2019年06月06日

ラマダンが明けた

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日はイスラム教の断食月明けハリラヤプアサで、ここシンガポールでは国民の祝日、ただ実際のところモスリム以外の住民にとっては、特段の感慨もなく
「週半ばの休日で助かるなぁ!」
といった具合であろう。一方国民の20%弱といわれるイスラム教徒とっては、我々が正月を迎えて高揚するあの気分と同じようで、マンションのゲートを着飾った家族が何組か出て行くのを見かけた。夕方近くなって、愛犬のアリスと散歩に出かけた時にも、近くのバス停で同じように着飾った家族と出会ったりした。
少し古い話になるが、2010年10月から2012年9月までの2年間私はエジプト・アレキサンドリアに赴任した。エジプトはイスラム教の国で、国民の80%超がイスラム教徒だから、ラマダンの期間は異様な感じであった。例えば日中には町の中のほとんどの喫茶店がゲートを下ろすほどであった。そんな国に住んでいた経験から考えれば、ここシンガポールは特別なことがあるわけでもなく日常のまま、それぞれのお国柄とは言え宗教や宗教観には考えさせられる。
いずれにしてもラマダンは開けた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活