2018年12月12日

鉤括弧が使えない

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
例えば次のような文
「太郎は隣の次郎に『どうしたの?』と尋ねた。」
を小学3年生に書かせたとする。
その時鉤括弧を正しく使えない子供たちが、本当に多いと聞いた。そしてその理由は、ほとんどの子供達が、漫画(コミックス)に慣れ親しんでおり、会話文は俗にいう吹き出しで引用されているため、鉤かっこを目にする機会があまりないかららしい。
確かに漫画(アニメーション)は、我が国発のサブカルチャーとして外貨獲得にも大いに貢献しているようだから、無下に切って捨てるわけにはいかないのは判るとしても、だからと言って、子供達が小説や随筆を全く読まないのは、日本固有の文化を消してしまいそうで、爺としては忸怩たる思いもある。ただ我が国の指導者の中にも、「アニメーションオタク」がいるようで、こういった傾向にますます拍車がかかるのではと心配する。
ここシンガポールの日本人学校からの情報では、
「コミックスを見て楽しむ方が、漫画を禁止して書籍と縁遠くなるよりはまだましである。」
との理由で、とマンガ本を積極的に貸し出しているらしいが、爺としては甚だ不満である。固い肉より食べやすいハンバーグ、骨のある魚より骨を取り除いた切り身魚、と同じような発想で、誰が考えたのか安易すぎる指導方針でなかろうか。
確かに漫画本に慣れ親しむことで、読書の習慣がつくこともあろうが、一方では水は低きに流れるがごとく結局読書とは無縁の大人に育つことも往々ある。そして本を読んで知識や情報を得る習慣のない大人は、何事においても短絡的にしか考えることができなくなる。
皮肉な言い回しながら、今の我が国の指導者の何割かがそのような「大人」ではないかと、爺なりに憂国の情が捨てきれないでいる。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張