2021年08月03日

2008年12月30日のドタバタ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
古い日記(と言ってもブログだが)を読み返していたら、2008年の12月30日の内容が目に留まった。この日記に出てくる友人は、その数年前に知り合った友人で、ちょっとした国家プロジェクトに関わった仲間である。その国家プロジェクトもいよいよ大団円かという時期になってのこのドタバタ劇で、その後もあれこれと「縁」が続いている。

(2008年12月30日のブログ再掲)
年の瀬だというのに昨夜随分と遅くなって友人から電話をもらった。
受話器から聞こえてくる声は,パニック気味である。
こんな時には,なだめてもすかしても効果は無いので,取り敢えず聞き役に徹するだけ。ただパニック状態だけに,話が右往左往して全く要領を得ない。ひとしきり話を聞いてから,どうしたのだ?と問い質すと,なんだ,聞いてなかったのか?と不満ながらも,数日後には新年を迎えるので,心機一転と目論んでいたが,すっかりやる気をなくした!と,漸く落ち着いて話しだした。友人がパニック状態に陥ったのは,信頼していた筈の人に,ネガティブキャーぺーンを張られてしまったことが原因らしく,これですっかり悪い評判が立つ,もうおしまいだと,世界が終焉を迎えたような落ち込みようである。慰めようにも,そこが電話での話の歯痒いところで,ともかく月並みな言葉しか思いつかない。ただ慰めれば慰めるほど,落ち込み様がひどくなる雰囲気で,それなら逆療法をと切り替えて,
「ネガティブキャンペーンを張られるということは,それだけあんさんを評価している証拠だ。評価というよりは,怖いんかもしれへん。かくなるうえは,それも有名税と割り切ろう。ネガティブキャンペーンを,絶対乗り切れる。ともかく元気がなければ,あんさんはただの人やから!」
と突き放せば,ひどいことを言うなぁと返しながらも,続いての笑い声。追い打ちをかけるつもりはないけれど
「あんさんは,ともかく馬鹿正直や。利に智い人間もいれば,義を重んじる人間もいる。それを皆が皆,義を重んじる人間ばかりと信じているからそうなるんやで!」
と,叱咤して,ともかく年が明けたらゆっくり話し合いましょう。当方現在蜂窩織炎で,気軽に馳せ参じるわけにはいかんのやから!と話を結んだ。受話器の向こうの友人,少しは元気になったのか
「じゃぁ,良い年を迎えて下さい!」
と,少なくともパニック状態だけは治まった様であった。


シンガポールに来て8年、縁は続いてはいるものの、久しくお会いしていない。お元気だろうかなぁ?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2021年08月02日

感染爆発

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本では、新規感染者の数が一万人超えを続けているけれど、オリンピック開催責任者からは
「この開催が、新規感染者の増加に、直接関わっているわけではない。」
との、公式見解が示されている。
「直接」の定義を、「海外からの代表との接触による感染増加」と取るなら、実際のところ可能性は低いと思う。
一方、我が国選手の活躍による我々応援する側の気分高揚と、それにまつわる大騒ぎが、三蜜を作ることまでを「直接」に含めるなら、これは確実に原因の一つになる。
実際、オリンピック開催までは、反対派が70%を越していたのに対し、日本選手団大活躍の後今では、反対派が30%程度というではないか。
厳しい様ながら、我々の良識なんてその程度のもので、如何に首相が
「観戦は、自宅のテレビで!」
とお願いしても、それこそ馬耳東風に近かろう。
それに首相だって、金メダルを取った選手には、SNSでお祝いのメッセージを送っているというし、
「危機感を共有して欲しい。」
とのお願いは、それこそ空念仏なのであろう。
はてさて今日の新規感染者数は、いかばかりならん?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年08月01日

葉月朔日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
葉月朔日
昨日の東京都の新規感染者数、4,058名、とうとう四千の大台やないか。
ほんで全国合計でいうたら、12,342名や。
全国合計、一万人超えが当たり前になってるで。
この数見たら、大騒ぎしてるタイとおんなじや。タイは未だ予防接種、日本に比べて遅れてるちゅう話やから、やっぱし日本の増え方軽ぅ考えたら、あかんでこれは。
ついでにいうとや、
「五輪、ワイン片手にスマホ観戦 感染爆発中の渋谷の夜」
の見出しが不気味やなぁ。
やっぱり若者の多くは、新型コやろロナウィルスをなめているんやろか?
実際新規感染者の、若年層の占める割合が高いみたいや。
これも去年この大騒動が始まったとき
「若年層は、重症化しない!」
ちゅう情報が出てたんで、今もそれ信じて、無茶してるんやろう。
本人らは無茶してる気はないんやろけど、そいでも絶対数が増えるちゅうことは、感染症が広がりやすいちゅうことやからな。
集団免疫ちゅう、ちょっと無茶な考え方もあるにはあるけど、どうなんやろ。
ワクチン接種の進んでる、イスラエルやらイギリスやらで、またぞろ変異した株で、感染者が増えてるちゅうし。
まぁオリンピックもあと一週間やから、このままやり続けるんやり続けるんやろ。
ほんで若い人らは、最後まで懲りんと大騒ぎし続けるんやろうなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2021年07月31日

理想的な気候

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
文月晦日。七月も終わる
昨日午後、あまりの暑さに体感温度を調べてみた。
シンガポールの気象局が、公開しているホームページを覗いたのである。
午後3時、気温摂氏33度で、体感気温38度とある。
夏至から一か月半、太陽は随分と高くなってきている(筈だ!)。
秋分の日までますます高くなり、正午には自分の影がほとんど点になる。
それまではこの暑さに、悩まされるのだろう。
そんなことを考えながら、ネット新聞を読んでいたら、
2013年の東京オリンピック誘致の際、
「五輪が開催される東京の夏は温暖で、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候です」
と説明していたと、海外メディアが苦言を呈している。
この議論、今後どのように展開していくのか分からないが、新型コロナウィルス新規感染者の急増と、酷暑の脅威は、しばらく目が離せない。
実際テニスの試合開始時間も、有力選手の要請もあって変更されているようだ。
それにしてもこの時期の我が国日本、年中で一番暑いことは、普通の大人なら知っていること。
数日前は、「土用丑」で、多くの家庭では鰻を食べて、暑気祓いをしている筈だ。
誘致合戦に勝つためには、なんでもありっていうことなのだろうか?
これまた嫌な時代になったもんだ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2021年07月30日

新規感染者数一万人超

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
新型コロナウィルス新規感染者数が、10,000人を越した。
過去最高である。
東京では、3,000人越え、神奈川では1,000人越えと、これらも過去最高。
早速新しいLINE 仲間に送ったら、G 君からは
「若い人達は、コロナをなめていますから。」
と、厳しめのコメントが来た。もう一人のU君からは
「オリンピックも自宅観戦ですし、飲食店も酒類提供無しですし、もう打つ手なしです。」
と、否定的で少し頓珍漢な返事である。
「自宅観戦ちゅうても、競技場前に人だかりちゅう報道もあるでぇ!」
とすかさず返したら、御存じなかったようで
「競技には触れられないので、多分盛り上がってないと思います。」
とあくまで、冷静沈着である。
確かにテレビや新聞での報道には、オリンピック開催に反対していたマスコミ報道の意図的なニュースの流し方もあろうが、それでも十分三蜜以上の込み様という雰囲気である。そしてこの時期の結果は、二週間後のお盆前後に出るのだろうから、新規感染者数がますます多くなり、医療関係もひっ迫するのではと危惧がぬぐえない。
そもそも論ながら、オリンピックの自宅観戦の視聴率は、テレビ各局分合計して50%程度だろうから、それなら日頃の視聴者数と大差なく、残りの50%の人達は街に出ている可能性も高い。
だから政治家センセイの言う
「人流が減っている!」
というご意見は、まぁあまりあてにはならないというのが、天邪鬼爺の印象である。
コロナ退散、コロナ退散!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年07月29日

卵が立つか?2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「卵を立てる」話題である。
半世紀近く昔、週間の漫画雑誌に、塩をぬると立つという記事があったような記憶もある。残念ながら、その真偽を確かめていないけれど、私の「卵を立てる」話には、全く関係が無い。ともかく以来何度も人前でやって見せ、驚かせてきたことは事実である。
訳知り顔の御仁は、私が
「卵を立てる!」
というと、間違いなくコロンブスの逸話をおっしゃり、実際やって見せると押しなべて不思議がる。そしてトリックを聞き出そうとする。しかし残念ながら、トリックは全くない。ひたすら心を静め、「卵を立てる」ことに、集中するだけの事なのである。
とはいえ、ちょっとしたコツというか、秘密がある。
大概の人は、卵を立ててみようとして数秒で指の支えを離し、コロンとひっくり返す。そしてこれを数回繰り返し
「卵は、立つはずがないよ!」
とあきらめる。
しかし如何に不安定な形とはいえ、上手く重心を取れば不安定ながら、立つはずと理解し、簡単には指を離さない。しつこいくらいに重心を取ることに腐心すれば、10分か15分すれば見事に立つ。ただそれだけの事。言い換えれば長く卵を同じ置き方で支え続ける事、ということになろうか。
目安は、10分か15分間である。
昨日紹介した、シンガポールに訪ねてきてくれた友人お家族、ちびっこ3人のうち最年長のお姉ちゃんはできたと記憶している。
そして以下は、この爺の理解である。科学的に確かめたわけではないけれど。つまり、10分から15分間も同じ姿勢で生卵を支えていると、多分黄身の部分が幾分かは下に下がることになり、重心が下がることになるのではなかろうか?だから不安定なりに卵が立ち、見ている仲間を驚かせることになるのだろう。当然ちょっとした振動で、その卵はひっくり返るけれど、静かにしていれば一分でも二分でも経ったままでいることは言うまでもない。
ご常連様も、一度卵を立てて見られてはいかがかな?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2021年07月28日

卵が立つか?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日も「しつもん!ドラえもん」から。
卵を立てるという話題で、有名なコロンブスの卵を取り上げていた。
この逸話、本当にコロンブスだったかどうかはさておき、天邪鬼爺の私には異論がある。
というのも実はもう半世紀近く昔、大学院博士課程学生だった頃、生卵を、しかも割ることなしに立てるという経験をしたからである。それも何度もである。ちなみに最近では、5年ほど前に日本人家族がシンガポールを訪ねてくださったときも、やって見せて驚かせている。
いずれにしても、生卵は割らなくても立てることができるのである。
半世紀近く前の事、四年生の折直接卒業論文を指導してくださった、TKさんが来られていたと記憶している。他愛無い話が続いた後、卵が立つかという話題となって、それならやってみようということになった。春の彼岸に生まれた卵は立つという迷信の話題からだったし、二人してやってみる気になったのは、もしかしたらとうぜん春の彼岸の頃だったのかもしれない。とはいえ、卵は簡単に立つは筈もなく
「机の上は平たいけど、畳なら少し凸凹があるから!」
ということで、二人して寝そべりこの馬鹿々々しいかも知れない、単純作業を続けた。私の記憶が正しければTKさんはそのうち諦め、テレビが雑誌に興味を移されたが、私はしつこく取り組んでいた。そして10分か15分間ほど続けていたら、不思議なことに卵が立ったのである。
「卵たったでぇ!」
と声を上げると、TKさんは
「うそつけぇ!」
と信ずることがなく、振り返って卵の立っているのを見て
「わぁ、善さんすごいなぁ!卵立てたなぁ。」
と言ってから、
「畳の凸凹で、うまくバランス取れたんやろう。」
取るづけた。私はそれならと机の上で、やはり10から15分かけてやって見せ、見事に卵の立つことを実証して見せたのである。卵を傷つけるとかゆで卵にするとかいうトリックは、一切やっていないことは勿論である。
なおこのなぞ解きを含め、この話題明日にもう一度取り上げたい。
(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2021年07月27日

台風接近

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
オリンピック開催中なのに、台風が東北から関東地方に上陸しそうだという。
この時期の台風は、日本に向かうことが少ないというのに、例によってお天気の神様は意地悪だ。
そういえば何の国際会議だったかは忘れたけれど、横浜のパシフィコで会議中に暴風警報が出て、缶詰状態になったことが、私にもある。それで気になって心当たりをネットサーフィンしてみたら、1993年8月23日から27日International Conference on High Voltage Engineeringがそれらしいことが分かった。もはや28年も昔の事である。大阪大学に赴任して4年目で、忙しくしていた頃に違いない。
記憶に間違いなければ、東京のKKR竹橋に宿をとっていた筈で、毎朝JRで通っていた。そして最終日だったと思うが、直接会場の横浜からバスで羽田に移動して帰阪をと目論んでいたのに、昼頃にはバスはおろか公共交通機関が全て止まってしまった。運のいいことに、午後の数時間をパシフィコのロビーでコーヒーを飲みながら過ごしていたら、交通機関が再開して、夜には当時住んでいた池田の自宅に帰ることができた。
210727 台風11号.png
参考までに上がその時な台風11号の進路である。(無断借用御免)
lanking.gif
クリックして投票を!



posted by zen at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2021年07月26日

卵のかたち

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞の一面にある「しつもん!ドラえもん」のことは、何度か取り上げている。
子供達の、活字離れ、新聞離れの昨今、答えを求めて紙面を探し、巡ることがそれなりに意味のあるだろうと、私は信じている。ともかく、解答のある紙面や位置は、決まっておらず毎日探さねばならないので、
「工夫しているな!」
の好印象をを持っている。
ただ敢て難点を申し上げるなら、知識偏重、それもかなりマニアックな、に過ぎるきらいがあり、
「たまには考えさせる内容が、あったてもいいのでは。」
というのが実感なのだが、今日の「しつもん!」は良かった。
「鳥の卵は球ではなく、先の方が細くなっているのはなぜ?」
といった具合で、小学生中低学年が考え試して答えを出すのに適しているだろうと思う。
いや逆に、紙面で答えを探してから、実験ができるともいえそうだ。
とはいえ、私はこの企画は大いに気に入っており、この年寄りでも目から鱗という「しつもん!」のあることも少なくなく、末永く続けて欲しいと願っている。
大学入試のセンター試験、ここ数年考えさせる問題にせねばと、あれこれ改革に文部科学省は腐心しているようながら、子供達に考える習慣を持たせる教育の有り方なんぞ、日頃の生活の中でも工夫できるのにとは、天邪鬼爺の本音なのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2021年07月25日

大会二日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日ブログの最後に、
「日本人の活躍は、同胞としてこの爺も嬉しいけれど。」
と書いた。
ただ時代遅れかも知れないけれど、例えば今日金メダルを獲得したスケートボード、本音で爺は違和感を感じる。柔道や水泳の金メダルのようには、
「よく頑張ったなぁ!」
と、素直には喜べない。まぁ近年のオリンピックは、もはやすっかりお金儲け主義に走っているらしいので、爺が喜びを感じる古典的な競技種目も、五十歩百歩なのかもしれないけれど・・・。
それでも大会前半の競技、水泳、体操、柔道、後半の陸上競技等は、やはりオリンピックの花であると、頑固なようながら思えてならない。
だから野球、ソフトボールなども少し違うなあといった感じだし、卓球、テニス、ゴルフに対しても同じような印象はぬぐえない。とはいえ、私自身野球狂を自認しているくらいだし、テレビでもスポーツ競技観戦は好きだから、これらの競技を否定しているのではなく、
「オリンピックの競技種目としてはなあ!」
と思えてならないのである。
頑固で保守的と言われれば、返す言葉はないけれど。
「古代ギリシャの競技種目に戻れ。」
なんぞとまでは、主張する気は毛頭ないことは、間違いのないところながら、スポンサーの点きやすい競技が、オリンピックにはびこり幅を利かせているに違いないとは、穿った見方に過ぎるだろうか。
余談ながら、今日また一名67歳のLINE友達が増えました。福井県在住の旧友です。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題