2019年06月20日

体育の日考

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
またまた大阪弁で書かせてもらう。
朝日新聞の「しつもん!ドラえもん」
「体育の日が、来年から呼び方が変わる。」
ちゅうのんがあって、その答えが
「スポーツの日。その理由は、なじみやすいように。」
ちゅうて書かれたった。
わいはカタカナ言葉を意味もなく否定するわけちゃうけど、この変更は気に入らんなぁ。
わいの親しい友達に、徹底的にカタカナ表現に逆らってるのんがおるけど、時代ちゅうのもあるんで、已むを得ないこともある。せやけど「体育」を「スポーツ」に変えて、親しみが持てるとは思えんし、小中学校の授業「体育」ちゅわんと「スポーツ」ちゅうんか?全く論理がないやんか。
話変わるけど、来年の東京オリンピックに併せて、呼び方変えておまけに来年だけ「スポーツの日」を、七月に移すらしい。カタカナ書きも腑に落ちんけど、オリンピック開催時期に移すちゅうのんも気に入らんなぁ。これも交通渋滞を避けるためちゅうてるけど、本音は国民総動員して馬鹿騒ぎ盛り上げたいからちゃうんか?そもそもスポーツの日(体育の日)と来年のオリンピックは、何も関係ないやろ。確か体育の日は、1964年の東京オリンピックを記念して、全国民の健康増進を図る意味から作られた祭日やろ。せやから毎年、体力測定なんかやって啓発に努めてんちやうんか。来年だけちゅうても、まさか真夏の炎天下で体力測定も出来んし、いやオリンピック中継見てたら、それこそ運動不足になって本来の狙いから外れてしまうんちゃうんか。今の内閣は、平気で長い休み作ったり、休みの日変えたりあれこれ閣議決定したり、全体主義のにおいがプンプンや。ほんまにこれでええんやでかいな。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張