2019年07月31日

梅雨が明けた

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日について、気象の話題。
今日は日本の梅雨明けについてである。近畿や東海、関東は既に一週間ほど前に梅雨明けしたらしいと報じられている。実際大阪、東京などはその日から30度を超す気温で、猛暑日だった県もあった様だ。そして昨日は、東北南部の梅雨明け、平年より5日遅く、昨年より16日遅いという。この程度の早い遅いは多分ばらつきの範囲無いだろうから、大騒ぎすることもないのだろうが、少し懸念されていた冷夏は、取り越し苦労に終わりそうだ。ちなみに東北北部の梅雨明けは今日にもというから、これで今夏2019年の梅雨は明けたということになる。
梅雨については、今から40年近く昔1982年(?)のあの長かった梅雨が印象深い。当時私は名古屋大学の空電研究所に勤務しており、愛知県岡崎市に居を構え豊川市にある研究所にに通っていた。記憶に違いが無ければ、お盆頃まで梅雨が明けなかった筈で、その後も夏空は少なかった。ちなみに1993年は梅雨明けすらなく、米どころの冷害のため米価の値上がりした。その頃は大阪大学に移動していたのだが、正直言ってこの時の印象よりも1982年の長雨の方が記憶に強烈なのである。早い話1993年の長雨はほとんど記憶にないのに、1982年の長雨は未だに鮮明なのである。
このように思案を巡らすと、人の記憶の不思議さを感じずには得られない。強烈なはずの事例より、強烈さが少なめな事例の方が、なぜ未だに強烈に残っているのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般