2018年06月30日

UOB銀行のカウンターで

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
水無月晦日
昨日銀行に出かけた。
普通ならネットバンキングや、ATMで済ませるので、カウンターの世話になることなどめったにないのだが、残額証明やパスポートが新しくなったこと等、行く必要に迫られた。ただここシンガポールでも日本と同じように、カウンターの手続きは時間がかかる。当然のことのように週末という事もあってだろう、長蛇の列である。それでも30分ほど待ってようやく順番が回ってきた。
カウンターはL字型に6席、そして不思議なことに私の両隣は日本人。右側の男性は口座の解約だそうで、
「転勤で帰国が決まりまして!」
と仰る。2年間の滞在だったそうで、見たところ50歳過ぎから60歳手前といったところだろか。2年間単身赴任だったとも仰っていた。帰任地は名古屋という事だった。
さて左の男性、手続きを待っている間いきなり電話をかけ出した。
余談ながら、シンガポールでは、手続きの間中担当の窓口の前に立って待つのが習慣で、日本のように
「席でお待ちください。」
なんぞと言われることはあまりない。
さて左隣の男性の電話、聴く気が無くても耳に入って来る。
「あの物件、うちが抑えておいて、上手くいきそうだったら、A社に高く売りつけたらどうかな。そう五年後の価格で・・。ただまだ現金が振り込まれてこないんだ。」
なんぞと景気の良い話をなさっている。そして最後には
「ところでニューヨークには来ないの。私は来週はニューヨークだよ!」
と言って電話を切られていた。最後にA4サイズの封筒から、無造作に札束を出して預金されていた。どんな職業なのかちょっぴり気になったが、景気の良いのは間違いなさそう。
まぁ!うらやましい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年06月29日

10年前の今日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
雷に魅せられてが,化学出版から上梓されて明日で40日。
果たして売れているのやら,いないのやら。
気がかりはさておき,たまには拙著雷に魅せられてについて。
実は口絵の多くは,音羽電機工業のご厚意で使わせて貰っている。
同社が毎年開催しておられる雷写真コンテストの秀作を
拝借というのが正確なところ。
このブログの常連さんで,拙著雷に魅せられてをご購入の方は
口絵@雷雲の電気の通り道ご覧戴きたい。
副題に「針立雷(はりたていかづち)」とあり,
見事さに見入られた方も少なくなかろうと思いたい。
そして注意深いお方なら,左中程岸壁に自動車があり,電柱があり
その右側に岩壁から2〜3ミリ細く光っているのが気付かれよう。
これが拙著雷に魅せられての29,30頁の内容に相当する。
近くに落雷があったというのに,幸運にも雷撃を受けなかったけれど,
手足にしびれが残ったというあれである。
つまり,雷雲の電気の通り道は,写真の上まで延びる2本であり,
2〜3ミリの部分は,通り道の候補者だったけれど,
雷様が他を選んだから,結果繋がらなかったのであろうと判断。
それでもあれだけ光っているのだから,結構な電流の筈である。
だから誰か人間がこういった事に遭遇すると,手足にしびれが残る。
だっていかづちの本流でなかったから,
何万アンペアという電流が流れないだけで,
ひょっとしたら1000アンペア程度は流れるだろうからである。
教訓
雷雲下で立っていると,運が悪ければ直撃を受けるし,
たとえ受けなくても,近くに落雷があれば
いくらかの電流が流れて手足にしびれが残るのである。
くわばら,くわばら・・・。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年06月28日

雷から身を守るには

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
Staying safe from lightning
Most people killed by lightning are outside. Most of them would have not been struck by lightning if they had gone indoors at the first sign of possible lightning. Remember this saying: "When thunder roars, go indoors." This is the most important rule to obey to avoid death or injury from lightning.
ちょっと気取って英文で「雷から身を守るには?」
早い話し、雷鳴を聞いたら家の中にという、基本中の基本である。ただし、このシンガポールで、確実にこの忠告に従えるだろうか?日常生活の意味では、はなはだ現実離れした忠告である。だから、つまるところはグランドや山野等の開けた空間で競技したり興じているときには、絶対守らなくてはならない忠告と考えるべきなのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2018年06月27日

何でも民営化??

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
富山で警察官が殺害され拳銃が奪われるという事件が起こった。
今日の話題はこのことと関連して「安全と飲み水」、我が国ではほとんだタダ同然と、長く理解されてきた。まぁ水はペットボトルが売り出され、ただというよりワンコインになってはいるものの、それでも蛇口を捻れば飲料可能な水が出て来る。とはいえ、水道が民間にゆだねられる法案が出来、一般大衆のこの爺には大いに心配である。
2000年なって、郵政が民営化されたし、今回は水道が自由化とやらで、ますます生殺与奪権が、第三者に握られる形となってきている。この流れは例の
「官営は効率が悪い!」
の錦の御旗の元、数多くの「官営」が「民営」となり、国の在り方がおかしくなっているような気がする。その一例が、浪花の街で導入されて公立学校校長の民間人採用。
「教職は聖職」
とまで主張する気はないけれど、教えた経験のない方が真の意味の学校運営をできるとは考えられない。
以前にも書いたと思うけれど、教育は未来への投資、だから20年後30年後を見てみないと、費用対効果の判るわけがない。ご常連様に考えていただきたい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年06月26日

サッカーワールド杯

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ロシアで開催中のサッカー・ワールドカップ、わが国日本オ代表は戦前の予想を覆して大健闘。予選を通過して勝ち抜き戦に進みそうな勢いである。というのも予選のH組には、コロンビア、セネガル、ポーランドの格上チームが一緒で、ある解説者なんぞ
「多分全敗!」
と酷評していたほど。それに二か月前になっての監督解任で、国内も全く盛り上がっていなかったそうだ。
ところが、勝てば官軍。コロンビア戦の勝利で、風邪向きがすっかり変わってしまい、と言っても良い方になのだが、テレビの視聴率も高いし、スポーツカフェも盛り上がり、セネガル戦引き分けの後は、渋谷駅前見知らぬ同士がハグハグ、狂喜乱舞だったそうである。この爺自身、サッカーより野球狂ゆえ、本来も今も、入れ込んでのテレビ観戦はしたことは無い。まぁそれでも、ここまで来たからには、決勝トーナメントの16強には入って欲しいなぁの気持ちは強い。明日のポーランド戦、引き分けでトーナメント戦入りとなる。寝不足にならぬ程度に、応援しよう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年06月25日

沖縄慰霊の日2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
明け方5時頃から凄い雷雨。
今午前8時頃で、しとしと雨。まぁ日本の梅雨に似た降り方である。
あと一時間くらいで上がってくれないと、職場に行くのが億劫になるなぁ。ただ明日の予定を考えると、今日はどうしても行っておきたい。というのも明日午前は自宅付近で会合があり、午後も同じく別の会合があるから。
さて一昨日の沖縄慰霊の日。
改めてニュースを見たけれど、翁長知事抗がん剤を投与しながら、知事を務めていらっしゃるそうで、げっそりと痩せてしまっての挨拶、鬼気迫るものがある。それだけに
「辺野古埋め立てを止めさせたい!」
という信念は応援したい。
この爺とて、丸腰に近い状態で、つまり全くの防衛手段なしで国家の安全保障が担保できるとは思わないけれど、だからと言って
「なぜ米国海兵隊や米国空軍?」
の疑問がぬぐえない。つまり
「日米安全保障条約を堅持していかねば、本当にわが国の平和は担保できないのか?」
という疑問。政治家のセンセイ方には、一度真剣に考えてみてくれませんかねぇ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年06月24日

沖縄慰霊の日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日6月23日は、沖縄慰霊の日。
第二次大戦では、県民の4分の1が命を落としたと聞く。
10年ほど前にこの爺も一度参加したとの記憶がある。
今移設が問題になっている普天間基地、我が国本土を爆撃するための基地として建設された筈。戦後70年以上も据え置かれ、移設合意の条件は辺野古基地というから、県民感情逆なでである。ただ人間なんてまず生きねばと考えるから、経済振興の観点で、やむなく同意する方々もいる。残念ながらそういう方々を責めることはできない。そう、責められるべきは、経済効果を「餌」に弱い一般大衆を味方に引き寄せる政権なのだろう。
慰霊の日の挨拶で、翁長さんは
「辺野古移設の反対」
と挨拶、大病を押しての挨拶で、本当に痛々しかった。
一方のんきな総理は
「沖縄の振興に先頭に立って貢献」
と、先に述べた人間の弱いところをつく挨拶。いやはや政治家でんなぁ!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年06月23日

地震の予知は?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
せっかくの土曜日やのに、朝から雨や。
おまけに日本の梅雨みたいな空模様やで。いうならしとしと雨中わけや、
確かにこの国は毎日のように雨降るけど、ざっと降ってからっと上がるんが普通やのに。
この調子やったら夕方まで、身動きならんなぁ。
ほんまのとこ午後からコインランドリーに行こう思うとったんやけど、まぁ今日は諦めよ。
こっちの雨はまぁええとして、大阪界隈どうなってんやろうなぁ。高槻から枚方にかけて地震でだいぶやられてるやろし、その後の雨やよって被災した人ほんまに大変やろなぁ。弱り目に祟り目ちゅうのんはこんなことやろ。そいでもあの界隈に住んでる知り合いから、
「ガスが復旧して、ようやく風呂に入れる!」
ちゅうメッセージも入って来たし、水道も大丈夫みたいやし、東日本大震災の時に比べたら、復興もはやそうやで。まぁ地震の規模がまるっきりちゃうもんなぁ。
いじれにしてもや、あの程度の地震は日本中どこでもいつでも起こり得るちゅうこっちゃよって、それが直下ちゃうことを祈らなしゃぁないなぁ。つまるところ、地震の対策は今のところ、神頼みしかないことになるんかもしれん。
一時地震の前兆で、電場が変わるとか電波が出るとかいう予知方法が、ちょっとだけ話題さらったことあったけど、今はすっかり下火なんやろうかなぁ?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2018年06月22日

夏至

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日、夏至やったんや。
ほんまにすっかり忘れとったなぁ。
これが日本やったら、新聞でもテレビでも、何やかんやと報道あるもんなぁ。
ほんまのとこ日曜頃までは意識しとったんやけど、週前半は忙しかったもんで、すっかり飛んでしまっとった。ほんで今朝になって思い出した。それにここシンガポールやったら、あんまし日の長さ変わらんもんで、よけい意識が薄くなるっちゅうもんや。
夏至ちゅうたら、スウェーデンの夏至の祭りが思い出されるなぁ。
もう30年以上も昔のこっちゃけど、あの頃ウプサラ大学に一年間呼んでくれたスベンさんが
「夏至の祭りだから、ピクニックに行こう!」
と誘ってくれはった。
行った先はや、もう名前忘れてしもうたけど昔の王さんの古墳の近くにポール立てられてて、そのポールの周りに町の人が仰山集まって、めいめい勝手気ままにお弁当食べたんや。ほんで昼ご飯終わったら何重もの輪ぁがポールの周りにできて、いうならフォークダンス、日本の盆踊りやなぁ。あの頃はウプサラについて一月半やったよって、まだまだスウェーデンちゅう国にも慣れてへんし、記憶に残らんうちに夏至の祭りが終わってしもうたような気いがするなぁ。
ほんまに不思議なんやけど、あの年のこと6月後半から7月一杯の記憶があんましないんや。わけわからんうちに8月の中頃になって、そっから先は週末以外は気象研究所に出かけて行っとったんで、毎日が同じような勤務内容やった割に思い出が濃いんや。
考えてみたら8月に初氷見たし、9月になったら日本の冬みたいに寒い日もあったし、10月には雪も降ったかなぁ。せやけどウプサラでは、根雪にはならへんね。それに晴れの日は風強くて体感気温低いわりに、雪の日はあんまり風も強うのうて、寒いことは寒いけどその割には寒さ感じへんね。そんな経験したからやろうか、細かい日にちはともかく、ウプサラにおった後半のことはよう覚えてる気ぃするなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年06月21日

大地震のまえぶれ??

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今回の大阪の地震、専門家のコメントでは
「南海トラフ大地震の前触れというわけではない!」
らしい。一方同じく専門家のコメントでは
「この規模の地震は、地震大国日本ではいつでも、そしてどこでも起こり得る。」
そうだ。
早い話、地震の発生は確率過程というのが地震の専門家の理解で、私は科学者の端くれとして何やら合点のいかないながら、かといって確固たる議論をするための根拠は、今のところない。
が思い出すのは、兵庫淡路の大震災。
発生は1995年1月17日。ただその前年の秋、能勢で群発地震が続いた。だから地震の専門家に
「関西で大地震の起こる前触れじゃないですか?」
と尋ねたところ、
「関西での大地震発生確率は、低いですよ。前触れでも何でもないです。」
と聞かされた。
その後その方と会う機会は全くないので、確かめるすべはないけれど今でも
「能勢の群発地震が、阪神淡路の大地震をトリガしたのでは?」
と個人的には疑っている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般