2019年02月15日

毎月勤労統計

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
厚生労働省の「毎月均等統計」の正確さが、国会で問題視されている。
ただ最近のやり取りを見ていると、太平洋戦争当時の大本営発表を彷彿とせずにはいられない。「大本営」を「総理官邸」とでも変えれば、70〜80年前の記事がそのまま使えるのではないかとさえ思える。
あの当時日本軍は世界を凍てに戦争をし、破竹の勢いで勝ち進んでいると報じられていたと聞く。戦争に否定的な発言をすると、憲兵がやってきて連行、反対意見は一切許さないという、言論統制の厳しい時代であったというのが、歴史の教えるところである。
さて今日、国会での論戦は形式的にはあるようながら、野党の意見は馬耳東風と聞き流し、全て予定通りに結論を出してゆく。世論も世論で、
「野党は、反対ばかり!」
とのレッテル貼りに踊らされて
「政権与党以外には適当な党はないだろう!」
とある種のあきらめムード。よほど10年ほど前の民主党の
「何も決められない政治」
に懲りたのだろうか?
ともかく話題を最初に戻せば、誰ぞの意向で統計を操作し、誤った国勢を大衆に流しているようだと、いずれ破綻をきたすのではないか。まさか太平洋戦争配線のような悲惨な事態にはならないまでも。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題