2019年04月26日

工学部電気系

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の続きである。
工学部電気系に進学してくる女子高生は、きわめて稀である。
在籍した大阪大学工学部の場合、電気系といえば電気、通信、電子それに情報の四学科からなっており、情報は女子学生も進学してきやすい筈なのに、四学科ひとまとめで募集していたことも原因してであろうか、いやはやなんとも人気薄だったのである。さらに2年生が終わった時点で、四学科に分けるのだが、女性の多くは情報を希望することになり、残りの三学科の女子比率は5%に満たないという惨憺たるzっ様態であったのである。
そもそも大学の工学部電気系なんぞというと、高校生あたりには電気の回路やアマチュア無線オタクといったステレオタイプの印象を持たれていたようで、同じ学科で机を並べた友人から聞いた笑えない笑い話がある。
友人が大阪大学工学部の通信工学科に進学したと言ったら、近所のおばさんから
「国立大学にも、通信制があるのね?」
と驚かれたので、
「いいえ通信制ではありません。電気関連の学科です。」
と答えたそうだ。でも要領を得ないようなので、
「インターフォンを作ったりします。」
と答えたら、
「さすが大阪大学ですね。難しいことをやるんですね。」
と感心されたそうで、本当にがっかりしたと話していた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 02:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 雷人独白