2018年06月12日

米朝会談の結論は?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
衝撃の「米朝会談開催」発表から4ヶ月(?)、紆余曲折を経たものの今日セントーサ島のカプリホテルで、西洋花札大統領と北の将軍様の会談が行われている。(現在シンガポール時刻正午)そろそろランチタイムミーティングだろうか?
それにしても、先日も書いたように、報道関係のコメンテータホンマに質が低いなぁ。百歩譲って、言えないこともあるから言わないだけと考えたとしても、勉強不足を感じさせる「権威者」ばかり。よくよく考えれば、マスコミ報道こぞって西洋花札大統領の当選を予想だにしなかったのだから、それから二年でレベルが急に上がるわけがないだおう。かくいうこの爺も、合衆国の良識、常識を信じて疑わなかったから偉そうなことは言えないけれど、爺なりに学習しているつもり。例えば西洋花札大統領の場合は
「百人に支持されなくても、残りの百人に熱狂的な支持を得れば勝てる。」
の戦略でまんまと大統領の席を手に入れた。そして就任後、あれこれ問題を抱えながら、熱狂的百人の心を未だにつかんでいる。これをして合衆国の方々の民度を低いと言わば言え、思わば思えといったところであろうが、まさに民主主義の弱点を巧みに突いた戦力である。そして熱狂的百人は今回の米朝会談の成果で、ノーベル平和賞をと意気込んでさえいる。
こんな具合だから共同宣言には、朝鮮戦争の終結合意や、在韓米軍の削減、北朝鮮の核破棄等々、盛り込まれるに違いない。(というのは爺の予想)はてさていかがなるだろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題