2018年10月12日

大学人の研究費

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
神無月も3分の1が終わった。
日本のテレビで見る天気予報によれば、明日は一時的に「西高東低」の気圧配置となって、急に冷え込むという。早い話し秋本番といったところなのだろう。そしてこの時期になると、冬季雷の観測やオーストラリア・ダーウィンでの観測の準備に忙しくしていたし、一方では科学研究費の申請締め切りに追われ、私自身は二重苦、三重苦の季節であった。それでも科研費は結構頂いた記憶がある。実際大阪大学に1989年に赴任して2013年に定年退職するまで、代表者として科研費の途切れたのは2001年一年間だけだった。それも2000年の12月に教授昇任があり、科学研究費の締め切りと教授昇任のための文書提出が完全にバッティング、泣く泣く研究費申請を諦めたのだから、実質100%の採択律だったという事になろうか?
こんなことを思い出したのは、ノーベル賞受賞が決まった本庶さんが、文部科学大臣に
「科学研究費をもっと出してほしい!」
と直訴したとの記事を見たからで、
「これ以上増やしたら、ますます大学教員が申請書書きに忙殺され、良い研究が出来なくなるでぇ!」
と、摂り越し苦労するからである。
定年退職してしまった元教員があれこれ差し出がましい様ながら、1990年代科学技術会議の、大学研究費(競争的資金)を増額して、世界に通用する研究者を増やすという計画は、大学の若手研究者の雑用を増加させ、本当の意味で疲弊していた時期を知っているからの取り越し苦労。一般論では、かつての科学技術会議の提言も、今回の本庶さんの直訴も間違っちゃぁいないけれど、現実にはますます雑用が増えることになるのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張