2019年05月11日

北からの飛翔体

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
またぞろ北の将軍様が火遊びを始めた。
いやはや、押したり引いたりしたたかなというほかはない。
「良い友達!」
と花札大統領に言わしめたのだから、
「また打ち上げてみるか!」
といったとこっろなのだろう。
果たしてアメリカ合衆国、今回は
「飛翔体!」
と、大人の表現でミサイルを放ったとは表現しなかった。
ついでながら、御追従の大好きなわが政府も口裏を合わせて、飛翔体との公式見解である。
まぁそれでも、昨日あたりからはっきりとミサイルを放ったとアメリカ合衆国、となると我が国も
「あれはやっぱりミサイルだった!」
というから、大阪の吉本新喜劇も裸足で逃げ出すしたくなるような対応である。
そういやぁ、総理大臣が先日吉本の舞台でなんかあいさつしたというから、さっそくそののりを政府見解にも使ったのだろう。
国際間の駆け引きの難しさは理解できたとしても、北の将軍様の掌に乗っかっている、花札大統領とお追従総理にはいささか気がかりである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年05月10日

アリスと未明の嵐

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
愛犬のアリスが我が家にやって来て、一年経つ。早いものである。
そのアリスと寝室を共にしていることは、何度か述べてきている。一年も一緒に暮らしていると、お互いの信頼関係も出来上がって(と私が一方的に思っているだけかもしれないが)、なかなか良いものである。
このアリス(犬はすべてそうかもしれないが)結構早起きのくせに、朝のえさを食べると寝たがる。それも膝に乗っての朝寝が好きである。そして早起きする分宵はこれまた早寝を好むようである。寝濃いとでもいえばよいのだろう。ただ人間と違うところは転寝の時には、少しの物音にも敏感に反応する。玄関先に人の気配を感じると、いきなり起きて吠え立てるのである。ただ寝室に入っての睡眠となると、アリスは野生を捨てるようである。先程の「寝濃い」を地で行き、おなかを上にして眠る。
「アリス、君は獣なのに腹を上にして寝るなんておかしいで!」
と話しかけると、相手をしてもらっているのが判るのだろう、盛んに尻尾を振っている。
そのアリス、昨日未明の時は些か違った。というのも結構激しい雷雨があったから。
「犬は雷を怖がる。」
とはよく言われることながら、襲雷を我々より早く感じていたのだろう。ふと目が覚めると、正座(と犬の場合もいうのだろうか?)している。こういう場合は普通用を足したい時が多いので、
「アリスおしっこゕ?」
と抱き上げて、寝室のドアを開けてやった。普通ならベランダの方にかけていくのに、やけに動きが悪い。已むを得ずベランダの近くまでついて行って、促したのだが、私を振り返ってやはり正座を続けている。
「俺眠いんやけどなぁ!」
と語り掛けた途端に、ぴかっと光りほどなく雷鳴。その雷鳴よりも早くアリスは寝室に一目散に走り、ベッドに飛び上がったのである。
あとは私にぴたりとへばりついて横になり、さすがに腹は出しては寝なかった。やはり獣の本性は捨てていない様だ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年05月09日

 10年前には16連休

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
手抜きというつもりではないのだが、10年前の今日。
というのも、国を挙げての10連休で大騒ぎの祖国乍ら、なんと10年前には個人的ながら16連休との記述があったから・・・。。
以下がその内容である。

長い連休が終わって,二日間出勤したらまたまた週末がやって来た。
今,2009年の黄金週間,本当の大団円である。
4月25日の土曜日から,5月9日日曜日までの16連休を取られた方がいるとも聞く。TVでは,この週末が黄金週間最後の帰国ラッシュと報じている。新型インフルエンザの水際対策,担当官を何倍か増やして,必死だそうな。
そんな中,カナダ帰りの三名,真性の新型インフルエンザと判明。成田空港検疫で足止め中というから,検疫のお手柄,お手柄。現時点では,この新型インフルエンザ,直ぐに国内に広がる危険性は少ないらしい。それゆえ厚労省は,渡航禁止等の措置は取らないとしている。
新型インフルエンザに関しては,先日来何度か取り上げている筈で,この状態で過敏に反応する必要はなかろうとは,素人ながらの判断。ただどうもマスコミや報道が,一般大衆の不安を煽る形で報道に走る傾向が高い。俗にいう特ダネというか,すっぱ抜きというかを欲しいのだろう。報道関係記者さんといえども,会社に働く身ゆえ,手柄を立てたい気持ちはわかる。ご多分にもれずあの業界も成果主義なのだろうか?だとしたら,功を焦るあまりの煽動的報道構成に走りがちとなるのも,頷ける。ただ頷けるからと言って,容認できない事は確かである。
実は昨夕,梅田駅の売店で,大見出し国内初感染!?の新聞を見かけ,思わず買おうかなと思ったのだけれど,あの時点では感染の確認は無かった筈。付和雷同を否定しながら,危うく自身が陥りそうだったと,今頃冷静に分析している次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年05月08日

シンガポール人家族

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日深夜、一週間近く我が家に滞在されていたシンガポール人家族が、日本に帰って行かれた。私達がシンガポールに移り住んで、はや5年と7カ月、その間ここシンガポールで知り合った、現地の家族で、ご主人はシンガポール人、奥様は大阪生まれの日本人、そして11歳になるお子さんの三人である。
ただ私にとって驚きなのは、滞在中ほぼ毎日のように出かけられ、それそれでいいのだが、ご主人の学友との食事会、ご主人の親戚との食事会、親兄弟との食事会、等々俗にいうソーシャルイベントが中心で、日本の10連休を利用しての骨休み休暇とは、とても思えない過密スケジュールである。いやはや驚きと同時に、シンガポール人は同族・友人知己をこれほども大事にするのか感心した。これこそ華僑の神髄なのだろう!それに、ご主人に従って行動されている奥様、まぁ日本人ならではの良妻賢母ぶりで、となるとご子息も半分日本人乍ら、父上の様に育つに違いない。
ただ我が家は「暴風」が去って、ちょっぴり寂しい感じである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2019年05月07日

ロシアの旅客機事故

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ロシアで離陸直後の旅客機が被雷し、緊急着陸したら火災が発生、47名の乗客が命を落とされたという。こんな風に書くと、まるで「落雷による火災」と受け取られてしまうだろうが、実際のところはそうではあるまいと私は考えている。離陸直後だけに燃料は満タンだったろうから、それが緊急着陸となれば、
「燃料の重さに耐えきれず、車輪の軸が破損したのじゃないだろうか?」
と思案していたら、そんな風に書いてあるネット記事にも出くわした。
以前知り合いのパイロットさんに、教えて貰ったのだが、旅客機は通常往復分の燃料を積んで離陸するので、離陸直後の緊急着陸時には燃料を空中散布して後でなければ、車輪が荷重に耐えないでパンクしたり車輪の軸が折れたりする恐れがあるそうなのである。昨日の場合、電気系統等の故障で、緊急着陸を余儀なくされ、車軸破壊し、燃料タンクが壊れるといった事態だったのじゃないかとは、この爺の推論である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年05月06日

イスラエルとパレスチナ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
イスラエルとパレスチナ、ますますエキサイトしとるがな。
2000年以上も続くごたごたやから、おいそれと片付く筈はないけど、火に油注ぐよなことしてんのは、アメリカ合衆国のトランプ大統領やろ。首都の移転をいきなり承認したり、アメリカ大使館を新しい首都に移転したりと、パレスチナの神経逆なですることばっかりやっとる。
そもそもや、よその国のことにあれこれ口はさんだり、特定のグループに肩入れしたりすることはタブー、絶対したらあかん。人道的に許されへんグループの暴挙があったとしても、内政干渉は混乱を助長するだけや。混乱させてその国を乗っ取るつもりがあっても、今のご時世やったらそれは許されへんこっちゃから、トランプ大統領もそこまでは考えてへんやろうし。
ついでに言うと、ベネズエラもなんやきな臭いなぁ。現政権はどっちか言うと反米やし、反政権は親米やこれまた介入するんかなぁ。
そんな風にして世界中にごみまき散らしてんの、アメリカ合衆国なんやでぇ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年05月05日

端午の節句

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は、子供の日やでぇ。昔風に言うたら端午の節句ちゅうやっちゃ。
今年は、そんな子供の日も、なんや霞んでまうなぁ。未曾有の10連休やもんなぁ。国を挙げての10連休なんちゅうよなことはもうほんまにめったにないでぇ。まぁめったにないから未曾有なんやけどな。
ゴールデンウィークのこの時期のことで、いまだに心に残ってるんは、三連休や。昭和33年ちゅうから1958年、小学4年生のときや。
5月3日(土)憲法記念日、5月4日(日)、5月5日(月)子供の日  ちゅう三連休や。
小学校に入って初めてのことやったちゅう記憶があるんやけど、なんせ嬉しゅうて、嬉しゅうて、せやから今でも強烈に残ってるんや。あの頃はハッピーマンデーちゅう制度もなかったし、土曜日は半ドンちゅうて午前中だけやけど授業があったんや。せやから物心ついての三連休はほんまに初めての経験やった。
ただや、嬉しかった記憶はあるんやけど、どうして過ごしたんかの記憶はなんも残ってないなぁ。近所の子と遊んだんか、母親とどっかに行ったんか、それとも退屈して過ごしたんか、不思議なことにこんなけ印象に残ってる三連休やのに、中身のことはまるで覚えとらん。不思議やなぁ、記憶ちゅうのんは。
次の年昭和34の4月からわいの生活は一変するんやけど、まぁそのことは今日は書かんとく。そいで3連休が昭和33年に有ったちゅうてその年まで覚えてるんや。いずれにしても今日は子供の日で、明日6日までの10連休がいいよ終わるんやなぁ。
lanking.gif
クリックして投票

2019年05月04日

言論の自由

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日は、朝日新聞阪神支局を「赤報隊」が襲撃し、記者の一人が犠牲者となって32年目であった。1987年5月3日が事件の発生日なのである。
それにしてもと思う。
主義主張は個人によって違うのは当たり前。私自身個人的には左寄りが好ましいと考えているけれど、右寄りから左寄りまでいるから社会が回るとさえ考える。今はやりの言葉でいうなら、多様性(ダイバーシティー)が、我々の社会には肝要なのである。それゆえ主義・主張が違うからと言って、相手を抹殺するのは赦せない。とはいえあの事件はもはや迷宮入り。さらに悲しいのは、あの事件はもはや風化し思い出すお方も少なかろうという点である。その一方では、改元と絡んで日本中が馬鹿騒ぎをしている。確かに人間は記憶を永久に持てるはずはないけれど、あの事件だけは忘れてはいけないと強く思う。憲法記念日に、言論の自由を否定するような暴挙をマスコミ報道に対して起こし、だからというわけでもないだろうが、ここ十数年政府は言論の自由を奪いような法律を立て続けに成立させているではないか。そしてマスコミ報道は、政権に忖度してか、批判の切っ先が極めてぬるい。
私の持論ながら、マスコミ報道の使命は、政権に対峙すること。それができないマスコミ報道なら必要はない。そのためにも今日の風潮の端緒となった、朝日新聞阪神支局の惨事は忘れてはならない。合掌
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年05月03日

ほんまにめでたいんか?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
平成から令和へ、日本中が大騒ぎ、馬鹿騒ぎ、空騒ぎ。テレビも新聞も付和雷同・・。
天邪鬼の爺としては、鼻白んでしまうなぁ。
それにしても、なんであんな風に、ほんまに単純に、なれるんやろう。
「あれって日本人の属性なんやろうか?」
なんちゅうてしもうたら、それで終わりやけど・・・。
ほんまのとこ、こんな印象を持つこと、少のうないんや。
群れてる若い連中がや、俄か愛国主義になるときなんかが、そのええ例や。
爺が鼻白むんは、あんなんの行き着く先は、全体主義の暴走に繋がるんちゃうかちゅうて心配になるからなんやで。
今度の改元、どんくらいの人がめでたい思うとるんやろ。
皮肉っぽいこと言うようやけど、雰囲気に流されてるだけとちゃうんか?せやからマスコミ報道も、ちっと真面目に考えてほしいもんや。まぁ視聴率さえ取れたらちゅう、質の落ちた報道関係機関になってしもうたんで、考えてほしいちゅうても無理やろけどな。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年05月02日

主権在民

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
平成の天皇が退位され、令和という新しい時代が始まった。
天皇制に関しては、肯定的な右寄りの方や否定的な左寄りの方がいて、改元と相まって、日本国内は大騒ぎである。ただつらつら考えるに、天皇が政治的な意味で非常に重きをなしていたのは、平安中期以前と明治維新以降だけではなかろうか。だから近世に限って考えるなら、江戸時代末期の開国以降、欧米列強に追いつけ追い越せと富国強兵を国是としたのだが、その際政府や軍隊が「天皇」を利用したのじゃないかというのが、私の理解である。そしてその最たるものが、大陸への進出であり太平洋戦争なのである。それゆえ大東亜戦争に関して言うなら、戦争責任は最終的には天皇ということになるとはいえ、だからと言って天皇制はすなわち「諸悪の根源」となる筈がない。くどい様ながら、天皇を利用して大陸に進出し、世界における日本という国の存在位置を高めようとしてのは、大日本帝国の政治や軍部であるとは、私の理解である。
ひるがえって、千年以上も国の長として家系がそれなりに続いている国は皆無であろうし、国家主義に走らないという意思、主権在民を固く守る限り、ことさら天皇制を廃止してしまうメリットは私にはわからない。国の象徴として存続していくのが、我が国にとって肝要だと信じている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張