2018年06月30日

UOB銀行のカウンターで

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
水無月晦日
昨日銀行に出かけた。
普通ならネットバンキングや、ATMで済ませるので、カウンターの世話になることなどめったにないのだが、残額証明やパスポートが新しくなったこと等、行く必要に迫られた。ただここシンガポールでも日本と同じように、カウンターの手続きは時間がかかる。当然のことのように週末という事もあってだろう、長蛇の列である。それでも30分ほど待ってようやく順番が回ってきた。
カウンターはL字型に6席、そして不思議なことに私の両隣は日本人。右側の男性は口座の解約だそうで、
「転勤で帰国が決まりまして!」
と仰る。2年間の滞在だったそうで、見たところ50歳過ぎから60歳手前といったところだろか。2年間単身赴任だったとも仰っていた。帰任地は名古屋という事だった。
さて左の男性、手続きを待っている間いきなり電話をかけ出した。
余談ながら、シンガポールでは、手続きの間中担当の窓口の前に立って待つのが習慣で、日本のように
「席でお待ちください。」
なんぞと言われることはあまりない。
さて左隣の男性の電話、聴く気が無くても耳に入って来る。
「あの物件、うちが抑えておいて、上手くいきそうだったら、A社に高く売りつけたらどうかな。そう五年後の価格で・・。ただまだ現金が振り込まれてこないんだ。」
なんぞと景気の良い話をなさっている。そして最後には
「ところでニューヨークには来ないの。私は来週はニューヨークだよ!」
と言って電話を切られていた。最後にA4サイズの封筒から、無造作に札束を出して預金されていた。どんな職業なのかちょっぴり気になったが、景気の良いのは間違いなさそう。
まぁ!うらやましい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活