2019年11月04日

英語修得 6

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
英語修得の話題を続ける。
いや正確には、より一般的な言語の修得のつもりで書いているのだが、日本語を母語として英語を身に着けるということを、例として挙げているというのが正確であろうか。
私自身の本職は、雷放電物理、大気電気の研究で、言語学者ではないけれど、国際会議で発表したり欧米の雑誌に投稿したりしないことには、研究者として成り立たない。そんなことから、私なりの努力を続けてきたし、今でも続けている。というのも、言語の修得は笊で水を掬っているようなものと理解しているからである。正直に言うとこの理解は先輩研究者からの受け売りで、名古屋大学空電研究所に勤務していた当時教えられた。私自身は、そのような理解を明確には持ってはいなかったけれど、中学時代から続けていたラジオの英会話番組を相も変わらず続けていた。それを見た先輩研究者から
「河崎君、それならウォークマン買って、もっと英語に取り組んだら。」
と勧められたのである。1980年代のことで、ソニーのウォークマンが世界を席巻していた時代である。その際、笊で水を掬うようなもの、単語を忘れることを心配するのではなく、忘れる以上に覚えればいいんだと教えられたのである。自慢するつもりではないが、私自身いまだにNHKのラジオ英語会話やビジネス英語を聴いて、笊での水掬いを続けているのである。だから親御さんたちには、お子さんがこういった明確な意識を持つようになるまで、背中を押し続けてやるという努力を続けて欲しいと思うし、そのような助言を出してゆきたいと信じている。(この稿続く)

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張