2018年12月24日

津波

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日日本では、昨日の天皇誕生日の代休である。早い話土曜日からの三連休。クリスチャンの国でないだけに、さすがに25日のクリスマス当日は祭日とならない。とはいえ22日土曜日から、小中学校では一気に冬休みに突入している筈。年明1月7日までの二週間余りの長丁場である。
シンガポールに移り住んで5年、確か最初年の正月は帰国したけれど、その後はこの時期航空券が高くなることとも関連して、シンガポールでの越年を決め込んでいる。ただ例年も書いていることながら、この時期の「年末や正月風情の無さ」には、いささか拍子抜け。まぁ旧正月を祝う習慣を、今日でもしつこくまもっているから致し方ないのだろう。

話題変わって津波の話。
一昨日だったろうか、「大地震でもないのに津波!」といった記事をインターネット版の朝日新聞で見た。読んでみれば海底火山などで地滑りとか海底斜面の液状化で、海底での土砂崩れがそんな津波を引き起こすらしいと記されてあった。そしてそんな津波が1700年代に我が国でも起こっているらしいと解説してあった。
「そんな津波があるなら、津波の警報の在り方考えねば!」
と考えていたら、昨日インドネシアでそんな津波が起こって、現在までのところ死者の数が222とのこと。いやはやネット版記事のタイムリーさに感心している。
まるで予言だったんだ!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題