2018年05月25日

仔犬の病気3

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
爺は、受け付けの女性に毅然として話す。
「ちょっと待ってください。1時間で最後の検査が終わるからという話だった筈です。それを30 分以上も長く待たせておいて、顔も出さずに結果は後で電話するからとはどういう意味ですか。私は仔犬の事が心配で、精密検査をして頂いたんですよ。その結果も十分教えて頂いていませんし、退院に当たっては担当医から直接総括して頂かないと!」
に対し
「先生はお忙しいので、あと電話で報告をさせていただくと言っています。」
と機械的な返答である。
「あなた私の申し上げていること理解していますか。入院させての精密検査、その総括だって聞かせてもらってないのですよ。だのに退院して良いと言われても、担当医にはあれこれ質問もあるんです。今すぐ担当医を呼んでください!」
と、爺も譲る気はさらさらない。私の剣幕に驚いたのか、受付嬢は急ぎ電話をして
「担当医のNg女医は、すぐに下りてまいります。」
と仰る。それでも担当医の現れるまでには、結構時間がかかった。
何匹かの入院動物を担当していて忙しいのだろうが、笑顔で近づいて来て
「最後の検査までに15分程度かかりますから、お帰りになってください。結果は電話で・・。」
「ちょっと待てくださいよ、入院してまでの精密検査の結果や、自宅でどう対応すればいいのか教えて頂かないと!」
と迫る私に、
「何度かにわたって説明申し上げた通りです。」
と全く頓珍漢。
「5時過ぎに、最後の検査をするから、あと一時間と仰ったじゃぁないですか。最後の検査結果で総合判断するのでしょう。もしその結果が悪ければ、また連れて来いという事ですか?ともかく最終判断を聞かないと、連れて帰ることはできませんよ。」
「血液を採るのが遅くなりまして、・・・。」
「という事は、あの時すぐには最後の採血されなかったのですね?まぁそれはもう仕方がないので、最後の検査結果を待って総合判断を聞かせてください。あと何分ですが?」
「15分くらいかなぁ?」
といったやり取りがあって、やがて結果が出れば
「肝機能もホルモン分泌も異常がありません。若干栄養不足かも知れませんので、エネルギー計算した資料をお渡ししますから、毎日300Kcalの餌を上げてください。抗生物質はあと1週間は続けてください。今回の低血糖と貧血気味なのは、何かに感染していたかもしれませんので。ともかく重篤な状態ではありませんから。」
と、最終判断。まずは一安心して無事退院の運びとなった。
まぁこの爺もバカではないので、検査結果は電話で知らせるからと言われた時点で、重篤でないだろうことは想像していた。ただ連れてくることとなったその後は、あの検査この検査と、何やらぼったくりの感がしてならない。これまた大いなる不信感を抱きながら、精算手続きを進めていた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白