2018年05月01日

メイデー

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
皐月朔日
シンガポールは「レイバーディ」という国民の祭日。
日本では、西洋文化の影響もあってかなメイデーと呼ばれているけれど、祭日でも何でもない、ただ労働組合が主催して各地で集会とデモ行進。この爺が名古屋大学に就職したのが1979年の4月1日付で、一か月後にはメイデーの集会があった。1989 年夏に大阪大学に移動するまで、職場のメイデー集会には必ず参加していたとの記憶がある。名古屋大学に就職とはいっても、研究所はメインのキャンパスから50qほど東の三河豊川市にあり、職員総勢70名前後の小さな組織だっただけに、集会自体の気勢はあまり上がる筈もなかった。本来ならメインキャンパスの集会に駆けつけるべきなのだろうが、何せ遠い。それに
教員はともかく、日常の観測が業務だけに、集会を終えれば午後から職場に復帰してという技官の人が多かっただけに、名古屋キャンパスへの参加は難しかったのだろう。三河地区には豊橋市があり、この街は新幹線の駅もあったくらいだから、メイデーの集会もあった筈で、仲間の何人かは「名古屋大学空電研究所支部職員組合」と染め抜かれた赤い旗をもって参加していたこともあったようだ。何せ私が職を得て以降、この爺の在職中に新しく入ってきた教員、入ってきたと言っても正式には学生から博士課程を終えて教員になった者は一二名であったから、この爺はいつまでたっても最年少グループの一人で、あの頃から少子高齢化社会へ移行していくという予兆はあったのである。そんなだから就職5・6年頃からは、盛んに支部委員長の命を仰せつかることとなって、学長交渉には名古屋大学のメインキャンパスまで出かけたことが今でも記憶に残っている。
メイデーの想い出から話が変な膨らみ方をしてしまったようだ。ちなみにこのシンガポールでは、メイデーの集会はあるのかしらん?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題