2018年11月01日

30年前の熱気

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
霜月朔日 2018年もあと二ヶ月を残すのみ

北京・蘭州の長距離汽車旅行は、4人部屋の寝台車で(たぶん特等だったのだろう)、早い話しコンパートメント仕様、昼は椅子、夜は二段ベッドであった。
30年前の記憶を手繰り寄せると、大同、呼和浩、包頭、銀川を経由して汽車は進んでいった筈である。そして内モンゴルを走る汽車は、夜ともなると結構冷えたので、夏服しか持っていない私は寒い思いをした。やがてようやく蘭州と聞かされ、それでも汽車がしばらく止まってしまったのをうっすらと覚えている。
汽車が鉄橋を渡るときWさんから
「この川は黄河です!」
と聞かされ、豊富な水量に驚くとともにその水が黄色く濁っているのを見て、
「なるほど黄河。」
と納得したのもかすかな記憶に残っている。
その蘭州には二三週間は居たろうか?
滞在は蘭州の街の中ほどに位置するホテルで、高原大気物理研究所にも歩いて行ける距離であった。その研究所には原則朝から夕方まで滞在したのだが、蘭州の朝の明けるのが遅いのにはいささか閉口した。何せ中国は全土時差がなく、北京に比べると少なくとも一時間は遅かったのである。
四人の若者達とは四六時中一緒に行動した。一番印象に残っているのは
「English corner がありますから。」
と言って連れて行ってもらったのはあの夕暮れの若者たちの群れ。公園の一角に集まって、ともかく英語会話力をものにしようという、あの熱気であった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白