2019年07月01日

バス停で一期一会

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日のこと、バス停で不意に声をかけられた。
「シンガポール人ですか?」
いいや日本人だと答えると、
「何番のバスを待っているのですか?」
と返してくる。
「39番か、158番か。パシリスドライブ1に帰るもので。」
と答えると、ようやく納得した風で
「随分と長く待っているようだから、お節介かとも考えたんですが・・・。」
とおっしゃる。
「いやぁ、MRTから上がってきたら39番が出ていくところだったものですから。日曜日は1時間に4本だから、仕方ありません。」
と続け、気にかけてもらったことに礼をいった。
となると当然話が弾む。
「シンガポールにきて何年ですか?」
「シンガポールでは、悠々自適それともまだ働いていらっしゃるのですか?」
「この国は好きですか?」
と矢継ぎ早、そして極めつけは
「私は79歳、仕事を辞めてもう20年近く。年金生活者ですよ。ところであなたは何歳ですか?へぇ私よりも9歳若い。それでもまだ現役で働いていらっしゃる。」
といったところだったろうか。
バス停などで、こういう風に知り合いになるのは私自身得意だけれど、昨日は全くお株を奪われてしまった。やがて待っていたバスが到着、それぞれのバスに向かいながら、さようならを言い合った。いい一期一会になった次第である。当然お互いに名乗り合いもしなかったけれど。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活