2019年01月11日

お節介ながら

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
よその国のことながら、トランプ大統領と野党民主党の議論が、実に不愉快である。大統領は国境の壁の予算を出せというのに対して、下院で多数党となった民主党は、認められないという。だから新年度の予算不成立で、政府が機能しない。昨日だったかなぁトランプ大統領は
「話にならない、バイバイだと席を立った上に、お得意のツイッターで野党をこき下ろしているとも聞く。
それにしてもと考える。
トランプ大統領にしても我が国総理大臣にしても、
「権力者の意のままにやって何が悪い!」
的な居直りが、見え隠れして
「難儀な風潮!」
と考える。月並みなようながら、世界的な右傾化で
「またぞろ世界大戦の前の雰囲気か?」
と気がかり。これもそれもアメリカ合衆国の大統領に、世界の多くの首脳が右へ習えを演じているのだろう。
ただ大統領選であれだけ「怪しげ」な事実があるというのに、多数党の野党民主党が弾劾裁判を主張しないのは何故なのだろう。かつてクリントン大統領の女性問題の醜聞では、弾劾裁判でお灸をすえたというのに、トランプ大統領の場合はロシア疑惑、女性問題等々山ほどあるのだから。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題