2018年03月30日

W君の来星

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日はGood Friday シンガポールでは祝日である。
明後日・日曜日のキリスト復活の日に先立つ受難日、シンガポールではNational Holidayなのである。多文化国家のシンガポールだから、キリスト教信者のための祝日も、国を挙げての祝日となっている。そして金・土・日の三連休、ちょっとした「春休み」になっている。

さて今日の話題は、来星された友人W君の話である。
この爺が、アレキサンドリアに赴任していた2010年〜2012年、現地で一緒になった若い研究者である。赴任の開始は確か一緒で、W君は即座に住処を決めたので、最初の一週間ほどは居候させてもらった。そしてあの時はちょっとした合宿気分で、二人であれこれ夕食のための料理を楽しんだ。その一週間の間に私は二年間の住処を決め写っていくことになったのだが、その後も親交は続いた。何か馬が合ったといったところであったろうか。
爺は継続しての2年間の赴任であったが、W君の場合前期学期の講義担当であった筈で、半年間の滞在が二回であったと記憶している。それゆえ二度目の滞在の時は私の住処の近くにW君の住処を探すのに骨を折らせて頂いたし、何度も我が家に来られて夕食をご一緒した。
そのW君、文頭にも述べた様に来星されたというので、旧交を温めさせていただいたのが昨晩の事、夕食中に伺えば、5日間の学会に出ずっぱりで街中の散策は全くしていないうえ、翌朝には午前6時の便で帰国されるというではないか。
「そんなことなら、おのぼりさんの定番マーライオン公園に案内しよう!」
と中華街から足を延ばした次第である。たださすがにあの辺りは湿気も高く蒸し暑かったが、まぁこれもシンガポールの良い思い出の一つにはなったと期待している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活