2019年02月18日

ほんまに推薦したん?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日も書いたけど、ほんまに洒落や無いでちゅうようなアメリカ大統領の発言や。
ちなみには、ノーベル賞の推薦は、公式的には全て極秘や。
ノーベル賞だけやないで、いろんな賞の推薦ちゅうのんは、本来
「私が推薦しました!」
「私は、あの人に推薦してもらいました!」
ちゅうだけで失格やで。
せやから、きょう国会の審議で、総理大臣に推薦したのかという質問があったらしいけど、当然総理大臣はノーコメントやろ。答えへんかっても、責任は追及でけへん。ただもし総理大臣が、大統領に
「推薦しましたよ!」
ちゅうて推薦文まで渡してたら、そら軽率も軽率。いくら
「ういやつよのう!」
ちゅうて御代官様、ちやう大統領に褒めて欲しかったとしても、そら大いなる間違いや。
それにや、さっきも書いたようにルール無視して
「推薦してもらいました。」
ちゅうて暴露するような人には、絶対ノーベル賞貰う権利はない。
まぁあの大統領は、何でもかんでもルール違反、ルール無視やから、ほんまに史上最低の大統領や。これも時代かちゅうて考えるけど、その最低大統領にかわいがってもらいたい総理大臣は、世界の物笑いかもしれへんなぁ。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年02月17日

エアバス社の大英断

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日も又恐縮ながら、インターネット新聞の記事の話題。
エアバスなんとかちゅう、空飛ぶホテルともいわれる大型の旅客機、エアバス社が製造中止を決めたという。鳴り物入りで製造を発表し、中近東の石油大国を中心に大量受注を開始してまだ10年は経ってはいまい。
日本に住む友人がフェースブックに
「空港の設計を変更しているところもあるというのに!」
とあげており、なぜやめちゃうのかというのが率直な疑問である。
常識的に考えれば、世は今格安航空券の「過当競争」気味だけに、超大型機より燃費もよく小回りの利く中型機が幅を利かしているだけに、超大型機は大いに時代錯誤であろうことは、この爺にも合点がいく。とはいえエアバス社が製造を決めたころ、すでに格安航空券競争が始まっていただけに、厳しい言いようながら「時代錯誤」だったのだろう。
太平洋戦争当時、我が国が展開した「大艦巨砲主義」が国を行き詰まらせる結果をもたらしたように、エアバス社の失敗が大事に至らなければいいが。
実際中近東の石油大国も最近あの大量注文を、キャンセルしていると記載されていた。
個人的には、製造中止は大英断と理解している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年02月16日

ノーベル平和賞?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インターネット版の新聞で見たニュース、
「我が国の総理が、アメリカ合衆国大統領をノーベル平和賞候補に推薦した」
ちゅうんや。大統領が、
「5ページからなる推薦文を、総理から見せられた。」
とか言うてるらしい。
まぁあの大統領は、虚言癖があるみたいやし、マスコミ報道の情報操作ちゅうのもあるよって、100%信じるわけにはいかへんけど、そいでも
「推薦って、本気かいな!?4月馬鹿にはまだ早すぎるでぇ!」
と云いとうなるなぁ。
去年大統領のなんかの集会の中継で、支持者が
「ノーベル賞、ノーベル賞!」
ちゅうてコールしてんの見たとき
「冗談きついで。」
と思わず笑うたけど、その仕掛けのもとが自分とこの国の首相やったちゅうんやから、しゃれやないで。
この爺は、トランプ大統領は史上最低の大統領やと信じとるけど、うっとこの総理もそれに負けんくらいの総理やな。
忖度を 忖度で返す 総理かな
ほんまにええ加減にしてほしいもんや。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年02月15日

毎月勤労統計

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
厚生労働省の「毎月均等統計」の正確さが、国会で問題視されている。
ただ最近のやり取りを見ていると、太平洋戦争当時の大本営発表を彷彿とせずにはいられない。「大本営」を「総理官邸」とでも変えれば、70〜80年前の記事がそのまま使えるのではないかとさえ思える。
あの当時日本軍は世界を凍てに戦争をし、破竹の勢いで勝ち進んでいると報じられていたと聞く。戦争に否定的な発言をすると、憲兵がやってきて連行、反対意見は一切許さないという、言論統制の厳しい時代であったというのが、歴史の教えるところである。
さて今日、国会での論戦は形式的にはあるようながら、野党の意見は馬耳東風と聞き流し、全て予定通りに結論を出してゆく。世論も世論で、
「野党は、反対ばかり!」
とのレッテル貼りに踊らされて
「政権与党以外には適当な党はないだろう!」
とある種のあきらめムード。よほど10年ほど前の民主党の
「何も決められない政治」
に懲りたのだろうか?
ともかく話題を最初に戻せば、誰ぞの意向で統計を操作し、誤った国勢を大衆に流しているようだと、いずれ破綻をきたすのではないか。まさか太平洋戦争配線のような悲惨な事態にはならないまでも。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年02月14日

それはあかんやろう2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
予想されたことながら、「オリンピック担当大臣」の資質が議論になっている。
池江選手の話題について、よりにもよって
「がっかりした!」
と発言したからである。何日か前のタイトルと同じく
「それはあかんやろう!」
そして国会での野党の追及に、発言を取り消したそうながら、それで資質が適しているとはいかない。
そもそも論ながら、政治家センセイの資質低下が嘆かれるようになって久しい。
それは、何度も繰り返して述べているように
「何かを成し遂げたいから政治家になるのではなく、政治家になること自体が目的」
である、政治家センセイが多くなっているからだろう。
そんなだから、少々失敗しても責任を取って職を辞するのではなく、恋々としがみつく。そして人のうわさも75日とやらで、選挙となれば
「おらが国さのセンセイ。」となって当選するのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年02月13日

池江選手の事

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
水泳の池江選手が白血病だとの速報が流れた。
昨年のアジア大会では6個の金メダルを獲得し、MVPを獲得した逸材。ミーハーな言いようながら、来年の東京オリンピックでの活躍が期待されていたのに、好事魔多しとはこのことか。オーストラリアで合宿中だったそうだが、あまり疲れやすいので検査し、その後急遽帰国して即入院となったという。かくなる上は、治療に専念して健康に戻ってほしいとこの爺は願っている。
ただファンって残酷なものだとつくづく思う。というのは
「健康になってほしい!」
という声より
「東京オリンピックに間に合うか?」
「これで東京オリンピックへの出場は不可能になった。」
「メダルを狙えたのに,大いに残念!」
といったコメントが目立つから。
さらには報道も同様の口調で、確かにマスコミ報道は売れてなんぼ、読まれてなんぼには違いないが、身勝手すぎるというのが、爺の素直な意見である。こうなった以上はオリンピックの活躍なんかどうでも良い筈。そこまで彼女に、重荷を背負わせる必要はなかろうと考えるのだが。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年02月12日

太陰暦正月行事

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
太陰暦正月の話を続けている。
というよりも、ここシンガポールでの太陰暦正月の一つの「祝い方」についてである。
その一つ、獅子舞Lion Danceについては昨日も少し述べた。
ドラムを演じる者と、獅子を演じる者、それに飾り物を運ぶ者からなり、あたり一帯を巡っているようだ。実際昨日も日が暮れてからドラムの音が聞こえてきて、爺の住むこのあたりのマンションを巡っていたようだった。演じているのは地元の若者達で、多分ボランティアなのだろう。かつての日本の青年団みたいなものかも知れない。
話は変わるが、爺の故郷でも夏の盆踊りと秋のだんじり祭りは青年団主体でやっている。とはいえ私の故郷は大阪府でも郡部に当たる。だからこの種の活動は盛んなのは理解できる。それが都市部だったらどうだろうと考えるとき、この地シンガポールの活況が不思議に思える。ここいらあたりが、
「中国本土よりも、我々の方が伝統を守っている!」
と言わしめるゆえんなのだろう。そして彼らの松の内太陰暦正月9日まで、正月の余韻を楽しむのだろう。シンガポール人の合理性好きと、伝統をかたくなに守ろうとする面、それらの対比が興味深い。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2019年02月11日

Everybody's Birthday

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
当地の友人から朝の挨拶。SNSに画像を添えて。
190212 人日.jpg
その画像によれば、太陰暦正月七日は、「人日(Ren ri)」と呼ばれ、全ての人の誕生日にあたるという。Everyone’s Birthdayなのだそうだ。
こういった習慣は多分中国からのだろうと考えて尋ねれば、まさにその通り。今日では中国本土ではあまり気に留められないらしいが、ここシンガポールでは伝統を守っているとは、友人の答え。獅子舞(Lion Dance)だって御同様で、彼らの松の内に当たる太陰暦正月九日までは、結構活発にあちこちで楽しめる。確かに昨日日曜日は、朝からドラムの音が6階の我が家まで聞こえていた。日本国内では、既に消え去りつつある正月の風情である。190212 人日2.jpg

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年02月10日

それはいかんやろう!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
最近日本国内で物議を呼んでいる「小学4年生の女の子の虐待死」事件。
日々より詳細が報じられるほどに、月並みながら本当にひどいと胸が痛む。
父親から虐待を受け、小学1年のころには児童相談所にも滞在したという。
ただそれは未だ良い。ところがである、
「父になぐられます。」
と書いてあった「訴状」にも近いアンケートを、よりにもよって市の担当が父親に開示したというではないか。
いやはや、いかに親権者が強く主張しようとも、内容を考えれば
「それを見せたらいかんやろう!」
と、憤りさえ覚えてならない。
新聞のニュースをあれこれ読み漁り、爺なりに組み立ててみれば
「以来父親は、その女の子の書いたものをチェックし、市に提出する。」
という、検閲付きの文書提出。まるで太平洋戦争前の、思想統制を彷彿とさせる。
「民事不介入」の原則があるとはいえ、親の子供虐待には民事が介入せねば、被害を受けている子供が浮かばれない。いわんや児童相談所にとりあえずのしのぎ場所を得た子の、「訴状」を親に見せて、火に油で、虐待をエスカレートさせるとは。
世も末なのだろうか??
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年02月09日

太陰暦正月 Lunar New Year

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
太陰暦正月 Chinese New Year もようやく落ち着いてきて、ここシンガポールも日常に戻りつつある。今日は週末土曜日というわけで、週明け月曜日からは職場は完全な正常モードになるのだろう。
ただである。
マンションの正月行事は次週末土曜日16日に予定されている。このマンションに住み始めて6度目の新年ながら、いつも一週か二週遅れのマンション行事となっている。というのは、何割かの住民が正月休みを利用して旅行に出かけたり、はたまたChinese New Yearc中の両親や親戚の集まりがあるようでマンションには不在がち。マンションコミュニティとしては、なるだけ多くの参加者を期待してのことらしい。仲間意識を大切にするという、中国人文化の一端である。さすがに二月半ば過ぎの正月祝いの集会では、太陰暦での生活の習慣が無いこの爺は、全く持ってぴんと来ない。それでもこの地の人達はローヘーという「海鮮野菜サラダ」を、嬌声をあげながら楽しむのだが、一人興醒めな気分で眺める皮肉屋の爺である。
余談ながら職場の同じ集まりは、今年は2月26日となっている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活