2018年07月31日

10年前の今日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日印僑の話を書いた。世界の頭脳と呼ばれる印僑の話である。
多くの子供たちが,小学生時代に算数嫌いのきっかけとなってしまうといわれる九九。我々なら,一桁かける一桁を暗記させられる九九なのだが,インド人の九九は,二桁かける二桁までという話をよく聞く。そんな内容であったと記憶している。
http://zenk.sblo.jp/article/17385483.html
さて,いっちょう噛みの小生である。風聞が真実かどうかと気になりだし,確かめずにはいられなくなってきた。考えて見れば,都合の良いことに,吹田キャンパスにはインドからの留学生が沢山いるではないか。そこで早速活動開始。活動といっても,闇雲というわけにはいかぬ。夕食時にでも偶然を装って近くに席を取り,仲良くなって確かめるのも一案であろう。そう思案して学生食堂に出かけた。
学生食堂に入れば,神の思し召しというべきか,天の配剤というべきか,見覚えがあるインド人と思しき学生が食事をしている。それも二人いるではないか。鴨がネギを背負ってやって来たようなものである。いや,やって来たのは小生だから,鴨がネギを背負って待っていたというべきか。ともかく千載一遇のチャンスには違いない。迷うことなく同じテーブルに席を取り,耳をそばだてながら機会を窺う。二人は耳慣れぬ言葉で話し合っており,おいそれとは口を挟めない。そのうち二人の皿には,ほとんどなくなり,そのまま待っていたのでは,食べ終わって立ち去りかねない。ふと見ると味噌汁が手付かずではないか。そうだ話題はこれと,
「Excuse me, but(お食事中すんまへん。)日本の味噌汁は嫌いかいな?」
「いいえ,大好きです。」
「だって,全然食ってへんやないか?」
「熱くて食べることができないので,冷ましています。」
「そうかいな。いや全然手つかずやから,ワイら日本人の味の味噌汁,好かんのか思うて!それはそうと,しばらく話してええかな?」
「先生とは,ここで何回も話していますし,いいですよ。ラジオ番組にも出させてもらいましたよ!」
「そうやな,あの時のインドからの学生さんやな!」
「船舶海洋の博士課程です。」
「そうそう,船舶海洋やった。あんな,インド人は二桁かける二桁の九九覚えてる聞いたもんで,ほんまかいな思うてな?」
「いいですよ!」
といった次第で,確かめてみたのだが・・。
二人だけの検証だから統計的意味は??ではあるとはいえ,一応示しておく。50かける50以下なら即座に答えが返ってきた。ただしそれ以上の九九は,一瞬絶句,そして苦笑いが多かった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2018年07月30日

西に進んだ台風12号

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
台風12号、九州を北から南に縦断し、現在は種子島屋久島界隈、東シナ海あたりだろうか。
結局この台風これからも西に進路をとり、これから中国大陸へと向かうらしい。いずれにしても記憶に残る台風になりそうだ。
ただ新聞やテレビ報道で見る限り、この台風による被害は思いの外少なかったようである。三重県に上陸するまでは、静岡県など太平洋沿岸部は、高潮・高浪の被害もあったと聞くが、通常上陸すれば台風の勢力は落ちるもの。だから中国地方や九州地方に到達したころには弱まっていて、通常の進路なら、まず大打撃を受けるべきところであったろうから、先日来の西日本豪雨被災地にとっては、不幸中の幸いということになろうか。いやはやお天道様も粋な計らいである。
とはいえ、まだまだ台風も発生するだろうし、チベットの高気圧が一体いつまで居座るのかも分からないけれど、今後も台風の発生個所によっては、またまた西進台風が生まれるやも知れず、油断は出来ない。記録的な台風も記憶に残る台風も、本音でもう沢山と言いたいものである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年07月29日

アリスの友犬

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
台風12号、1951年以降わが国に上陸した197個の台風で初めて東から西に進むちゅうらしいけど、この爺の記憶に間違いなかったら、上陸こそせぇへんかったけど、紀州の沖を東から西に進んだ後で九州やったかなぁに上陸した台風あったなぁ。二三年前のこっちゃで。どっちにしても台風12号の動きの変わっていることは間違いないけど、被害はあんまり大きないことを祈ってるわ。
ほんで今日の本題は、愛犬のアリスの事や。
内気、内弁慶ちゅうのは一週間ほど前にも書いた。
ご近所にクリスピー注犬が3週間ばかりやってきていることも書いたはずや。ほんでアリスはその初対面で縮み上がってしもうたことも書いた。なんせ尻尾もおなかに巻き込んで、先っぽがへそに付く程やった。ところがえらいもんやで、二回三回と連れて行くうちにすっかり慣れてしもうた。なんせクリスピーはもう10歳の言うなら老犬や。アリスが近づいて行っても、上飛び越しても怒りもせえへん。怒るんは餌にちょっかいかけたときと、お気に入りのおもちゃで一人遊びしているのにそのおもちゃをアリスが取りに行く時だけや。さすがにその時は迫力のある吠え方や。めったに吠えへんだけに、ほんまに迫力あるでぇ。アリスはそいでも一瞬身ぃ引くだけで、すっかりいいお友達のつもりやから、ほんまにいい気なもんや。そのクリスピー、今日で飼い主のところに戻るらしい。ちゅうわけで今日はおなごり惜しんで遊んでもろうとる。おかげで、散歩も曲りなりにできるようになった。クリスピーと一緒でなくても、大体できるようになったもんなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2018年07月28日

台風12号

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今本州に近づいてる台風12号。
発生したときから気にはなっとったが、予想進路やったら近畿からはるか離れてる筈やった。ところがや、ここ数日ちょっとずつ予想される進路が西に偏ってきて、昨日か一昨日あたりから、
「関東に上陸して、西に進む!」
「東海地方に上陸して、西に進む!」
それが今日やと
「東海か近畿に上陸して、西に進む!」
ちゅうように変わってしもうた。
今朝の新聞やと、伊勢湾から紀伊半島横切るような予想進路でとるなぁ。
それにしてもけったいな進み方や。太平洋高気圧やチベット高気圧の張り出しが強いからちゅう理解やろけど、1951年以降日本以上陸した197個の台風で、東から西に進むんは初めてらしい。
まるで高速道路を逆走する車やで!
あんまり使いとうはないけど、やっぱり異常なんやできっと。
ほんでやこんな進行の仕方したら、関連して起こる風やら雨やら、今まで蓄積してきた知識に必ずしもおんなじとは限らへんし、大きい被害がでぇへんと良いけどなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年07月27日

トヨタ中国で200万台生産!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インターネット新聞で見た記事。
「トヨタ中国本土で200万台生産!」
とある。
確かに会社としてはますます稼げるのだろうが、それにしても大企業というのは懲りないもんだ。
つまり生産拠点を国外に移せば、国内の産業は空洞化しがちとなって、体力がついつい落ちてしまうのが常。トヨタはそうならないという自信や自負はあるのだろうが、そんな自信や自負は意味のないことが、歴史が証明していると、この爺は考えている。早い話し、自国の産業空洞化で合衆国そしてわが国の被っている損失、とんでもなく大きい。
(急な外出のため、中断します)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年07月26日

地震鯰

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
京都大学の友人Hさんの夢を見た。
「河崎さん、とうとう地震鯰を見つけました!」
というのである。
いやはや荒唐無稽、全くわけが分からないぞと考えていたら目が覚めた。
「けったいな夢やったなぁ?!」
と不思議に思っていたら、昨日夕方Facebookに揚げられていたH さんのうそつき村の話題が引き金なんだろうと思いあたった。
「他人のアイデアを、自身の作品のなかにしたっと取り込み、まるで自身のアイデアの様に吹聴、すっかり取り込んでしまった。やがてその男はうそつき村を出てしまった。お天道様は、こういう男に天罰を与えないのか?」
といった内容であった。
私はついつい
「お天道様は、こういう人には優しいもんです。」
というコメントを書いてしまったのだが、まさか引き金となって夢に出てくるとは。
Hさんの言う内容が、「地震鯰」である筈もなく、それにしても荒唐無稽である。
ただH さんの言うような話は、我々の業界にはよくある。私自身も、被害者というほどでないにせよ似たような経験がある。まぁその件は後日に。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2018年07月25日

心配やなぁ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
国会議員の杉田某女史が、LGBTを差別するような文書を雑誌に掲載したという。
こういう御時勢だけに、当然ながらあれこれ非難が出て来る。ところがそれを保護するかのように、政権与党の幹事長が早速に
「人それぞれ人生観がある。」
と、いわば助け船をだした。早い話し火消しという事になろうか。
一般論としては、確かに人それぞれかもしれないけれど、政治家センセイの場合そういった一般論で一括りしては甚だしくまずい。つまり政治家センセイというのは、御自身の主義主張あったとしても、
「全ての国民の文化的で最低限度の生活」
が担保されるよう振る舞っていかねばならない筈である。だから御自身の嫌いな、あるいは認めないグループを排斥するというのでは、つまるところ戦後の優生保護法のごときになってしまうし、あるいは戦前の思想弾圧にも繋がって行くのではなかろうか。
さらに私の心配するのは、こういう政治家センセイが、現在の日本で跋扈し始めている点である。なお悪いのは若い経験不測の政治家センセイのみならず、幹事長たる重鎮までが似たように振る舞い始めている点も同様であり、戦後民主主義の危機的状態という巷の噂が現実みを帯び始めている点でもある。
今日はえらくかたい話になりました。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年07月24日

阿波踊りどうなるねん?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
お、明日は天神祭りやんけ。
きっちしいうんやったら、船渡御の日ぃやでぇ。
日ぃ暮れたら、花火が上がるし、ほんでもって仰山の舟が大川を上り下りするんや。
何年か前には、阪大舟ちゅうのんがあったけど、今も続いてるんかなぁ。
祭りの話でちょっと気になるんは、阿波踊りのごたごたや。
観客席は4ケ所有って、総踊りちゅうのん見れる席の入場券は売り切れるんやけど他の3ヶ所は売れ残るんで、何年かお累積赤字が何億円かになってんやって。せやから徳島市長は
「今年は総踊りを中止して踊り子を分散させる!」
と決定しやった。
総踊りちゅうのんは、阿波踊りの最後30分に阿波踊りの名人が数十人集まって盛り上げるんけど、そういうとこには当然名人・上手が集まるもんや。当然この名人・上手の50人が、「本なら、今年は私達は踊りません!」
ちゅうて抵抗してやる。阿波踊りまでにまだ3週間ほどあるけど、どうなるんやろう。
ついでにちゅうたななんやけど、わいの意見や。
「赤字にはなっても、徳島市への経済効果はあるやろうから、もうちょっと広い目で見たらええのに。政治が祭りに介入したらあかん。援助はするから、ええ様にやりなはれ!」
ちゅう太い心持たな!」
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年07月23日

GLSを終えて

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
GLS の話を続ける。
高校生日本からは200名程度、香港、ベトナム、インドネシア、タイ、ミャンマなどから総勢100名程度の参加との事で、一応「国際」という修飾語には恥じない程度の体裁は整っているといえようか。
ただである。
我が国からの参加者の発表総じて頂けない。
まぁ、自分自身が高校生だった頃を考えれば、平均は随分と高くなっているのだろうけれど、国際水準という観点から、英語を母国語とする連中と議論するという意味において、及第点を上げることのできる発表はあまり多くない。口頭発表は多分国内で予選みたいなものがあってある程度は淘汰されているのだろう、確かによく訓練されていたけれど、思いがけない質問への対応はまだまだ。そんな中で海外生活六年の後日本に帰っているという生徒さん受け答えは確かに堂々としていた。
ただ日本人としてついつい同胞に採点が辛くなるけれど。香港の生徒さんが原稿を見ながら発表していたのは、
「英語が公用語である筈なのになぁ!」
と、意外な気がした。
さらに書き加えるなら、ポスター発表の審査中
「君達発表する文を暗記して発表しているの?」
の問いには、皆々肯定的で
「高校生ならそんなものか。ただそんな習性は一日も早くやめて欲しい!」
というのがこの爺の本音で、何人かにはその話をしておいたけれど、真意が上手く伝わったかなぁと、若干後悔も残っている。
ついでながら寄る年並か、今朝は疲労感が強い。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年07月22日

GLS会場で

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の事。
NUSのCollege of Alice and Peter Tanに出かけた。
昨日も書いたGlobal Link Singapore の、ポスターセッション会場である。着いた頃には、高校生達たちがあらかたポスターを掲示済みで、えらく緊張している高校生もおれば、皆で談笑している高校生、他人のポスターを見ている高校生と様々。おおよそ半数は日本からの高校生であろうか。それに引率の先生方もいるので、会場は熱気があるとはいえ、他の国からの高校生の影が薄いのは致しかたないところであろうか?
ただ今日午後の本番では、他国の高校生も、きっと存在感を示してくれるであろう。というのも、下見を兼ねてひとつづつ見て回っているとき、ポスターの前で声をかけて来る積極性は、日本以外の高校生の方がはるかにだからである。とりわけミャンマーの四人ずれの女子高生声をそろえて
「説明しましょうか!」
と大声で臨んて来た際には
「今日は視てるだけ!」
と断るのにも気が引ける程であった。
ちなみに日本人の高校生の何組かが、本当にぼそぼそと
「何かありますか?」
と聞いてくるぐらいで、
「今日は下見!」
と断れば、それ以上は迫ろうともしない淡白なもの。まぁそれが日本人の属性といえば属性なんだろうが、少し残念な気がしている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活