2017年12月31日

名誉回復

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
2017年大晦日。あと一日で年が新しくなる。

一年最後の話題にふさわしいかどうかと考えつつ、2011年3月11日の大地震に思いをはせている。
ただしつい最近明らかとなった、
「メルトダウンを公表しなかったのは、官邸の判断ではなく電力会社の判断だった。」
という調査委員会の報告に関してである。これですっかり菅元総理の名誉回復というわけにはいくまいが、それでも震災以降すっかり「無能呼ばわり」されてきたので、少しはといったところであろう。
が二人研究室を訪ねて来ていた。訪問の目的は御多分に漏れずリクルート活動で、私の居室で三人で談笑しているときにグラグラっときた。私の居室は9階建ての9階にあり、耐震基準を満たしていないこともあってだろうか、ことのほか揺れた。それも結構長く揺れていた。揺れは二三分も続いていたであろうか、それでも建屋は崩壊することもなかったので、我々は最初
「これは結構大きい地震やで。東南海大地震かな?」
なんぞと気楽蜻蛉を決め込んでいた。ただ当時は携帯電話のワンセグでテレビが受信でき、弟子二人はNHKの地震速報で被害の状況を確かめていた。一時間ほどもたった頃であったろうか、福島の原発に津波が押し寄せてという速報が入った途端、両名の顔から笑顔が消え、
「これはえらいことになる!」
「急いで東京に戻らなくては。」
と言い始め、私も
「そうやな。リクルートにはまた来たらええんやから。」
といった返事をして彼らを送り出した。そして今から考えれば、当事者だけに彼らは事態の深刻さを実感していたのだろうと思わざるを得ない。実際一人は福島の現場状況を把握できる部署に配置され、その後
「先生にも全て話すことはできません。」
とえらく深刻な雰囲気であった。そして何年か後には退職してしまったのだから、彼自身の中でかなりの葛藤があったのだろうと想像に難くない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年12月30日

不可逆的合意

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
太平洋戦争中の「悲劇」慰安婦像の設置で、わが国政府は神経をとがらせている。韓国との慰安婦に関する議論は、朴前大統領の時代に「不可逆的合意」して解決した筈だった。ただ朴前大統領が任期を全うして後新大統領が選ばれていたら、むしかえしての議論は起こらなかったのだろうに、弾劾を受け大統領の座を追われたこともあって、現在の文大統領が水面下で、あれこれおっしゃっているのだろう。日韓両国の「不可逆的合意」の決着は政治向きの事ゆえ、オヤクニン様や政治家センセイの手にゆだねるしかない。
ただ前大統領の失墜に呼応するかのように盛り上がってきた、韓国内の慰安婦像設置の流れの勢い、例えば路線バスの中に設置したり、あるいは領事館前の広場に設置したりといったことに関して、爺なりの理解は、
「過去の歴史で慰安婦制度はあったのだから、設置して韓国の人々が納得するならそれはそれでいいのではないか?」
といったところにある。というのも過去にあった事実だし、それを被害者側の国民が歴史としてどうとらえていくかが問題で、いうなら我が国の原爆ドームも意義としては同じではないのだろうかと考えるからである。
「過去の日本軍の犯したあやまちは許すけれど、その事実を我々は忘れない!」
かかる意味の「慰安婦像」であると爺は信じたい。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2017年12月29日

責任感の拡散

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
久し振りに、天声人語氏の話題から。
責任感の拡散:衆人環境の中で誰からも止められないまま犯罪が行われる。そんな事態が時折起こるのを説明する概念。
今日の天声人語氏は、新幹線の台車の「インシデント」の原因を、この「責任感の拡散」に求めていた。成程と納得しながら、それなら今日の政権政党の有り様を見るとしたら、似たような状況かも知れないと思えたりする。早い話総理のなさり様を誰も諫めようとしない。加計学園の件は、いかに贔屓目に見ようとも、「利益供与疑獄」の印象は拭えない。こう考えると「責任感の拡散」は、忖度にも通じるのかもと考えたりもする。さらには、今年いくつかの大手企業で明らかとなったデータ捏造の疑惑も、根源は同じなのだろう。
話は変わるが、この爺は退職の最後の10年間、「企業倫理」の科目を担当したことがある。講義の中で、前述のような不祥事の起こる原因を受講する学生と考えたことがある。
「あなたが製造会社に就職したとして、製品に致命的な欠陥が見つかった場合はともかく、欠陥とも正常とも言えない事態に気付いた場合どうしますか?」
といった内容で、あれこれ考え議論した。今から考えれば、あの件も「責任感の拡散」に強く関係する内容に違いなかったと確信する。あの時はこんな気の利いた解釈はできなかったけれど、それでも到達した結論は間違えてはいなかったと確信している。そして最近とみに話題となっているウーマンラッシュアワーの漫才、日本国民の中に蔓延している「責任感の拡散」への強い警鐘なのであろうとも考えている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2017年12月28日

パンダの話題から3

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
パンダの赤ちゃんシャンシャンの話題から、情報操作・印象操作についてあれこれ思案を巡らせている。爺自身の中でも、主張の右往左往していることを自覚しているとはいえ、それでも書かずにはいられない。とりわけ政治向きの事に関して、日米両国首脳がマスコミ報道にやけに神経をとがらせる雰囲気があり、圧力をかけているように感じてならない。
話は変わるが、わが国には平安時代の頃から「落首」という、政権批判の文化があったというから、1000年も昔からである。政治が荒れてくると、庶民が政治の向きを批判する狂歌、川柳を高札としたという。高札は本来、為政者から民衆への周知を目的としたものだったから、正確には「私設高札」とでも示すべきかも知れない。そんな慣習、文化を持った国に有って、
「報道に偏りがある!」
と、取り締まろうとする政権与党には、辟易とする。
というのも、これはこの爺の持論ながら、
「マスコミ報道の使命は、政権に対峙し常に批判することである。」
と信じているからである。つまりこういった批判が、政権にとっての反省材料になるからである。人間が考える以上完璧は無いので、独善的になることを防いでくれる、それがマスコミ報道の批判に違いがないから。
「総理大臣である私が間違うはずがないのです。」
「非戦闘地域は、私が非戦闘地域と判断するからです。」
等々の迷言があるけれど、こういった積み重ねが国を専制国家に進ませることになる。そういった事例を、私達は時の流れとともに経験し、歴史を通じて学んできた筈である。悲しいことながら、昨今のマスコミ報道は、平成の落首・高札とはなっていない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年12月27日

パンダの話題から2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
上野のパンダ「シャンシャン」のテレビ・新聞での扱いを爺なりに考え、マスコミ報道の一般大衆への影響というか、この場合『悪意の無い情報操作』だろうが、を思案している。確かにパンダは赤ちゃんでなくても愛嬌があり、この爺のような年齢でも可愛いく感じるのは事実である。だから和歌山県白浜のアドベンチャーワールドのパンダにだって、もっと大騒ぎがあってしかるべきだろうにと考えるが、それはさておきである。
さきにも述べた様に、「悪意の無い情報操作」であっても、この差なのである。だから意図して印象操作したらどうなるかは、第二次大戦中の「大本営発表」の経験を通じて私達より上の年代は良く知っている。
「あぁそれなのに!」
と嘆くべきであろうか、最近のマスコミ報道は、「善意ではない情報操作」までもが跋扈しているような気がしてならない。例えば大相撲の事、北の将軍様の国の事、などがそうなのだが、その一方でわが国の政権政党は、マスコミ報道に圧力をかけているような気がしてならない。ついでに言うなら、こういった気配はわが国とアメリカ合衆国の両方の指導者に感じる。さらにはトランプ大統領のマスコミ攻撃は、TwitterなどにFakeの四文字が躍っていて目に余る気がする。もしかして報道の方が、今年流行りの言葉ではないが「忖度」しての報道なのかもしれないが、マスコミ報道が政権批判を忘れたのでは、いつの日か政権が暴走する。その一例が「イスラエルの首都はエルサレム」と言い放った米国大統領の、蛮行である。ちなみに政権批判と、印象操作や情報操作とは全く違うものなのに、日米の首脳は、そこをどうも誤解していらっしゃり
「報道の偏りは、情報操作・印象操作だ!」
と、世論からのフィードバックを切り捨てようとしていると、この爺は懸念している。
(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


続きを読む
posted by zen at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年12月26日

パンダの話題から1

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
上野動物園パンダの赤ちゃんシャンシャンが大層な人気である。
テレビや新聞を通しての情報だけに、東京周辺の地域限定の盛り上がりなのか、日本という国を挙げての盛り上がりなのか、判然とはしないものの、天邪鬼の爺としては
「なぜこんなにもマスコミ報道が騒いで、人気を煽る必要があるのか?」
と不思議に思う。29年ぶりの公開という事だから、確かに上野動物園としては快挙には違いあるまい。ただパンダの繁殖という意味では、和歌山県白浜のアドベンチャーワールドは既に13頭もの繁殖に成功しており、本家中国を除いては、世界一の実績を残している。
おりしも和歌山県知事が
「パンダ飼育は、東京だけではありません。和歌山も!」
とコメントしていたけれど、新聞の片隅に申し訳程度の記事が載っただけで、依然として
「パンダといえば、上野動物園!」
のステレオタイプのマスコミ報道である。早い話、和歌山県のパンダはあまり盛り上がらない。だから、
「パンダですらかくのごとき『情報操作』がまかり通るのだから。」
と、穿った見方をしたくなるのは、この爺だけだろうか?
政治向きの話題、北の将軍様の国の事、隣国の中国の情勢、中東の現状、さらには同盟国アメリカ合衆国の有り様、マスコミ報道は政府に忖度して政府の気に入るような内容ののみ報じていないのだろうかと気がかりなのである。
(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年12月25日

人為的ミスが免罪符?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
忙しい社会だけに、もはや旧聞に属するかもしれぬ。
ヘリコプターの窓枠が、校庭に落下してきた事故である。
はねた石で子供が軽傷ながら怪我をしたという話だが、もし直撃してたら命すら奪われかねない事故になったろう。
その後数日間飛行は差し控えていたようながら、結局はヘリコプターの不具合ではなく、
「人為的ミス」
という事で、もはや大きな顔をして飛び回っているようだが、「人為的ミス」が言い訳になるのかと空恐ろしい気がする。
先方の言い分は
「人為的ミスだから、慎重にさえやっていれば事故にはなっていない筈。」
という事なのだろうが、本来なら
「人間はミスを犯すもの。そのミスを防ぐために機械がある筈。」
だから、そういった過誤を補うのが機械。それゆえ、人為的ミスを防げなかった問題のヘリコプターは、危険極まりない装置という事になりはしないか。
その論理をわが国のオヤクニン様や政治家センセイ達は、なぜ先方に投げかけないと思えてしようがない。
日米安全保障条約があって、地位協定があって「飛行差し止めの議論」の難しいことは判っているが、もし今回の窓枠落下が「校庭」なんぞではなく「総理公邸」だったらどうだったろう。
「政府のオヤクニン様も政治家のセンセイ方ももっと真剣に抗議したんじゃないかなぁ?」
と天邪鬼の爺は考えている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年12月24日

年末の風

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポールは、ここ二三週間朝夕がしのぎ易い。
確かに雨も多いけれど、朝夕には上がっていることもおおく、吹く風が心地よい。
夜は窓さえ開けていれば、クーラーのお世話にならなくても済む。
六階に住んでいるとはいえ、蚊の紛れ込んでくることもあるけれど、頻度はあまり高くはない。それに「デンギ熱」対策のためだろう、駆除剤を住宅の周囲一円に散布してくれるので、蚊の対策はまぁ万全なのだろう。
何度か似たようなことを書いてきたが、シンガポールは年中夏だから、自然の「季節感」は希薄である。クリスマスの飾りつけが街にあふれなければ、本音で12月を実感できないだろうと思う。
「不思議だなぁ!」
と考えるのは、温帯育ちの私だけだろうか。とはいえ、今年2017年でここでの年越しは、5回目であり、
「そういえば12月は、いつもこんな風だ!」
とようやく実感できるようになってきたのも事実。
「習うより慣れろか?」
と、年末の朝夕の心地よい風を楽しみたい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2017年12月23日

ジャカルタ出張0泊2日2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日は、確か冬至(Winter solstice)だった。

さてジャカルタ出張顛末の後半である。
スカルノハッタ空港からジャカルタ市内に向かう高速道路は、思いのほか空いていて、意外とすいすいと走れそうである。迎えに来てくれた友人は、
「この調子なら40分もあれば・・・。」
と、気楽な雰囲気となった。1時間15分あるのだから、おつりがくる。
20分ほど走ったろうか
「目的地まで、あと8qだ!」
と友人が自慢げに私に告げ、高速道路を離れ一般道へと降りたところ、いきなりの渋滞。
「さっきまで大雨だったからねぇ。」
と言い訳気味に説明し、運転手にあれこれ指示を出し始めた。
「少し遠回りになっても、混雑していない道を走らせるから。」
とのこと。
午後3時10分 高速道路から一般道へ(残り8q)
午後3時40 分 一般道(残り2km )
残り2kmを聞いて一安信とはいえ、それでも少し走っては停滞の繰り返しである。
そして目的地へ滑り込んだのが、約束の会合時刻にあと一分と、いやはや綱渡りである。
「渋滞が無ければ、一時間ほどの距離なのに。」
と恨み節を聞かされて、私は会議室に走り込んだ。
午後4時からの会議は、それでも順調で
「綱渡りでもやってきたかいがあった!」
と、納得した次第である。
そして会議の終わったのが5時40分頃、別れの挨拶もそこそこに
「今日の渋滞は年末の休暇とも関係しているのだろう。早く空港に戻った方が。」
と送り出され、おおよそ三時間近くをかけ、スカルノハッタ空港に戻った。
帰りの便の出発予定時刻は、午後9時55分だから少なくとも一時間前にチェックインせねばならず、これまた綱渡り。
ただ最悪だったのは、チェックインはできたものの、離陸が二時間近くも遅れてしまったことであろう。搭乗して機内で眠ってしまったところ、目覚めて離陸していないのには、うんざりした。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2017年12月22日

ジャカルタ出張0泊2日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
0泊2日のジャカルタ出張。
さすがに68歳11か月の身には、堪えるとは言わないまでも大いにおもい。それに帰路はスカルノハッタ空港の離陸が一時間も遅れ、ジャカルタで日が替わる寸前であったことも、疲れには効いているに違いない。
そもそもの失敗は、パスポートの失効日を全く忘れていたことが原因で、インドネシアに入国するには、6カ月の残存有効期間が必要なのである。訪問日を約束したのが先週木曜日。そして金曜日に何げなくパスポート取り出してみたら、失効日が2018年5月8日とあるではないか。大慌てで日本大使館に電話をかけ、パスポートの更新をお願いしたら、最短で四日かかるという。早い話17日月曜日に申請しても21日にしか発行してもらえないという事なのである。そもそも19日20日の面談・会合を約束していたから、弾丸出張さえ「覚悟」さえすればかろうじて初期の目的は大丈夫だろうと、面談時刻を21日午後四時からと強制的に変更した。ただ相当な綱渡りを覚悟せねばならないことも事実で、例えば往路の便が遅れでもしたら、行くこと自体無駄になってしまうのである。
という事で昨日一日の行程は
午前8時30分 日本大使館で新しいパスポートの発給
午前10時 チャンギ空港で航空券の再発行(パスポート変更に伴う)
午後1時5分 往路瓶離陸
午後2時 ジャカルタスカルノハッタ空港着陸
ここまでは、とりあえず順調。ただ約束していた迎えの車が、高速道路の渋滞で45分遅れ
午後2時45分 ジャカルタ市内に車で移動開始
迎えに来てくれた友人には
「4時までには到着できるのか?」
と何度も確認した。こんなとき、インドネシア人の属性からだろう
「多分?!」
と極めて楽天的だったのだが、後半はまた明日にでも。 
(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活