2018年12月21日

水金地火木土天海

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
おっ、ひょっとしたら明日は冬至ちゃうんかなぁ?
北半球やったら、一番夜の長い日ぃや。
シンガポールの小学生知っとるかなぁ?
水曜日から今日まで小学生五人の実験の手伝いやってるんで、今日会ったら聞いてみたろ。
実は昨日、惑星の話をやって、
「水、金、地、火、木、土、天、海」
の話をやったら、ほとんど全部英語で言いやったなぁ。順番はちょっと怪しかった子もおったけど、Uranus, Neptuneまで知ってたんで、ちょっとびっくりや。ちゅうてもみなインターナショナルの小学校に通てるんで、英語で授業受けてるんやから知ってるのん当然かもしれへんな。太陽系の惑星の話は、日本でも小学校の高学年で習う筈やから、それをあの子らは皆英語で授業受けてるちゅうこっちゃからな。
「日本の将来もくらくないなぁ明るいかも!」
ちゅうて、あの子ら見てたら考とうなるなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年12月20日

最近の若者は

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日、いわく言い難い話を聞いた。
ある若者がレモンを掌において切ろうとして、指を切ったというのである。
常識的に考えれば、豆腐なら掌で切ることも容易にされるが、レモンのような果物を掌で切ろうとしたらどうなるか、判るようなものなのに、なぜそんな馬鹿なことをしたのだろう。まぁこれはある意味永遠の謎ながら、現実には結構傷が深くて縫わなくてはならないかもと、応急措置のクリニックで診断され、救急病院に回されたという。
それにしても、と考える。「昔は!」なんぞというつもりはないけれど、本来なら子供のころからお手伝いをしたり、台所での母の行動から自然に覚えるというのが、我々の世代であった。ところは最近は、ここシンガポールでもあれこれ習い事や塾が多いため、お手伝いは言うに及ばず、母の様子を垣間見ることすら無いのかもしれぬ。親にしてみれば、かわいい子ゆえ、子供のことを中心に考え、塾や習い事以外は文字通り上げ膳下げ膳、これでは常識が付く筈が無い。それだけ社会がせわしなくなったといえばそれまでで、この爺は「最近の子は不幸やなぁ!」なんぞと考えている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年12月19日

師走やなぁ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
京都にある大学の教員をしている友人、東に西にとよく出張しておられ
「東奔西走ですね!」
と、Facebookにコメントを書き込まして頂くことが多い。その友人先日は徳島への出張をしておられたので
「今回は南船北馬ですなぁ。」
とコメント差し上げたら、えらく生真面目に
「南バス北バスです!」
と返してこられ
「そうか近畿から徳島への出張は、淡路経由の長距離バスが便利だったんだなぁ。」
と、再認識させられた。
翻ってこの爺、今日は午前中には、Chiltern Drive に行き、昼過ぎにはJames Cook大学、その後リャンコート、UE Squareと久し振りに東奔西走、帰宅したのは午後八時過ぎだった。大学教員は定年したものの、師走を地で行くこととなって、京都の友人に久々に言いたい心境である。それにしてもこの時期・年末は、どの国で住んでいても忙しくなるのは、ある意味さがなのかも知れない。
この歳て師でもないのに走りおり
なぁんてね!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年12月18日

辺野古を守ろう

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
沖縄・辺野古の海はどうなっているんやろう。
メディアからは、全然情報が流れて来ぃへん。総理大臣に忖度してるんやろうか?
もしそうやとしたら、ほんまに悲しい国になってしもうたちゅうことになるなぁ。
日本の本土の大衆の無関心が、沖縄の人の民意を政府に無視させるんとや。ここまで書いても、「わけがわからん!」ちゅう人が多いかもしれへん。それくらい一般大衆には知らされてへんね。ほんでや、もしどっかの放送局が、埋め立てに反対してる、沖縄県知事や沖縄の人達の様子を放送で流したら、政府ちゅうか内閣府からお咎めが来るんちゃうかなぁ。
わいは考えるんや。こんな状態になって、慰安婦の記事で朝日新聞叩いてすっかり有名になり張ったあのキャスターはん、何でもっとインパクトのある解説をせえへんね。
確かに法的にはどないしようもないんかもしれへんけど、道義的には許せん暴挙やろ。わいはこの歳になって、つくづく考えるんや。何回も書いてきたかも知れへんけど、法的と道義的正当性のこっちゃ。ほんでわいらはやっぱし、
「辺野古埋め立て反対!」
て声上げなあかんと、つくづく考えるんや。
なんちゅうても、この時代海兵隊が抑止力になるなんて絵空事やしなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年12月17日

キキを預かる

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
知り合いのトイプードルを、お預かりしている。
名前は「キキ」、牝の1歳2か月と聞いている。
我が家のアリスよりは、数カ月お姉さん。
ただ預けられているという、負い目からかいたって遠慮がちである。
ひょっとすれば遠慮がちではなく、気が弱いのかも知れない。
なにせ内弁慶のわがアリスにからかわれっぱなしだから見ていて気の毒なほど。
ジャンプして襲い掛かる、背後から覆いかぶさる、走って行って耳をかじる等々、全くのやりたい放題である。見ようによってはアリスがキキをいじめている様にも見えなくもない。
これまでにも何度か犬を預かったり、はたまたマンションの敷地内で出くわしたりしたことがあるけれど、アリスの今回のような積極行動は初めてである。なにせ風で揺れるカーテンを怖がるようなアリスなのだから。昨日も客用のベッドルームのドアが開いていて、中で扇風機が動いていたら、その音で誰か中にいると勘違いして、逃げ出す程。何故キキにはかくも積極的なのだろうと不思議でならない。そしてこんなことがあると、「性格」形成過程の謎にあれけれ思案が巡る。あと一週間は預かる予定、しばらく観察を続けてみよう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2018年12月16日

トナカイの鼻の色

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「トナカイの鼻の色は?」
こういう問いかけに、大概の大人も子供も
「赤!」
と答える。クリスマスのこの時期、「赤鼻のトナカイ」の歌の影響なんだろう。
でも実際の色は、黒か茶焦げ茶色と聞く。
そんな意地悪クイズの影響でもないだろうが、ここ数日の朝日新聞「しつもん!ドラえもん」は、クリスマス関連の質問が続いている。
それで教えられたのが、トナカイの角の話。トナカイの角は、雌雄ともあるそうで、あんな立派な形をしているのは、雪の中から食べ物を掘り出すためのものだという。道理でスコップのような形をしているはず筈だ。
このように考えると、野生の動物達は環境に適応させるべく進化をしてきたらしいことに合点がいく。例えばキリンは高い枝の葉っぱを採るため首が長くなったというし、シマウマの縞はある種の保護色効果等々。
今月半ばころには小学生の子供達と交流のある予定で、そんな折に先の話をあれこれ投げかけてみようかな?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年12月15日

美らの海守れ!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日から沖縄・辺野古の埋め立て工事が始まったちゅうやないか。
知事選挙にしても国政選挙にしても、移転に反対するリーダーが選ばれてるちゅうのに、日本国政府はほんまに無茶しよんでぇ。ほんで一回埋め立ててしもうたら、「美らの海」の自然破壊が進むし、ほんまに困ったもんや。
それにしてもや、政治家のセンセイ方が抑止力を信じとるんやったら、おめでたいもんやでぇ。ついでに言うとや、いま抑止力を主張されてるセンセイ方は、「鬼畜米英!」いうて叫んでアメリカやイギリス嫌いやったんちゃうんか。それが手のひら返したみたいに、
「沖縄駐留のアメリカ合衆国海兵隊が、我が国を守ってくれる。」
なんやて、どの口がそんなこと言わすんやろう?
政治家のセンセイ方もわかって言うてるのやろけど、海兵隊を沖縄やフィリッピンに置いときたいんは、中国、北朝鮮、ロシアに睨み効かすためで、日本のためとちゃうでぇ。アメリカ合衆国の国益を守るためや。その睨みも、爆弾を宇宙から落とせるこの時代、ほ飛んで意味ないでぇ。
ともかく米軍のことはどうでもええ。沖縄県民の民意はどうしたら守られるんやろうなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年12月14日

冬が来た

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「シンガポールの人には季節感が無い!」
と常日頃けなしている。
ちなみに、クリスマス、旧正月等々に対する盛り上がりはすごいので、この爺のいう季節感とは、自然にうつろいに対しての感性のつもりで、年中真夏のこの国の住民には、はなっから無理な期待に近いのは当然であろう。ところが昨日若い同僚から
「今日は良い天気だねぇ!」
と声をかけられた。
「良い天気だってぇ?曇り空だしそれでも十分に暑いよ。」
と返すと、
「善さんには暑いかも知れないけれど、北半球の冬がようやく来たというニュース。日本でもヨーロッパでもそしてアメリカでも。だからシンガポールも冬なんだ。」
というではないか。確かにこの国でも12月や1月は、日が暮れれば結構涼しさを感じることが多く、その同僚はそれを面白がって「冬が来た」と、表現したらしい。
実際昨夜は、久々にエアコン無しで寝ることができ、久々の快眠だった。
今年は昨年よりも少しこの訪れが遅かったような気もするが、ともかくこの国でもいい季節になったのは事実である。
だから「シンガポール人に季節感が無い!」という中傷は、しばし控えることにする。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2018年12月13日

寝過ごし救済バス

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の朝日新聞・天声人語氏の内容は面白かった。
師走のこの時期とも関連して、「終電に飛び乗ったのに眠りこけて、乗り越したり終着駅まで乗ってしまった。」話題を取り上げていた。その話題のきっかけは、東京八王子の西東京バスが、金曜日の夜に限って「寝過ごし救済バス」を走らせることになったことから。ちなみにこの爺は、若い頃にはあまり飲まなかったこととも関係してか、このような経験が一度もない。
さて深夜の救済バス、平均で30名程度の利用者があるらしいとはいえ、
「これでは儲けにはならないだろう!」
何ぞと、ついつい考える。そして
「そういやぁ、大阪吹田の千里では阪急バスが深夜バスをサービスしてたっけ?!」
と思い出した。もう十年も以上も昔のことで、今も続いているのか否かは不明。ただあのサービスは年末限定ではなかった。なにせ吹田千里地区はかつては「ニュータウン」と呼ばれた、俗にいう人工都市。深夜ともなれば、陸の孤島とは言わないまでも、結構不便をかこっていた。ただニュータウン建設後50年近くを経て住民も高齢化し、あの頃10年前はそれなりの需要があったのだろう。はてさて
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年12月12日

鉤括弧が使えない

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
例えば次のような文
「太郎は隣の次郎に『どうしたの?』と尋ねた。」
を小学3年生に書かせたとする。
その時鉤括弧を正しく使えない子供たちが、本当に多いと聞いた。そしてその理由は、ほとんどの子供達が、漫画(コミックス)に慣れ親しんでおり、会話文は俗にいう吹き出しで引用されているため、鉤かっこを目にする機会があまりないかららしい。
確かに漫画(アニメーション)は、我が国発のサブカルチャーとして外貨獲得にも大いに貢献しているようだから、無下に切って捨てるわけにはいかないのは判るとしても、だからと言って、子供達が小説や随筆を全く読まないのは、日本固有の文化を消してしまいそうで、爺としては忸怩たる思いもある。ただ我が国の指導者の中にも、「アニメーションオタク」がいるようで、こういった傾向にますます拍車がかかるのではと心配する。
ここシンガポールの日本人学校からの情報では、
「コミックスを見て楽しむ方が、漫画を禁止して書籍と縁遠くなるよりはまだましである。」
との理由で、とマンガ本を積極的に貸し出しているらしいが、爺としては甚だ不満である。固い肉より食べやすいハンバーグ、骨のある魚より骨を取り除いた切り身魚、と同じような発想で、誰が考えたのか安易すぎる指導方針でなかろうか。
確かに漫画本に慣れ親しむことで、読書の習慣がつくこともあろうが、一方では水は低きに流れるがごとく結局読書とは無縁の大人に育つことも往々ある。そして本を読んで知識や情報を得る習慣のない大人は、何事においても短絡的にしか考えることができなくなる。
皮肉な言い回しながら、今の我が国の指導者の何割かがそのような「大人」ではないかと、爺なりに憂国の情が捨てきれないでいる。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張