2019年08月21日

双方向性リーダ3

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
いずれにいしても、状況証拠では科学にはならない。
なんとしても正のブレークダウンを可視化したい。ただ単極性のリーダ進展の観測から、放射されるVHF波の電波強度が、負の方が正より20dB強いことが明らかになった。早い話、負の方が正より10倍も強いのである。都合の悪いことに、これらがほとんど同時に放射されているので、負からの放射波が正からの放射波を完全にマスクしており
「これやったら見える筈ないやんか!」
と気付かされたのである。
「同時言うても、少しは差もあるやろうから、思い切って広帯域受信したらどうやろう!」
と考えた。広帯域受信なら、多分マイクロ秒程度の差程度なら見えるんちゃうか?」
と考えた。さらに1990年代も半ばとなってデジタル干渉計の実施がパソコンなどでも簡単にできる時代となっていたので、現実的だと考えた次第。それに広帯域受信だと、煩雑な受信機の設計は必要ない。設計が必要ないということは、メンテナンスも必要なしということで、装置としては随分と簡単になるのである。
ただ依然として、信号でトリガをかけて観測を実施するという、ディジタル信号処理の基本から抜け出せずにいたのが、とんだ考え違いだったと言ことになるのだが、それはまた明日にでも。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷の研究

2019年08月20日

双方向性リーダ2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
もう数日専門すぎる話を続けたい。
正リーダと負リーダに関してのわだいである。
まず光学的に観測したと申し上げた。それに双極性リーダ進展に関しても申し上げた。これは専門外の方にはいささかご理解頂き難い内容乍ら、
「空間の一点から放電が開始するとき、開始点の電荷を保存するという物理法則を認めるなら、正リーダと負リーダが同時に互いに逆方向に放電進展をかいしする。」
という仮説で、観測的に検証されない限り、仮説なのである。
ちなみに光学的に正負リーダを観測できていたのは、ロケット誘雷実験や福井県三国の地上高200mの煙突などから上向きに開始する放電を利用しての観測で、これらの場合金属(導体)から放電が開始するので、単極性のリーダ進展となるからである。ちなみに光学観測は、最初アナログ記録して、波形を再生しながらという古色蒼然なやり方であった。1980年代のことで、その頃からディジタル技術もかなり普及してきて、1980年代後半はディジタル記録に移行していった。
電波計測である。
まず取り組んだのは、VHF波帯の広帯域干渉計。これはフランスやニューメキシコグループの装置のデッドコピーに近かった。早い話丸写しだったのである。これはたん観測結果と併せての比較で、状況証拠乍ら
「この辺りに正のリーダ、正確には正のブレークダウンがある筈だ!」
という辺りまで研究を進めることができたものの、狭帯域の干渉計では正のブレークダウンを可視化することはできなかった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷の研究

2019年08月19日

双方向性リーダ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
数日前の話題、雷放電の正負、正確には正リーダと負リーダの進展に関してである。
そしてれらはすでに1980年代に光学的に測定されていて、それぞれ10の5乗m/秒及び10の6乗m/秒と知られていた。さらにこれらの値は、室内実験による超ギャップ放電で確かめられている値と矛盾はしないのである。だから、何をいまさらという向きもあろうが、現実には大きな問題を含んでいて、光学観測では解決しえなかったのである。
室内実験と異なり、自然の雷放電は金属導体などないわけだから、どこで雷放電が開始するにせよ、その点の電荷が保存されねばならない。そのため自然の雷放電は、双極性リーダで開始する必然性があるのである。つまり、正のリーダと負のリーダが放電の開始点から、互いに逆方向に進展するということが起こっている筈であり、となると光学的観測では本当の意味で観測できないのである。すなわち放電の極性を考えるなら、電波観測以外にはあり得ないのである。
いやはや専門過ぎて、ご常連様にはご理解いただき難いかもしれない。(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷の研究

2019年08月18日

未来志向より反省

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「未来志向の日韓関係」
確かに耳障りの良い言葉である。
ご本人が考えたというより、多分優秀な官僚が考え出されたに違いがない。ただ日本人でありながら、実のない言葉だともおもう。その根拠は、太平洋戦争に対する、我が国の指導者達の反省を聞かないから。とりわけ現在の総理大臣には、反省して謝ることが恥だと理解されている節があるから。
「一体何回謝ればいいのだ!」
というご意見もあろうが、謝るのは相手国に対してだけではなく、自国民に対してもなのだから、二度と戦争加害者にならないためにも、反省は謝ることはいくら続けても続けすぎることはない。
この爺とて1960年代の日韓の取り決めや、慰安婦問題に関しての非可逆的合意を知ってはいるけれど、徴用工や慰安婦として関わった戦争被害者の多くは、そんな国対国の形式的な合意なんぞより、
「迷惑を掛けました!」
という心からの陳謝を期待しているの違いない。ところが
「慰安婦と強制連行」
問題が、某新聞記者の創作と判明して以来、我が国世論は一挙に右寄りとなって、歴史修正が闊歩するようになった気がする。そして本当のところこういった風潮が、はなはだ爺には面白くないのである。
中国や韓国に、太平洋戦争では多大な迷惑をかけた。そして戦後賠償を果たしたけれど、それでもやはり、迷惑をかけたことを忘れてはならないのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年08月17日

正のリーダと負のリーダ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
久しぶりに雷放電の話題である。
電荷には正と負のあることはよく知られている。
いや正確に言うと、正の電荷存在しないので、負電荷が何らかの理由で持ち去られ、電気的に正となっていることを、慣例上正の電荷と呼んでいる。雷放電物理の場合、微視的な観点ではなく、巨視的な立場に立って議論するのが普通で、以後便宜上正の電荷、負の電荷という記述で話を進める。
雷雲は、これまた大雑把に言って、正と負に分極した状態にあり、−10度の高度付近に負電荷領域が、それより高度の高い気温の低い位置に正電荷領域のあることが知られている。そして負電荷も正電荷も落雷を引き起こすことも、今日ではよく知られている。確かに高度の低い負電荷の落雷の方が圧倒的に多く、季節や地域に依存するけれど5倍から10倍負電荷の落雷の方が多いのである。
実はこの爺は雷放電に関わるようになった初期のころから、落雷に至る負のリーダや正のリーダの違いを明らかにするための、観測的研究に携わってきた。光学的な測定が最初、その後電波計測へと手段は変わってきたけれど、正の放電と負の放電の違いを解明したいいまだに取り組んでいるのだから、進歩がないと自嘲義気である。まぁ定性的にはあれこれ知見も増やしているので、そう卑下するほどのこともないという慰めの言葉も、腹の中に在ることは在る。
実は1988年夏、私は解放前の中国で三か月弱過ごした。その時の講演の内容が光学的に測った、正負リーダーの相違であったと記憶している。その折中国科学院蘭州高原大気研究所のW先生が、
「巨視的立場からだと差がない筈。理論的にどう解釈できるのだ?」
と、熱心に議論してくれた。
そんなことをふっと思い出していたのは、先日シンガポールにやってきた弟子のY君が、最近の論文を送ってくれて、早速読ませてもらったからかもしれない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷の研究

2019年08月16日

訛った英語

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
またまた西洋花札大統領のネタで恐縮ながら、政治資金パーティで
「日韓両首脳が、英語で話す際の訛りを揶揄した。」
と、インターネット新聞で見かけた。あの大統領ならありそうなことで、今更驚くに当たらないとは、この爺の率直な印象である。
「日米はかつてないほど強固な関係!」
じゃないのかと、問うなかれ。1945年太平洋戦争の敗戦以来、いやペリー提督の来航以来というべきか、米国民の半数が本質的に白人至上主義を持っている筈で、
「アジア人の英語は、英語ではない。英語を話せないのは、猿と一緒だ。」
といった、固定概念を持っている。
実際国際会議などで日本人が講演するときなど、会場に残って退屈そうに講演を聴いている方々はまだましな方で、日本人の発表となると出ていく輩も少なくない。そのくせ発表が終わると、社交辞令よろしく
「This is really interesting presentation.」
なんぞというものだから、大喜びしている我が同胞を、かつてはよく見かけたものである。だから一緒に参加している学生諸君には、
「Interestingは誰にでもいう社交辞令。本当に興味があるときは、あれこれ議論してくる。」
と、助言したものである。最近の若い人達の英語力は確かに上がってきているとはいえ、本質的には変わらない。
「黄色い猿には、負ける筈がない!」
あたりが、本音なんだろう。
西洋花札大統領のスピーチの内容からすっかり変わってしまったけれど、日米の蜜月を信じているのは、あの総理大臣だけかもしれないなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年08月15日

ジャワ原人に会う

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今朝の通勤時のこと。
いつものようにバスに乗って、そう職場まではおおよそ20分程かかる。毎朝のこと故所在なく乗っていると、二つ目か三つ目のバス停で乗り込んできた男性、高校の世界史の教科書にあったジャワ原人にそっくりで、思わず笑いそうになった。余談ながら御常連様ジャワ原人の記憶が無ければ、ぜひグーグル検索を。
「それにしても、わいの記憶に間違いなければそっくりやでぇ!」
と考えていたら、間の悪いことに目が会ってしまって、俗にいうアイコンタクト。
ジャワ原人さん、私の思いを知ってか知らでか、ぶすっとして目をそらし、頭からジャンバーを被ってしまわれた。
当然のことながら、社会の教科書なんて国によって違うので、私の考えているジャワ原人と、この地シンガポール人の持っているイメージは同じとは限らないが、
「ブスッとしたちゅうことは、本人も意識してのかなぁ?」
と訝っていた。
するとモバイルの呼び出し音があり、ジャワ原人はジャンパーを跳ね除け電話に応対、会話は英語ではなくどうもインドネシア語では無いか。勝手ながら
「そうか、ジャワ原人の子孫なんだ、きっと!」
と納得していたら、同じバス停で降りて、私の職場の隣のビルに入って行った。
「職場が近くなら、近いうちにまた会えるかな?」
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2019年08月14日

台風10号来襲

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
台風10号が、北西に進んでいる。超大型台風とも聞く。
このままの調子で進めば、豊後水道を目指す形となり、そこで北東に進路を変え、中国地方を縦断して日本海に進むことになろうか。いやはやつけても今年は台風の当たり年である。早い話お盆休みの後半、休暇からの帰り客がピークとなる日前後に直撃となりそう。この爺シンガポールに長期滞在しており、故郷の天変地異とは直接関わらないとはいえ、大いに気になる。
爺の生まれた大阪府南部の街々は、この時期盆踊りが三夜(8月14日、15日、16日)にわたって催される。還暦を越えてからでも、日が暮れて日中の暑さが少し和らぎ、町内会館の屋根に設けられた拡声器から、江州音頭の囃子が聞こえてくると、高校生時代に逆戻りしそうな錯覚に陥いったものだ。今年を含めここ二年間は帰国できておらず、江州音頭もとんとご無沙汰、来年の夏には帰国したいものだ何ぞと考えている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年08月13日

お盆休み

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「シンゾウなのに心が無い」
「トランプなのにハートが無い」

日米の両指導者を揶揄する、最高傑作でなかろうか。
実はこの傑作、一週間ほど前SNS上で見かけた。パーッと広がるかなぁと期待していたけど、その後とんと見かけない。面白がったのは、天邪鬼のこの爺だけなんだろうか?
さて今週は、日本ではお盆である。正式には盂蘭盆会と表す筈だが、お盆と略することが慣習化している。ただ東京など関東では、7月15日頃がそのお盆なのに、関西は8月15日頃。なのに、俗にいうお盆休みは日本全国この8月15日頃で、全国的に大移動があり、高速道路は大渋滞、航空機や新幹線はほとんど満席とくるから、天邪鬼の爺としては実に不思議である。現にこの爺も、この節の書き出しに「今週は、日本ではお盆である。」と記している。爺は大阪府生まれの関西人だから、まだ已むを得ないとしても、マスコミ報道でも同様に扱う年中行事である。関東の人達にとって、「お盆」と「お盆休み」は互いに異なるものなのだろう?かかる意味で
「シンゾウなのに心が無い」
の揶揄は、関東の方達に対しても通ずるものがあるようについつい考えてしまう。
関東・関西二重文化の国の不思議である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年08月12日

御巣鷹山忌

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
もう34年になるのか。
御巣鷹山にJAL123便が不時着というより激突して、500名以上の方が亡くなってから・・・。
あのニュースは、当時滞在していたスエーデンで知った。滞在して3ヵ月余りたったころだった。インターネットなんて、あの後数年してようやく使えるようになったなったほどだから、国際ニュースといえばCNNくらいだったろうか。それでも滞在していたウプサラ大学気象研究所の同僚が
「日本でジャンボジェット機が事故を起こして500名以上の犠牲が出たらしい。」
と教えてくれた。
とはいえ依然詳しいことは分からなかったものの、週末の東京・大阪便の事故というこだけは分った。そうなると今度は当時単身赴任で東京在住だった親友のY君が週末の便で帰阪していることを知っていたので、大いに気をもんだ。
数日して知り合いが、当時としてはまだまだあまり普及していなかった国際宅急便で、日航事故の新聞記事やら週刊誌やらを送ってきてくれた。犠牲者名の中にはY君の名前が無くほっとしたけれど、大阪大学の一学年か二学年上の先輩の名前を見つけたとき、事故が不意に現実味を帯びてきて、ゾクリとしたのを覚えてる。それまでは地球の裏側にいる気楽さからか、何やら夢の世界の事件といった印象しか持ち得なかったというのが、正直なところであったろう。つけても34年、早いものである。合掌
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題