2018年05月26日

メロン二玉320万円也

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
九州南部が梅雨入りだそうな。
去年より11日も早く、平年に比べて5日早いという。
まぁこの程度のばらつきは、想定内だろうから取り立てて言うほどのことも無かろう。
ただ何度かこのブログに書いているように、ああいった季節の移ろいが、シンガポールにいるとうらやましくなる。確かにここでも、年中夏とはいえ微妙に違いがあるとはいえ、日本ほども際立っているわけではないものなぁ。
そんな季節感をうらやましく思ってネット新聞を読んでいると
「夕張初競り、二玉320万円。過去最高値!」
という記事に出くわした。さすが日本というべきか?
というのも昨日、職場の同僚と
「善さん、マンゴー5個で2ドル。いつも昼食に行くモールのスーパーで安売りしてる。一昨日も皆で一箱買った。とても美味かった。」
といったやり取りをしたから。
「5個2ドルなら、昼飯代わりにしてもいい!なんといっても安い!」
なんぞと、真顔で言う。確かにシンガポールの人達は、しまり屋さんが多いのは事実。だから一玉160万円のメロンというと、仰天されるだろう。仰天どころか、無駄使いと一顧だにされないかも。少しは美味かもしれないが、夕張メロンは夕張メロン。安売り〈あればの話だが〉のでも十分美味しい筈。だからきっと超がいくつも無駄遣いと彼らは理解するだろうと思う。
まぁこの爺も、一玉160万円のメロンは食べたいとは思わない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題