2019年08月12日

御巣鷹山忌

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
もう34年になるのか。
御巣鷹山にJAL123便が不時着というより激突して、500名以上の方が亡くなってから・・・。
あのニュースは、当時滞在していたスエーデンで知った。滞在して3ヵ月余りたったころだった。インターネットなんて、あの後数年してようやく使えるようになったなったほどだから、国際ニュースといえばCNNくらいだったろうか。それでも滞在していたウプサラ大学気象研究所の同僚が
「日本でジャンボジェット機が事故を起こして500名以上の犠牲が出たらしい。」
と教えてくれた。
とはいえ依然詳しいことは分からなかったものの、週末の東京・大阪便の事故というこだけは分った。そうなると今度は当時単身赴任で東京在住だった親友のY君が週末の便で帰阪していることを知っていたので、大いに気をもんだ。
数日して知り合いが、当時としてはまだまだあまり普及していなかった国際宅急便で、日航事故の新聞記事やら週刊誌やらを送ってきてくれた。犠牲者名の中にはY君の名前が無くほっとしたけれど、大阪大学の一学年か二学年上の先輩の名前を見つけたとき、事故が不意に現実味を帯びてきて、ゾクリとしたのを覚えてる。それまでは地球の裏側にいる気楽さからか、何やら夢の世界の事件といった印象しか持ち得なかったというのが、正直なところであったろう。つけても34年、早いものである。合掌
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題