2018年02月08日

地震・台風

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
台湾で地震があったというニュース。
マグニチュード6とかで、決して大規模とは言えないまでも、台湾の場合直下型が多い様で、大惨事となることが多い。はたして一昨日の地震では、ホテルが倒壊というではないか。そして衝撃的なのは、地震の発生する20分ほど前まで、そのホテルにいたという日本人が応じていたこと。問題のホテルが倒壊しているのだから、運が良いというべきだろう。さらに日が経てば、もう少し被害の状況がはっきりしてくるのだろう。
話は変わるが、この地震の話題から
「災害の中で、被害者救出という点で、一番厄介なのはなんだろう?」
という議論になった。神戸の震災や東北の震災を経験している私は当然のように、
「それは地震だ。日本には怖いものの例えに、地震、雷、火事、親父という古言い伝えもあるくらいだから。」
と答えると、友人は
「地震は継続時間が短時間だろう。被害は大きいかもしれないが、おさまれば空からの救出も可能だろう。ただ台風の場合は暴風が長く続くし、その間に雨もどんどん降って被害が増える。強風があるからそれからの救出は不可能に近い。だから一番厄介なのは台風だ!」
と主張してきた。
考えてみれば、温帯に住んでいる我々の場合、確かに迷走台風もあるけれど、大体の場合数時間で通り過ぎるのが普通。ただ熱帯、亜熱帯の場合、迷走台風が普通で、二日、三日続くことが多いというのである。だから暴風の中の空からの救出はまず無理だし,台風がおさまってからという事になるだろうから、救出活動の一番困難なのは、彼等にとっては台風という事になるらしいのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般