2017年06月28日

しつもん?ドラえもん

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞第一面「しつもん!ドラえもん」はここ数日は電気(でんき)編で、はばかりながら本来の専門だけに気にかかる。
今日の問題は、
「120年以上前に売電のために作られた発電所はどこにある?」
というもの。何度か見学にもいったので、これは自慢にもならないが、大いに優しい。
ちなみに解答は、京都市の蹴上、琵琶湖からの水で発電する水力発電所が1891年に作られた、とこれは正確に書いてあった。ちなみに1891年は明治24年である。
昨日の問題は、
「電気を普及させるために電灯を商売にした人は?」
言わずと知れた発明王トーマス・エジソン。このエジソン、我々の年代にはあこがれの一人だったが、今はどうだろう。この人小学生時代は問題児であったといった伝記を読んで感激したっけ。余談ながら、野口英世、シュバイツァー、ヘレンケラー等も、あこがれの対象だった。
一昨日の問題は、
「電気を作るのに、身近なものを使うが何だろう?」
解答は敢えて示さないが、まずはまともな問いであろう。
一昨昨日の問題は
「電気に触れると、びりびりしたり痛みが走ったりする、なぜだろう?」
と、えらく難しい。電流が体内を流れるので、痛点を刺激する。あるいは神経回路に電流が作用する、なんぞという解答は小学生の理解を超えるといってもおかしくない。だからこの爺、この問題は小学生にはふさわしくないと批判的に捉えながら、解答を探してみたらなんと、
「人間の体には、心臓や筋肉を動かすため弱い電流が流れている。必要以上の電気が入ってくると、体が壊れてしまうので痛みで警告しているんだ。」
とあった。誤ったことは書いてはいないものの、この答えって「なぜだろう?」に直接答えてはいないような気がするのだが。
「怪我をすると、痛いのはなぜだろう?」
と問われた場合
「怪我をすると、体が壊れるから痛みで警告している。」
と答えるべきと、ドラえもん氏はいうのだろうか?不正解というわけではないですが・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2017年06月27日

ラマダンが明けた

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
モスリムのラマダン(断食月間)が、一昨日25日で終わった。
どおりで土曜日の夕方、マンションの周りが騒がしかった。いや夕方街の中心からの帰路、MRTと呼ばれる地下鉄やけに乗客が少なかった。帰途に就いたのが午後七時頃だったので、モスリム達が急ぎ食事に戻るか、レストランに入ったかの直後だったのだろう。今になってそうわかるけれど、あの時は
「なんやえらい空いとるなぁ?」
と不思議に思った程度。そして自宅に戻ってくつろいでいたら、やけに外が騒がしいのでこれまた単純に不思議に思っただけであった。(この爺としたことが・・・。)そして昨日そのことを思い出したのである。
この爺が今住んでいるシンガポールにも、モスリムは思いの他多くいる様ながら、かつて二年間住んだ、エジプトアレキサンドリア程ではない。あの頃はラマダンの時期ともなれば、夕方には判で押したように町中から自動車が消え人が消えた。日ごろ超渋滞だったあの町が、いうなら全くの空っぽになって、先に書いたように人が消えたのである。このように考えると、同じモスリムの住む国でも大層な違いであるような気がする。
ラマダンの時期といえば、先年トルコを訪れたときもラマダンの最中であった。あの国もモスリムの国ながら、これまた趣がエジプトとはすっかり違っていた。何せ日中の喫茶店で水を飲む若者を見かけ
「失礼ながら、モスリムではないのですか?今ラマダンでは。」
と声をかけたら、トルコのモスリムは合理性を重んじるから、と訳の判らない講釈をおっしゃって、御自身を正当化されていた。戒律に厳しい、モスリムとは思えぬ態度で、大いに感心したものであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年06月26日

同郷の人と

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポール人の、負けず嫌いというか見栄っ張りというかに関しては、数日前にこのブログで紹介した。
「ワニ園はいまでもあるのか?」
の問いに、知らぬ顔で関わらないか、あるいは自分の訪ねた外国のワニ園を紹介したり・・。ただこういった態度は、多国籍文化に住み生活していくための処世術かもしれないと、かってに合点している。シンガポール人批判(?)はさておき、実はこの疑問偶然土曜日に解決することができた。
実はこの地で知り合ったYさん、30余年をこの地で過ごしていらっしゃり、シンガポール人と結婚していらっしゃる。そのYさんから
「たまには一献傾けましょう!」
と声がかかり、忙中閑ありと二人きりの酒盛りとなった。私をお誘いくださったのは、私が大阪南部の生まれ育ちということで、
「その居酒屋のマスターが、岸和田出身なんです!」
だからぜひ引き合わせたいと、考えて下さったらしい。
ところがである。いやはや世界は狭い。マスター曰く
「岸和田ちゃいますんねん。祖父が千石荘で働いとって、父は貝塚三中の卒業生ですねん。そんでわいの子供時分に、千石荘が閉じてしまいましたんで、父は岸和田に引っ越しましたんや。せやからわいは、小さい頃は貝塚、中学になる頃は岸和田、ほんで今は貝塚の久保に家有りますねん。」
さらに父上は昭和23年10月生まれというから、貝塚三中の同学年と驚愕の事実。私の記憶に間違いが無かれば、多分同じクラスになったことはなけれど、A君という同学年生のいたことは間違いない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2017年06月25日

インフルエンザかなぁ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
表題でご心配下さったかもしれません。
この爺のことではありません。ご近所の仲良しYちゃんのことです。

ご近所の小学生Yちゃん、旅行から帰って高熱を出しているという。
クリニックでの診断では、
「もしかしたら、インフルエンザかも知れない?」
ということで、解熱剤を処方され二三日の様子見とのこと。
ただ解熱剤を服用後も熱が下がる風もなく、陽気なYちゃんが全く落ち込んでいるとの事。
熱の具合はと母上に尋ねたところ40度を超す有様というではないか。それも処方された解熱剤では高熱はあいも変わらず、Yちゃん本人の心配はもとより、ご両親も当惑されている風である。
ただその後、別の医院で診断を受け、お医者さんお見立てはほぼ同じということらしいのだが、処方された解熱剤の服用量がなんと間違っていて、今回はほぼ倍の量というではないか。だから新しい処方の服用では、体温も平熱近くまで下がり、Yちゃん今は漫画本を楽しんでいるらしい。
母上曰く
「やはりセカンドオピニオン必要ですね?!」
なのだが
解熱剤の処方量間違っていたなんて、セカンドオピニオン以前の問題やろう!
というのが私の理解、そしてなぜ最初のお医者さん半分の量を処方したのかを、確認したい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2017年06月24日

歩きスマホ問題

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日朝の番組で、中国の歩きスマホによる事故の多さを取り上げていた。かくいう日本だって、決して少なくはないのだろうが・・。中国のこの種の話題報道で驚かされるのは、街角に設置してあるモニター画像を、平気で流す点であろうか。スマホを楽しみながら歩道を渡っていて、自動車事故に遭う全過程をそのまま流すだけに、本当に生々しい。
それにしてもこの種の問題、中国だけではない。日本ででも話題となっているだろうし、このシンガポールだって深刻である。それが証拠に、4月からこの国では運転中のスマホ操作は罰金となった。でも
「そんな規制は、日本ではとっくにはじまっている。」
等というなかれ。これって世界中で問題になっていることは事実なのである。それが人間のさがなのだから。
とはいえ対策は簡単であると、この爺は考える。
「スマホ自体に移動時はゲーム中断となる機能を持たせればよいだけの事ではないか?」
現にポケモンゴーが大騒ぎとなったあのころ、一月か二月で自動車で走りながらのポケモンゴー操作はできなくなった筈。ゲームごとに機能を持たせるのではなく、スマホ本体に持たせればよいだけのことである。
ただしこれは個人の見解で、圧倒的多くのユーザーは拒むでしょうが?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年06月23日

ワニ園あるのかなぁ?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本の知り合い、38年前にシンガポールを訪れた際に、ワニ園に行ったという。そしてそのワニ園の事を知りたいと知らせてきた。38年前といえば1970年代末、シンガポールは以来すっかり変わってしまっている。日本からの観光客がこぞって行きたいというあのマリーナベイサンズだって開業したのが2010年、セントーサ島のユニバーサルスタジオの開業だって同じく2010年。10年前に来た旅行者でも、今日のシンガポールなら、ある意味浦島太郎状態の筈である。それに38年も昔といえば、このシンガポールという独立国が出来てようやく12年のことだから、今のシンガポールはすっかり違った国になってしまっているのである。
とはいえ、知り合いのいうワニ園・クロコダイルファームを調べようと、ネット検索してみた。が、はっきりしない。あるような、ないような。「クロコダイルファームレストラン」というのが目に留まったけれど、「これって本当はワニ園ではなかろう!」と、まぁ勝手な結論をだしている。
「2013年には開園していた。」
という書き込みがあったけれど、どことははっきり記録していない。よくよく考えれば、シンガポール動物園、ナイトサファリ、リバーサファリなんぞとあるのだから、観光客にはもうワニ園は魅力的ではない可能性もあり、閉園してしまっている可能性が高い。
已むを得ず同僚達に
「今でもシンガポールにワニ園があるのか?」
と尋ねたところ、一人がスマホでビデオを示しながら
「これがクロコダイルファーム!」
と得意げである。
「でそれはどこにあるねん?」
と重ねて尋ねたら、
「タイに行ったときに映した。」
と全く頓珍漢な答えが返ってきた。他の同僚達は全くのしらけ顔で、有るともないとも言いそうにない。どうもこの調子では、存否はご存じないのだろうと思案を巡らした。
シンガポール人の癖として、どうも知らないとは言えないらしい。いやはや困った人種である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2017年06月22日

28連勝達成

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
またまたの将棋ネタ。
とうとう、藤井聡太四段が連勝記録に並んだ。プロになって以来公式戦負けなしの28連勝という。朝のバラエティー番組では、これまでの記録保持者のコメントとして、
「本音では、自身の記録を抜いてほしくない!」
と報じていたが、本当のところどうなのだろう。複雑なんだろうが、将棋を愛する記録保持者としては、抜いてほしいような、抜いてほしくないような、自身でも本音が判らないのじゃぁと推察する。
この種の話題で思い出されるのが、野球の最多安打数を誇る張本さん、サンデーモーニングでは、自身の記録に非常なこだわりを見せていて、微笑ましいというより、年寄りの醜さを感じさせる時がある。そんなおりタイミングよく後輩がフェースブックに
「過去を自慢するのは、進歩が止まった証拠」
といった「名言」を掲げており、あらためて
「名人上手は謙虚でなくてはなぁ!」
と、考えさせられた。だから張本さんの場合は、きっと受け狙いのパフォーマンスに違い無かろうと、声は勝手な爺の一人合点。
何にしても、記録はいずれ破られるもの、そうでなくては進歩はないのは本当だろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年06月21日

今日は夏至

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は夏至である。
そんな日にはそぐわない話題だが、「深夜の雪」をふと思い出した。
何年か前の朝日新聞「天声人語」氏の話題で、何かの冤罪事件に関連しての内容であった。
「前夜何もなかったのに、朝起きれば一面の積雪。この場合深夜に雪の降ったことは間違いなく事実であると断定できる。」
といった内容であったと記憶している。
少し飛躍があるとはいえ、
「目撃証言がなくとも、他に原因がない場合状況証拠だけから『降雪がったという事実』を特定できる。」
という論法だったろうか?まさかサンタクロースが、深夜に雪を運んでくるわけもないだろうから・・・。
翻って、今日政府を挙げてもみ消しにかかっている大阪と愛媛の二つの学園にまつわる醜聞を考えれば、「怪文書」といわれる文書こそあれ、確実といえる物的証拠は、現時点では皆目ない。ただ状況証拠は腐るほどある。とはいえとことん突き詰めたところで、官房長官がおっしゃる
「問題ない!」
や、官房副長官のおっしゃる
「私は支持を出していない。」
で終わってしまう可能性が高い。
権力者に対しての「忖度」、人間の思考過程を特定できる装置でもない限り、物的証拠にはなりえない。別の見方をすれば、権力者への「忖度」とはアンデルセンの童話「裸の王様」のごときなのである。そしてそんなことは人間の本性として判っているから、アメリカ合衆国では大統領に関しての利益相反規定は非常に厳しい。現トランプ大統領、御自身で築き上げた会社とさえ手を切る様迫られているとも聞いている。少しでも関係がある様なら、第三者は中立ではおれないのである。
国内の醜聞に話題を戻すなら、如何に政権側に好意的に見ようとも、話題になっている両学園と首相の関係は明らかであり、だからこそ忖度の有ったことは「深夜の雪」と同じなのである。それ故愛媛の学園の件もう一度白紙に戻して、考えるべきだろう。アメリカ合衆国なら、大統領犯罪にすらなり得るのだから。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2017年06月20日

隣の国では

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
お隣の半島の国では、大統領から知人への秘密漏洩に加え、利益供与の有った可能性があるということで、大統領が弾劾され現在裁判中である。数年前の大統領選挙では、大いに人気を集めていた前大統領だけに、その凋落ぶりが哀れな気がする。とはいえ大統領といえども不正を行うと、大衆が許さないという隣国の有り様、まことにうらやましい限りである。大統領の不正が発覚し弾劾に至るまで、週末ともなれば青瓦台と呼ばれる大統領府前に大衆が集まり、大統領の退陣を迫った。退陣直前の週末には100万人が集まったというからすざましい。
古いながら、かつてフィリッピンでもマルコス大統領の度重なる不正に業を煮やした民衆が、1986年2月マラカニアン宮殿を取り囲み迫ったため、夫人とともにヘリコプターで脱出してハワイに亡命して政権の座から降りたという歴史がある。政権の不正・圧政を、一般大衆が許さなかったという一例であろう。
翻ってわが国、大阪と愛媛の学園問題あれこれ取り沙汰され、何やら政権の「不正」の臭いを感じるというのに、現時点では一般大衆は立ち上がろうという気配が極めて薄い。政権を支持する人達は
「景気が良いのだから。」
「雇用が増えたから。」
「ほかに政権を任せそうな人がいないから。」
等々の理由で、
「学園の問題は不問に付す。」
といった受け止め様である。
ただ、何年も前からの知り合いで、いろいろな同席写真が公開され、さらにはその学園尾式典にまで首相や首相夫人が出席しているような関係なら、これは確実に利益相反、便宜を積極的に図らなかったとしても、やはり許されるべきではない。それに野党側の集中審議要求に、
「それは、国会のお決めになる問題!」
と、「忖度」を強いる回答をするようでは、一般大衆の一員として納得できない。
あれこれ申し上げてしまったけれど、私達の国でも、権力者の不正を糾す声が上がる、そんな大きな流れがあってと欲しいと強く期待している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2017年06月19日

セパ交流戦閉幕

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
野球狂の楽しみの一つ、セパ交流戦がとうとう終焉期を迎えている。
昨日に予定されていた六試合のうち一試合・オリックス対DeNA戦が、降雨中止となったため、完全に幕が下りたというわけではない。がしかし、首位チームが、ソフトバンクホークスに決まったいうことで、交流戦が実質決着したと考えてよいのだろう。
交流戦に限るなら、これでソフトバンクホークスは、三年続けての首位ということになる。他のリーグ所属の6チームと、それぞれ3試合ずつ対戦するのだから、わずか18試合のいわば短期決戦が交流戦で、野球狂には長期のリーグ戦とはまた違った楽しみがある。私の持論は、
「短期決戦は、強いチームが勝つ!」
であり、ソフトバンクは球団を強くするために、一番真摯に取り組んでいるということなろうか。例えば20年近く連続して負け越すなど相性のあまりよくなかった西武ライオンズから、フリーエージェントで細川捕手をとり、以来西武ライオンズには分が良くなった。細川選手という西武ライオンズの要を獲得して、丸裸にした結果というか成果というのだろうと私は理解している。横道にそれたので、話を本題に戻す。
ただもともとこの交流戦が、プロ野球人気が伸び悩んでいたころ、米国の大リーグの企画を模倣する形で、カンフル剤として導入された。導入に当たっては、セントラルリーグの各球団が否定的であったと漏れ聞いた。交流戦を実施すれば、その分読売巨人軍との対戦が減ることになり、球団の収入減になるという、きわめて利己的でお粗末な理由で、実現までには紆余曲折があった。が今や、読売巨人軍の人気も下火となり、加えてパシフィックリーグ所属球団の努力もあって、交流戦は圧倒的にパッシフィックリーグが優位に立っている。パシフィックリーグの優位性、今しばらくは変わるまい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題