2018年06月09日

迫る米朝会談

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
北の将軍様と西洋花札大統領の会談、米朝会談が迫ってきた。
紆余曲折があったとはいえ、予定通り6月12日にこのシンガポールでの開催に向けて、世界は廻りだしたようである。花札大統領が就任して一年間は、子供の喧嘩にも似た罵り合いをしていたというのに、さぞや水面下で両国の官僚さん達が一生懸命根回ししていたのだろう。
そんな話を昨日職場のシンガポール人の同僚と話をしたら、
「この会談のために最低50万ドル、最高100万ドルをシンガポールが出すんですよ。我々の税金からだから、会談は全く歓迎したくない!」
とえらく手厳しい。ただ報道によれば、経済効果がその何倍もと報じられているので、決して税金の拠出だけがあるだけではなかろうと考えるのだが。そんな事を、言うか言うまいかと考えていたら
「だいたい今度の会談が上手くいって得をするのは、韓国と日本だろう。北朝鮮の核兵器やミサイルが無くなるのだから、得をする日本が出せばいいのだ!」
と続けてきた。そんな友人の発言を聞いて
「だから花札大統領が、合意が出来たら韓国と日本が経済支援するのだ!」
と強気なのかと、妙な納得。
いずれにしても極東の平和が担保されると、世界の一般大衆は理解しているのだろう。
北の将軍様が核兵器を放棄したとしても、
「中国やロシアは依然として持っているのではないのか。それでも極東の平和が担保されるというのか?短絡的やなぁ!」
とちょっぴり皮肉ってみたかった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活