2020年11月25日

盛り上がらない日本選手権

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
野球日本選手権、ソフトバンクホークスがあっという間の3連勝。おまけに昨日の試合なんか、9回ツーアウトまでノーヒットノーランちゅうから、力の差歴然やんか。新聞ネタやけど、最高に盛り上がりのない日本選手権なんやて。そういうたら去年も似たような感じやったなぁ。こうなってくると、クライマックスシリーズやら日本選手権のやり方考えた方がええような気ぃするけど、セントラルリーグも、パシフィックリーグも変えようちゅわへんやろ。せやけど、その年の日本一を決めるちゅう意味は、この状態やったらほとんどないちゅうんが、わいの言いたい点や。
それからもう一つ、日本一の代表決めるのに、ペナントレース首位チームに一勝のインセンティブちゅうのもやめた方がええで。これは何回か書いてるけど、短期決戦で勝つ方法と、ペナントレースで首位になる戦略は根本的に違うんや。野球狂のわいの理解では、短期決戦はほんまに強いチームが優勝する。ペナントレースは、半年以上続くし100試合を超す日程があるねん。せやから投手のローテーションの有り方で、勝ち負けが変わってくるちゅうのがわいの理解や。それに半年も続くんやから、選手のコンディションいつもええとは限らんやろうしなぁ。ついでにいうと今年ソフトバンクホークスがパシフィックリーグで圧勝したんは、開幕当初対戦チームが一週間6試合ずつちゅう、変則日程やったちゅうのも大きかったんちゃうかな。多分やけど、今日で日本選手権も終わりやろうし、野球狂にはちょっぴし寂しい季節になるなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年11月24日

健気やなぁ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
Work from homeの日々が続いている。
確かに昨日は小一時間ほど、新しい職場に出かけたけれど、原則は依然としてWork from homeである。だから日中は愛犬のアリスと、退屈な時間を過ごすことが多い。とはいえ可能な限り夕方には、アリスを連れての散歩を実行しており、私自身の健康のため目標一日10,000歩なのである。アリスは臆病者のくせに、散歩に行こうと誘うと、体中で喜びを表現しているようにも見える。
そんなアリスの昨日である。
文頭にも書いたように、私は準備中の新しい職場に出かけたので、アリスは孤独な留守番だった。午後は早い時刻に、家人も私も帰宅した。帰宅当初はアリスは家人や私にまとわりついて喜んでいたけれど、その内落ち着いて普通に戻った。ところがしばらくするとアリスは、自分のキャリーバックへの出入りを始めた。実は先週月曜日、夕方家人はアリスを連れて知り合いのうちに出かけた。そのお宅にはマーブルという犬がいて、現時点ではアリスの唯一のお友達なのである。昨日もその友人宅を訪問予定だったのだが、アリスには何となくそのことが分かっての催促だったのだろう。という次第で、昨日夕方はアリスのとって若干幸せな時を過ごせたはずである。
そして今朝、ふと気づくとアリスがいない。家人は仕事に出かける準備をしており、本来ならアリスはその準備の様子を見張っているのが通常なのに・・・。
「アリス!、アリス!」
と呼んでみたけれど、現れる風もなく、ひょっとしたらスタディルームはトイレに閉じ込めてしまったかと探しても、見つからない。不思議だなぁと考えていたら、家人が笑ってキャリーバックを指さすではないか?指の先を見つめれば、キャリーバックの奥の方にアリスがお座りをして私達を眺めている。
「アリス、今日は君のお出かけちゃんやでぇ。マーブルのうちへは週一回。」
と、諭してみたけれど出てくる風もない。キャリーバックに入っていれば、連れて行ってもらえると、アリスなりにかんがえたのだろう。それにしても健気やなぁ!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2020年11月23日

ソフトバンクホークス強い

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
プロ野球・日本選手権、昨日まで二試合やっただけやけどやっぱりパシフィックリーグ代表のソフトバンクホークスの方が強そうやで。東京読売巨人軍、第一試合エースの菅野で負けたんが響いてるなぁ。この勢いやったら4勝0敗で終わるかもしれへん。昔は、人気のセントラル、実力のパシフィック言われたもんやけど、この頃は人気も実力もパシフィックの方がずっと上かもしれへん。いやずっと上に違いないなぁ。
そうそう、今年の読売巨人軍主催試合は後楽園ドーム違うて大阪の京セラドームなんや。それも力のでぇへん理由の一つかもしれんちゅうて、巨人軍ファンは言い訳しよるで、きっと。後楽園ドームはこn、社会人野球の大会が行われるんで、日本選手権の開催は無理なんやって。普通やったら、この時期日本選手権は終わって、ストーブリーグに入りかけてる時期やもんな。巨人軍ファンは、新型コロナの所為にしよるかもしれへんけど、いずれにしても実力のパシフィックに違いないことが、これでようわかるちゅうもんや。去年もソフトバンクホークスのワンサイドやったもんなぁ。
よう考えたら、三軍まで作ってチームを強くしようちゅう姿勢が立派やで、ソフトバンクは。それを真似して、いろんな球団がドラフトで育成選手まで指名して、三軍制を充実させとるみたいや。野球狂のわいには、喜ばしい傾向やでぇ。昔々の読売巨人軍みたいに、自分とこさえ強かったらええちゅう発想は、そのスポーツの先行きを暗うするんや。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年11月22日

夢を見た

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
久し振りに、学会の講演の夢を見た。
昨日京都の友人のフェースブックで、シンポジュームで語るという雄姿を見たことがきっかけだったのかもしれない。私より10歳ほど若いこの友人、ひょんなことで知り合い、弟でしを6年ばかり預けて鍛えて貰ったこともあるほどで、大いに信頼している。彼の理解はさておき、私には大切な友人の一人である。友人の話はさておき、私の夢の話である。
馬鹿でかい階段教室が会場で、なぜか会議の進行が遅れている。夢に有りがちなように、遅れが遅れを生み、いつになったら始まるのだろうと、私はやきもきしている。しかし一向に始まる風が無く、その内出席者が一人減り、二人減りといった具合で、まるで要領を得ない。悲しいことに、私自身状況を確認する知恵もわかない。結局出席者がほとんどいなくなった会場で、私は研究室の学生達とあれこれ他愛無い話を続けていたら、目が覚めてしまった。講演の題材は何だったのか、私が何歳の時の講演だったのか、詳細は文字通り霧の中、まぁ夢なんてそんなものなんだろう。それにしても意外と脅迫感の低い夢であったのが、不幸中の幸いといったところだろうか。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2020年11月21日

感謝祭

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本は今日から三連休らしいで。
土曜、日曜に勤労感謝の23日や。新型コロナの第三波が来とるんで、この三連休は試練の三連休ちゃうか。プロ野球の日本選手権もあるし、人の仰山集まりやすい環境が目白押しやで。
ほんで太平洋の向こうのアメリカ合衆国は、この同じ時期感謝祭Thanks Giving Dayがあるんで、三連休どころか大型休暇となるんやな。何せThanks Giving Dayには家族が集まって食事するんで、合衆国内での移動は数千万人を下らへんらしい。昨日のニュースで全米自動車協会の予測値ちゅうて紹介しとった。家族みんなが集まって食事するやなんて、まるで日本の盆か正月やな。
そもそも1600年台の初めにイギリスから移民してきた連中が、飢饉で困ってたら、インディアンに親切にしてもろうたらしいんや。それにちなんでのThanks Giving Dayちゅう話もあるけど、この手の話はいろいろ脚色されるから、本当のところはどうなんやろう。まぁそいでもドライなアメリ家人家族が、皆集まるちゅうんは興味深いなぁ。人情は世界共通ちゅうこっちゃろうかな?ほんで、トランプ支持派が、選挙の結果を受け入れへん理由、ある種の家族主義にあるんかなぁなんて考えてしまうけど、それはわいだけかいなぁ?

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年11月20日

小心者

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨夜はちょっとした会合があって、帰りがちょっと遅うなった。
午後九時も過ぎてるし、MRTで帰ってもええんやけど、少しお酒も飲んでたんで、タクシーで帰ろうちゅうて考えた。一緒に会合してた人が
「河崎さん、ここのタクシースタンドは、有り余るほどタクシーが待ってますから・・。」
ちゅうて教えてくれやったんや。ほんで反対側の出口指さして、
「ほれあそこに、客待ちのタクシー沢山見えるでしょう。」
ちゅいやるんで、指の先見たら客待ちタクシーの緑のランプが仰山見えた。
シンガポールの客待ちタクシーは、屋根に緑のランプなんや。ほんまに長い行列ができとった。ところがや、乗り場に行ったら先頭のタクシーは車種が、なんとベンツやしミレニアムタクシーとボデーに書いたぁるやないか。その後ろ数台はヒュンダイタクシー、庶民の足のコンフォートタクシーや。
そいでわいは手洗いに行くことにした。何ちゅうてもベンツのタクシーは少々お高いもんなぁ。
「一台だけやし、誰か乗りよるでぇ。」
ちゅうて考えたんや。
ほんで帰ってきたら、先頭車がヒュンダイのコンフォートタクシーになっとるんで、
「目論見当たったなぁ!しめしめ。」
ちゅうて考えながら、乗り場に歩いたらだれか走って行って、ヒュンダイのタクシーに乗りやった。ほんで次のタクシー見たら、あれまぁまたまたミレニアムタクシーやないか。
ほんまについてないなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2020年11月19日

大学と軍事研究

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
首相による学術会議会員候補者六名の任命拒否問題と関連して、学術会議が異を唱えている、「軍事研究」問題も政治家のセンセイ方から、これまた異論が上がっている。古い話ながら少なくとも1960年代は、多くの大学が自衛隊からの大学院への入学を拒んでいた。あの頃政権を握っていた自民党のセンセイのなかにも、ハト派と呼ばれるセンセイ方は、軍事研究には否定的だった筈である。それがお隣の中国が実力を付け、西側陣営の領袖たるアメリカ合衆国と張り合えるようになって、国会議員のセンセイ方の多くは
「時代が変わった。非軍事は時代に合わない!」
と仰るようになり、先日のニュースでは学術会議に、軍事研究の容認を迫っているとの雰囲気である。私は個人的には軍事研究には否定的であるけれど、もう20年程昔のことになろうか、米国の友人とのやり取りを思い出してしまった。
確かチューリッヒでの国際会議で、EMPについて議論したときの事である。
「日本には、この主題で真剣に研究している人を、私は存じ上げません。」
という私に、その友人はいささか避難気味に
「それは日本が軍事研究を放棄し、我が国に頼っておんぶにだっこだからだ!」
と意見され、一瞬ではあるが気まずい雰囲気が流れたのである。早い話、同盟国アメリカ合衆国の学者のなかにも、日本に対して役割分担をと考えているのだろうと、あの時理解した。思えばあの頃から我が国もタカ派の政治家センセイが、幅を利かすようになったのではなかろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年11月18日

人情は万国共通

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポールに長く住んで嬉しいと思うのは、この国の人々が総じて高齢者に優しいという点であろうか。公共交通機関である、MRTにも乗り合いバスにも、高齢者や障害のある方への優先座席が確保されているし、それ以外にも必ず席を譲ってくれる。
さて昨夕の事である。
知り合いを訪ねて、帰路はすでに黄昏時を過ぎており、私は最寄りのバス停に急いでいた。その時刻ともなると、バスの頻度は急激に減って15分毎となるからである。ところが運の悪い事に、バス停から100m弱のあたりでバスが走りすぎて行くではないか。とりあえず私は運転手に手を上げ、無理だろうと思いながらも、私なりに小走りで追いかけた。案の定私とバス停までの距離を随分と残して、バスは停留所に到着し、客が乗降を始めた。私は半ばあきらめながらも小走りを続けていたら、降りて走ってきた若者が私に気付き、猛ダッシュしてバスに戻って運転手に何かを語っている。そうこうするうちに、信号が赤に変わりバスは少なくとも2〜30秒は停車を余儀なくされることとなり、私は無事そのバスに乗り込むことができた。親切なその若者は、私のバスに乗り込むのを待って、大急ぎで走り去った。
「彼自身何か急いでいたのだろうに、・・・。」
と、感謝の気持ちで一杯、すがすがしい気分で昨夕を過ごすことができた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年11月17日

東京五輪開催反対

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
一昨日の話題、東京オリンピック開催可否について考えたい。
早い話、天邪鬼な私は、個人的には東京オリンピックの開催に関して、極めて否定的である。翻って1964年の東京オリンピックは、大東亜戦争がゆえに開催を返上した1940年大会補填の意味に加え、戦後復興の様子を世界に知らしめるという意味から、意義のあったことは事実である。1945年には焼野原だった東京、それから20年足らずの間に復興し、駆け足で先進国に仲間入りしつつあった我が国の真剣さを、世界に問うという意味で、大いに有効であったと考えている。
確かに2011年の東日本大震災で、未曾有の被害を被った我が国としては、その復興を再び世界に訴えたいという、その気持ちは理解できる。しかしながら復興は道半ばといえば聞こえは良いけれど、福島原発の惨状は、関係者の努力とは裏腹に、依然として改善されていないうえ、汚染水は増加する一方で、海洋投棄もやむなしといった暴論まで、我が国の指導者から出ている。
私の持論ながら、オリンピックのような「お祭り」は、発展途上の国が開催すべきで、そのことによってその国の人達に幸福感や達成感を持たせるという点で意義があると信じている。
ところがである。今やオリンピックは商業主義の権化であり、発展途上国の開催ではIOCに寄生する、大企業の儲けとはなり難く、クーベルタンの理念は、もはや一顧だにされてはいないのではなかろうか。
確かに若いアスリート達の、世界で活躍したいという高邁な気持ちは理解できるけれど、そんな純粋さを出汁にして何としても開催をと考える、IOCや政府もマスコミ報道、私には間違っているように思えてならない。だって若い力のあるアスリートは、開発途上国にも大勢いるんだもの。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年11月16日

ソフトバンクに期待

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
パシフィックリーグのクライマックスシリーズは、かくもあっけなく終わってしまった。ソフトバンクホークスの2連勝で、リーグ代表となった。セントラルリーグは今年クライマックスシリーズがないので、日本選手権への代表は読売巨人軍だから、これで4年続いて読売巨人軍対ソフトバンクホークスということになる。来週末から始まる日本選手権、パシフィックリーグファンとしては、ソフトバンクホークスの勝利を期待するばかりである。
ご常連様は、たかが日本選手権と一笑されるかもしれない。確かに1960年代、1970年代には日本の野球とアメリカのベースボールには、とんでもない程の実力差があったことは事実だろう。実際、シーズンが終わって物見遊山気分でやってくる大リーガーと日本選抜との対戦は、たまには日本選抜が勝つことは有っても、10試合ほどの対戦で8割程度は大リーガー側の勝利だったという記憶がある。いつの年だったかカージナルスがやってきたときは15試合程度の対戦で日本側がわずか2勝しかできず、小学生ながらに衝撃を受けたのを覚えている。
それでも昨今は、大リーガー達に
「太平洋の向こうには、ベースボールと違う、野球というボールゲームがある!」
と言わしめるほどで、言い換えれば彼等も一目置くほどになっているのは事実なんだろうと願っている。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 時の話題