2018年05月03日

熱帯の夏

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本は黄金週間ながら、この地シンガポールではそうではない。
確かに、5月1日レイバーデーという国民の祝日はあるものの、他は平常勤務。週が始まってすぐの火曜日に一日の休みがあったおかげで、却って疲れる。それに最近何度も書いている様に、この地の真夏が始まっているから、この爺のような老人にはきつい。
昨日の昼、仲間と近くのホーカーセンターに出かけたおりの日射しのきつさ、半端じゃない。いつものように自動車に乗っけて貰って出かけたら、降りた途端の日射しに仲間が
「これは暑い!」
と音を上げていた。そして午後3時、4時頃には何やら薄暗くなり、あちこちから雷鳴が聞こえていた。
このような気象状況を経験するにつけ、唐突ながら太平洋戦争開戦時この地に進軍して来た兵隊さん達の苦労をついつい思う。かくいう私の伯父もお隣のビルマにやって来て、名誉の戦士をしたのだが、おそらく大変な苦労をしたに違いない。食料のこと、マラリアのこと。とりわけビルマはインパール作戦と称して食料補給の手段が整わぬ形の進軍で、はなから囮作戦だったと聞く。つまり戦死することを前提に徴兵されたわけで、ゼロ戦に乗っていないだけで、「神風特攻」に同じだったのである。大本営は作戦を立て、勝ち戦と宣伝するだけで幹部には身の危険はなく、ほんまにいい加減なものだと腹立たしくなるばかりなのである。そして敗戦が決まると、幹部の身を守るため、証拠の公文書を焼却したと聞く。兵隊さんに苦労を強いて、えらいさんたちはのうのうとと来れば、何やら今の国会のゴタゴタを彷彿とするのは、この爺だけではあるまい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活