2019年06月18日

空からオタマジャクシ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
十年前の今日の話題

最近全国各地で,おたまじゃくしや小魚が降るという珍事が起こっている。
石川県で話題となったのが最初だったろうか。
先ずは能登半島のど真ん中,次の日は福井県境に近い石川県南部だった。
最初このニュースを聞いたとき,もしかしたら竜巻か?何ぞと考えた。もう20年近くも昔,石川県河北郡鶴来町でロケット誘雷実験をやっていたときの事北陸道を北にむけて松任辺りを走っていたとき,海上に竜巻を見た事がある。だからという訳でもないが,石川県と竜巻の組み合わせに違和感を感じなかった。ただニュースでは,竜巻の起こりそうな気象状況ではなかったと解説があり,いかにも不思議と報じていた。餌を飲み込んでいた鳥が,吐き出したのかも知らないとの解説もあった。その後数日後,二三の件で同様の事件があり,盛んに不思議と報じている。小生とて不思議に思う事は紛れもない。ただそんなに不思議なら,なぜ降ってきたおたまじゃくしや小魚のDNA鑑定でもやって,どこから来たのか確かめようとしないのかと,単に不思議を吹聴するだけの,報道各社に辟易とする。上手くいけば,DNA気象学なんて新しい学問分野が出来るかも知れないぞ!
後日談は聞かないなぁ。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白