2018年05月04日

改憲?護憲?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日は憲法記念日。改憲だ護憲だとかまびすしい。この爺自身、本音では戦争放棄に賛同しているので、護憲派になるのだろうが、一方ではいつまでも合衆国の太鼓持ちというのもと面白くはなく、
「専守防衛という規則の下で、自衛隊をより確かなものにするときかもしれない!」と考える気持ちもある。それにもはや高齢者で、この国の行く末にはあまり責任を持てない立場故、あれこれ強く主張するのは差し控えている。
ただ改憲にせよ護憲にせよ、その議論の前に多くの国民が合意できる国のグランドデザイン無しでとはいかがなものかと気にかかる。今の総理何ぞ、
「現在の憲法は、進駐軍のおしつけ!」

程度の理解しか持ち合わせておらず
「だからみっともない憲法で、変えなければならない。」
とわけのわからない使命感ばかりが先行している様だ。そのくせ歴史観は甚だお粗末で、南京事件はなかった、慰安婦問題はなかったと歴史修正主義者、さらには自己矛盾に陥ると、歴史や憲法の議論は学者に任せるとおっしゃる。そもそもきちんとした歴史観も持たずよく総理が務まるものだとの批判もあるけれど、そんな批判は馬耳東風と
「総理大臣だから間違うことが無い!」
とまるで専制主義者然とした振る舞いで、だから改憲は彼には任せたくはない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題