖化の要因があるだろうから、ここで述べているような単純な議論だけでは済まないだろう。とはいえ少なくとも雷放電活動は、正帰還として働くらしいことは「大いなる警鐘」に十分値すると考えるのは、私だけであろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷の研究

2017年11月24日

雷放電 1

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
たまには専門の、雷放電活動について考えてみたい。
日本では今夏も暑かった模様で、
「地球温暖化の影響で雷活動も活発。落雷数も年々増加の傾向にある。」
といった新聞・テレビ報道があるかと思えば、
「東海地区で、一日に2万回以上の落雷が記録されました。これって地球温暖化の結果ですよねぇ。何かコメント頂けますか。」
といった電話取材が、テレビ局からあったりする。
一方日常生活とはかけ離れている
「北陸地方の冬季雷観測で、落雷放電の発生によるガンマ線放射はおろか、反物質の生成が起こっている様だ。」
といった超科学的な話題が、今週になって飛び込んできて、私自身も驚かされている。
雷放電に伴うガンマ線の発生は、最近十年程から、我々の同業研究者仲間〈ライバル〉の重要な研究主題となっていたとはいえ、「反物質」まで生成されているとなれば、とてつもない大発見となる。現時点では、「反物質」そのものが検知されているわけではなく、「反物質」が消滅するときに発生するガンマ線や窒素の同位体によって、間接的に確認されているらしいのだが、そのうち直接検知をといったプロジェクトも立ち上がるに違いない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷の研究

2017年11月23日

リーダーの品格

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日馬富士の事件、テレビ・新聞報道にはもはや食傷気味である。
フェースブックかツイッターで、
「横綱の品格をあれこれ取り沙汰するのに、総理の品格をこの国は問題にしないのか?」
といったのがあったけれど、本来ならこの時期マスコミ報道が取り上げるべき案件もあるだろうに、大相撲の話題ですっかりマスクされてしまった感じである。
そんな中、昨日の新聞に目立たぬように揚げられた
「サンフランシスコの慰安婦像、総理が遺憾を表明。」
との見出しを見つけた。
この問題は、大阪市長も
「公共の場に設置するなら、姉妹都市の関係も打ち切る。」
といった書簡を送ったと何週間か前に聞いた。
しかし天邪鬼の爺は
「なぜ慰安婦像を、わが国の政治家やリーダーが嫌うのか?」
と不思議でならない。
この爺は、第二次大戦に対しては否定的ながら、肯定的に理解する人のいることを知っている。歴史認識の相違という言葉で、その議論の宙に浮くことが多い。ただあの当時、確実に慰安婦を運営する組織のあったことは事実だし、強制されたか否か(この議論をするとまたまた宙に浮くことになるので)はともかく、苦労なされた女性のいたことは事実である。それゆえ、
「二度とあの状態を招かないように。苦労された女性たちがいる。」
事を忘れないための像だとしたら、目くじらを立てることも無かろう。だから歴史修正主義の立場で、この国を率いるリーダーの品格を、少なくともこの爺は否定的したく思うのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2017年11月22日

ご近所の犬を預かる

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ご近所の犬を預かることになった。
数日間の家族旅行に行かれるということで、昨日の夕方から来週月曜までのちょうど一週間。犬種はフレンチブルドッグで、これまでに二三度預かっている。犬の方もなれたもので、御主人に連れられてやってきて、意外とあっさりと見送っていた。犬なりに状況の理解ができるのであろう。
実は前回預かったとき、本来なら犬のホテルに預ける予定だったそうだが、
「どうにも行くのを嫌がるのです。預かってもらえませんか?」
といったやり取りがあり、犬好きの私はもとより異論もなく、預かった次第である。
ご近所のちびっこ姉妹、EちゃんYちゃんは、このブログに登場して頂いている。この二人も犬好きで、一週間預かることを告げたら、まるで自分達が預かるかの如くの喜びよう。この分なら朝夕の散歩も進んでやってくれるだろうから、有り難い限りである。
さて前回の事である。
散歩に連れていこうと着替えをしていたら、それを察知してか私の周りをじゃれまわっていた。私は適当にあしらいながら、ベルトを取り出して腰にまわそうとしたところ、全くふいにしかも異様におびえてうずくまるではないか。
「どうしたんや?」
という私の問いかけにも、目を合わそうとしない。つい直前までじゃれまわっていた元気さがまるで嘘のようである。それでふともしかしたら犬のホテルで、鞭のようなものでぶたれたのではないかと思いついた。
犬は何も語らないけれど、ベルトを腰につけ終えて両手から何もなくなった私を見て、ようやく立ち上がり
「散歩に行くか?」
の問いかけに、小躍りしながら戸口に走っていく姿を見て、私の憶測、当たらずと言えど遠からずと納得した次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2017年11月21日

稀勢の里休場

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝のニュースで、横綱稀勢の里の休場を知る。何せ9日目で、4勝5敗と負け越しているうえ、5敗はすべて金星配給と来ては休場も已むを得ないのだろう。
ただ結果論ながら今年の春場所、怪我を押して優勝決定戦に臨んだ時、十年以上も昔、当時の小泉総理が
「感動した!」
とたたえた、貴乃花の事を思い出し、春場所では
「優勝は照の富士に譲っても、決定戦はあきらめた方が。」
と考えた。そしてこのブログにもそう書いた記憶がある。
つまり貴乃花もけがを押して確か横綱武蔵丸との対戦に臨み、見事破っての優勝だったのだが、その優勝が力士としての生命を短くすることになってしまったと記憶している。稀勢の里の場合、前日の対戦で左腕を痛め、それを押しての大関照の富士との対戦で、それはある意味気合で勝利し、二場所連続優勝を飾ることができたものの、その後は多分痛めた左腕が完治しないのだろう。早い話どうも力が出ない模様で、出場しては休みの繰り返しが続いている。爺は野球ほどではないが、相撲も大好きな見るスポーツの一つで、だから稀勢の里のあのしかめっ面が、今は何とも痛ましい。今回で四場所連続の休場となり、マスコミも進退を論じ始めるかもしれない。それに年齢も31歳と、お相撲さんお引退年齢が近づいてきている。
さぁどうする大相撲協会。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年11月20日

フーテンの寅さんの面白さ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日、数日続いた夜来の雷雨の話題を上げた。
今朝も目覚めれば、雨の降ったらしい状況である。午前三時頃だったか、小用に目が覚めたときには降っている様には思わなかったのに。その後降ったのだろうが、雷鳴にも気づくことは無かったので、静かな驟雨だったのだろう。ただ当地のシンガポール人のいう「冬」到来だけに、夜は確かに寝やすく快適である。そして出かけには、雨も上がり陽射しも十分に強い。何度も重ねて書いてきたが、陽射しの強さは真夏以上である。緯度を考えれば当然のことながら。
そんな朝、交差点で信号待ちをしていたら、若者がやってきてやはり信号待ち。面白かったのは、信号機の影に入るようにして陽射しを遮っている点。その光景に出くわし、思わず渥美清のフウテンの寅さんお思い出した。寅さんがやはり夏に日射しを嫌って、信号機の影に入るというシーンである。信号機の影では、日射しを完全に遮ることなどできる筈もないが、
「あのシーンは、脚本にはなかったのですが、渥美さんが即興で演じられたのです。」
と、監督をされていた山田洋次さんが、何かの番組でしみじみ述懐されていた。内容は、
「日常の行動にみる面白さ。笑わせてやろうという見え見えの滑稽さは、一時笑えても後には残りません。渥美さんの演技の面白さの多くは、さりげなさともまた違った、長く残る滑稽さでした。」
といった風な内容であったと記憶している。あの若者も、あまりの日射しの強さについつい取っている行動なのだろうが、だからこそ滑稽にうつるのであろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2017年11月19日

久し振りの『忖度』

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は天声人語氏の話題から。人語氏曰く
「わが国と西洋の際立った相違の一つ、信号の無い交差点での自動車の振る舞い。わが国の場合、自動車優先であるのに対して、西洋の場合歩行者優先である点である。」
私自身の経験を手繰れば、十数年以前にフランス人友人を招待しての際、信号のある交差点でも自動車の流れが無いようなときには、その友人平然と信号を無視して交差点を闊歩し
「自動車も通らないのに、信号機に従って待つ歩行者ばかりだ。君達は信号機に従順すぎる。」
と、半ばあきれ顔であったことを思い出す。
天声人語氏に話題を戻せば、
「日本人社会は、お上を意識して動く。言い換えれば『お上の御威光』といった意識がつよすぎる。」
とまとめている。そしてそのように考えると、フランス人の友人の言葉も、状況が少し違うだけで、「お上の御威光」に従順な日本人の属性を見事に見抜いたいたんだなぁと、今更ながらに感心させられる思いである。
私は2013年に定年退職したのだが、その10年ほど4年間専攻長を務めた経験がある。教室会議が月例で開催され、専攻としての意思決定が専攻教授会でなされる仕組みとなっていた。そして教室会議や専攻教授会の舵取りを任されたのが、専攻長なのであった。教授だけでも20数名、助教や准教授を含めると総勢百人の教員を束ねることになり、『管理職』であったということになろう。ただ私自身、舵取りを意識はしても管理する側という意識は全くなかったのに、教授の何人かは明らかに私の顔色を見るといった風で、大いに困惑したことを覚えている。というのも大学人としての私には
「大学教員は、みな個人経営主みたいなものだから!」
という意識があったものだから。
そして天声人語氏を読んで、改めて振り返ればあの時の同僚達の態度は、まさに『お上の御威光尊重』に対するそれだったのだろうと、しみじみ考えさせられている。たかがだ大学の専攻長ですらあんなのだから、国の総理の御威光となれば、忖度、忖度の積み重ねがあって当然なのかも知れず、昨今の国会のドタバタはあってしかるべきはこの国の属性。それゆえ上に立つ者に関わる案件は、絶対あってはいけないのだろうとしみじみ思う次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2017年11月18日

シンガポールにも冬が

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
11月中旬になって雨の降ることが多くなった。
先週末など、寝入ってから雷鳴を三日続けできいた。それもいかにも近いといった雷鳴で、雨音も結構激しい。夕立三日の教え通りである。現役の頃なら雷鳴で飛び起きていたものだが、さすがに覚醒とまではいかず、
「雷近いなぁ、雨も激しいなぁ!」
なんぞと考えているうちに、眠り込んでいた。それも三日続きの繰り返しであった。
夜半に始まる雨は、日が出ても続いていることが多かったけれど、それでも出かける9時頃には不思議と上がってくれた。三日続きの雨の後は、さすがに連日ではなくなったけれど、それでも何日かおきに夜半の雷雨の襲来が繰り返されている。シンガポールは東京都23区ほどの大きさゆえ、この雨降りというか、お天気の状況というかは、島内どこでも似たり寄ったりなのだろう
実際一昨日乗せてもらったタクシーの運転手さんは
「ようやくしのぎ易い季節になった。夜に雨が降るので気持ちよく眠ることができる。」
と仰っていたし
「もう冬だなぁ。クリスマスも近いし。」
とも言っていた。何せ雨が降ると寒いというほどだから
「この程度で寒いなんて大げさだ!」
とまぜっかえすと
「私達には、やはり寒いよ。」
といった後
「あなたは日本人だろう。この時期あなたの国では雪が降るのか?」
と尋ねてくる。
「11月のこの時期は、北海道という一番北の地方くらいは雪が降るけど、東京や大阪はまだ秋だよ。」
と応えた。
シンガポール人には、雪が珍しくだから憧れも有るのだろう。
北海道旅行が夢だという。それも冬場の。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2017年11月17日

MRT 急停車

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日夕方、ジュロンイーストに出かけた。
シンガポール島では「ジュロン」地区は西側に位置しているので、イーストのついているのは、何やら違和感を覚える。とはいえMRTの駅名がジュロンイーストなのだから已むを得ない。余談ながら、ジュロンウエストが隣接しているので、ジュロン地区の東側・西側といった軽い意味合いなのだろう。ついでに言うと、私の住んでいるパシリス地区には、「ダウンタウンイースト」なんて呼ばれる地区もあって、都心から随分と離れた「パシリス村」界隈にダウンタウンと呼ばれる地区があるのは、何やら不思議である。
ただ今日の話題は、ジュロンイーストに出かけた件についてである。
MRTの東端駅パシリスから、マレーシアとの国境に近いに西端まで、各駅停車の電車に揺られて一時間強である。そしてこの地シンガポールは、MRTの自動運転化が進んでいる。なのに昨日はなぜか急停車が二三度もあった。爺は爺らしく老人席に座っていたので、急停車の影響はあまり受けなかったけれど、立っている乗客の多くは大いによろめくことになり難儀をしていた。三度めの時なんぞ、私の靴の上を数人の足が通過していく有様。
多分、先行車輌との間隔が規定値より短くなると、停車するようプログラムされているのだろうが、これが運転手がいる場合、先行車輌を見ながら徐々に速度を下げていくところなのだろうにと考え
「あんな急停車は、衝突事故の起こりそうな時以外はありえないだろう。」
というのが実感。急停車の原因、本当のところは判らないけれど、昨夕の一時停車は本当に頂けなかった。古臭い様ながら、ディジタル制御の不愉快さなのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2017年11月16日

起業の顛末 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「販売権登録をなぜ君の会社にする必要があるのか?」
という私の何度目かの質問に
「それはあの国の法律決まっていること。そうでないと売れないのだ!」
と、不承不承に友人は答えた。そんなのはうそに決まっていると、詰め寄る私に
「あなたは何も知らないんだ。営業は私に任せておけばいい。売れればお互いに儲かるじゃないか。」
と居直りさえ見せる。それでも私は
「なぜ私の会社のブランド名ではなく、君の会社のブランド名なのだ。それに登録が完了すれば、私の会社の製品として政府調達はありえないと教えられた。」
と食い下がった。
「あなたに教えた人は、誤解している。私をその人に会わせろ。きちんと説明するから。」
という具合に、論点を少しずつずらしてはぐらかすばかりである。
「いずれにしても、独占販売権は破棄するし、あなたの登録手続きは知り合いの弁護士に依頼して、注視してもらう手続き中だから!」
と最後通告をした。友人は苛立ちを抑えながら
「あなたとこの手の話し合いをすると、消耗する。商売のプロに任せておけばいいものを。」
といい、じゃいま進んでいる商談は全部キャンセルしておくという捨て台詞まで投げてよこした。欲張りな彼は、そんなことはする筈もないだろうが。
ただその時は私にしてみれば、すっかり騙されたという被害者意識ばかりが先走っていたけれど、彼の家を辞して家に帰るとき
「100%信じたわいがいかんかったんや。なんちゅうてもついてくるのは、自分の影だけやもんんなぁ。」
としみじみ反省した。
それでもその後、インターネットで調べたり、知り合いに確認したりするなどすれば、専売権登録をしないと売れないという規則はまるでなく、私を下請けにしてのOEM化、自身の会社を製造販売としようと画策したに違いがないといったあたりまで読めてきたというのが実情。
それにしても68歳の学者は、本当に世間知らずの甘ちゃんであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白