2018年01月11日

張り手・かちあげ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
相撲の話題を取り上げるのんはあんまり本意やないけど、今朝のネットサーフィンで見つけた記事、気になったんで。それは、横綱白鵬の張り手やかちあげの記事や。横綱審議会は、張り手やかちあげが横綱の品格に関わる、つまり横綱らしくないちゅうて注意喚起したちゅうんや。一般のファンからも、
「横綱相撲ではない!」
ちゅう投書が、仰山あったちゅうんんや。なんでそこまで言われるんかちゅうて、わいには判らへんななぁ。つまりや張り手しよう思うたら、脇があくからつけ入られる可能性もあるんや。せやから先場所なんか14番同じ立ち方やったんやから、そこを突けへんhp化のお相撲さんの技量の問題やろちゅうんがわいの言い分や。それにやかちあげは古い話題になるけど、横綱北の湖と横綱輪島の対戦は、両横綱ともかちあげ気味に少し右に回って、四つになるちゅう判で押したような展開ばかりやった。相手が勝ちあげて来る時の対応の仕方を研究するんがお相撲さんの努めちゃうんんかなぁ。つまりや張り手やかちあげは、やる方にいつも有利になるとは限らへん、落とし穴もあ有るんやから一方的に否定するんは間違ってるで。ついでに言うとや、引退した横綱の朝青龍や日馬富士は、立ち合いの速さが売りやった。これも相手に十分に組まさんと取るんやから、いうなら横綱らしない無いちゅうことになるんか。突っ張りちゅうたら古くは千代の山や寺尾がようやったけど、相手に組まさへんのやから、やっぱり相撲にならへんちゅうんか?
わいが横綱白鵬を応援したいんは、そいでも
「なかなか身に付いたのを簡単には替えられないが努力する!」
ちゅうてて、ほんまにえらい横綱やと思えるからや。
お相撲の話より大事なことが一杯ある御時勢やから、これくらいにしとくけど、ほんまにようわからん話やなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張