2020年01月18日

思い出話 3

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
中日ドラゴンズの名二塁手高木守道さんの訃報、現役の頃には「いぶし銀」といった評価もあり、中日のファンでもない私ながら好きな選手であった。享年78歳 合掌

昭和44年(1969年)、大学には入学したものの,講義はなかなか始まらない。
それでも10月も終わりになった頃、京橋に有った工学部の旧校舎を使って一日おきの講義が始まった。一日おきの講義だけに、多くの同級生達は、容易には大学生としての自覚を持てなかったというのが実際のところだったろうか。それに授業開始までには入学後7か月も経っており、遊び慣れてしまったというか、アルバイト慣れてしまったというかの状態では、真剣に勉学するといった雰囲気はほとんどなかった。私はといえば、R君の大学について行って講義に参加したり、Y君の出張について行ったりと、20歳の春を気ままに謳歌していた。高校生、受験生の頃に比べ当然行動範囲も圧倒的に広くなり、南は和歌山から北は滋賀県湖東辺りまで、とりわけ名神高速道路をY君の運転する車で茨木ー高槻間の長い直線の下り坂を疾走したときには、絵も言えぬくらいに感動したのを覚えている。そして栗東という地名は、なぜか心に長く残るのだが、いまだにその理由は分からないでいる。
R君との行動で覚えていることの一つに、中学の時に臨時教員で来られた先生の御自宅を訪ねて行ったことがある。御自宅は和歌山市の繁華街の近くにあり、R君の家の近くに嫁いで来られていたが、そのころは離婚されて実家に戻っていらっしゃった。R君がどうしてそのことを知っていたのか、どうして実家を探し当てたのかは謎である。あの日は講義にもぐりこんだ後
「善さん今日はクラブの練習無いねん。行きたいとこあるんでついて行ってくれるか。いや和歌山市内なんや。」
ということで、私はついて行ったのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2020年01月17日

思い出話 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は私の71歳の誕生日、そして神戸大地震25年

私達三人の結びつきの強さは、それぞれの家庭環境にも強く関係していたものとは、この歳になっての理解である。即ちY君は物心つく頃には母上と生き別れ、私といえば中学一年12歳の夏休みに母が他界、R君は高校生の頃に母上が、心臓発作だったと思が、急逝といった具合で、三人三様ながら母親との縁が薄かったのである。三人とも互いにそんなことで慰めあったりは決してなかったけれど、ある種の仲間意識が深層心理にあったのかもしれない。そんな三人の社会人としてのスタートは、同級生ながら全く違うのだから、自身のことながら興味深い。
Y君は高校卒業直後まず社会人となったが、大怪我をしたこともあって20歳の春が再スタートということになろうか。そのころR君は大学二年生、私はといえばこれまた網膜剥離という大病をして2年遅れでようやく大学生となった具合である。ただ私の大学生としての最初の一年間は学園闘争のあおりを食った関係もあって,まともな講義を受けなかった。それでも所属した学科の教授の紹介で、大阪高等技術研究所という名前だったろうか、抵抗やコンデンサの性能試験のアルバイトにありついていた。そんな具合だから、時間の許されるときは、Y君の出張について滋賀県に出かけた。出張といっても会社の車で得意先回りをするYの車に同乗していったものであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2020年01月16日

思い出話 1

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
明日の誕生日を控え、しばらくは昔の思い出話を披露したい。
昨日の内容からも想像頂ける様に、10代の後半は同級生のY君、R君そして時々は一歳年上のHちゃんに私を加えた3人または4人で行動することが多かった。Hちゃんには大学の仲間達との生活もあったのだろうが、私の育った大阪南部の山村ではあの当時大学に進学するものはまれで、田舎の仲間と一緒になっての行動は、H ちゃんには盆や祭り以外は現実的には無くなってしまった結果、一級下の私達に近寄ってきたというのが正直なところだったろうか。Hちゃんの通っていたのは、神戸市にある俗にいう「お坊ちゃま大学」で、なんと片道2時間30分もかけて通っていた。H ちゃんの家は経済的には恵まれていた筈だが、子離れのできない母上が、下宿を許さなかったらしい。
話は前後するが、H ちゃんは私の母のいとこで、母の叔父の最後の子で、私との年齢差が一歳、だから小学生時代から私達は半ば兄弟の様にして育てられた。このように書いても、なかなか判り辛いかも知れないが、祖母の兄弟姉妹の繋がりはある意味尋常でないほど強く、徒歩5分以内に4家族が住まいする家があったのである。そんなだから、私が物心つくころには、家屋はそれぞれ別乍ら大家族構成を彷彿とさせる風であった。
本題から少しずれてしまった。私達三人、R君、Y 君それに私の話題に戻す。
Y 君と私はむかいどうしということもあり、夕方から夜にかけては絶えず行き来していた。R君は隣村の在住で毎日というわけではないものの、高校生になってからはホンダのスーパーカブに乗ってやってきた。もちろん無免許なのだが、あの頃の駐在さんは、いうなら見て見ぬふりをしていてくれたのだろう。逆に私もスーパーカブでR 君の家に出かけることもあった。とりわけ定期試験の頃には、お互いに尋ねあい教えあうこともあり、行き詰ると出かけていくのである。そんなだから行き違いとなることも何度もあった筈で、今日のようにスマホで連絡を取り合っての行動は、ありえなかった。行違った場合は、私の方が彼の部屋で待つのが常で、R君のおばあさんが、山盛りのゆで卵やミカンで歓迎してくれたものである。実はR 君の家は大農家で、庭には1000羽を越す鶏を飼っていたのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2020年01月15日

71歳の誕生日の前に

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
2020年の1月も半分過ぎた。
昔なら今日は成人の日であった。50年前の今日、私はその成人の日の式典には行かなかった。今も親しくしてもらっているY君も、多分出席していない。
当時私はまだ受験生で、その数日後にその年の東京大学の入学試験中止を知ることになるのだが、この時点では知る由もない。一方Y君はと言えば、大怪我のあとようやくリハビリが効果を表してきて、自由に動き回る様になってきた頃であったと記憶している。そして入院中に知り合った方のつてを使って、働き始めていた頃だった。ただ私の受験を気遣ってか、あのころY 君は私のところに、あまり顔を出すことはなかった。もう一人仲の良かった、しかし今は物故者になっているR君、当時和歌山大学の学生で、式典には参加したとあとになって聞かされた。高校を卒業したのちの我々三人は、あの頃足並みが揃っていなかったのは事実である。ただよくよく考えてみれば、三人そろっての行動は、私の大学入学を境にめっきり少なくなったように記憶している。それでも北千里の私の下宿に、何の前触れもなく二人そろってひょっこり現れたことも何度かあって、20歳代前半の私達の青春は進んでゆくのである。
余談ながら明後日17日は、私の71歳の誕生日である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2020年01月14日

マレーシアの交通事故

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
世の中何が起こるかわからない。
マレーシアのバドミントンの大会で優勝した桃田選手、帰国しようとクアラルンプールの空港に向かっていたら、交通事故に巻き込まれたという。
その第一報では、軽傷とあったけれど、シンガポールに住んでいて、時折マレーシアに出かけていくこの爺には、俄かには信じられなかった。というのも、マレーシアの運転マナー、大仰にいうなら弱肉強食で、さすがに煽り運転は少ないけれど、割り込みが好きなくせに、道を譲るのが嫌いといった有様なのである。
第二報では、何人かのバドミントン関係者が同乗していた車が、先行するトラックに衝突し、運転手が死亡という記事があり、桃田選手は鼻を骨折、腕を骨折した同乗者もいたという。運転手が死亡したというから、それなりの激しい事故で、負傷の程度が気になるけれど、まぁ人生塞翁が馬を地で行く按配である。それに負傷の結果次第では、オリンピック出場もままならない可能性もあり、バドミントンファンでないとはいえ、気になるところではある。
こんな事故の報を聞くにつけ、2010年から二年間過ごしたエジプト・アレキサンドリアのことが、いまさらながら蘇って来る。日曜から木曜までの週五日間、毎朝…毎夕マイクロバスで二時間ほどの道のりを通勤した。なにせ運転マナーの悪さはマレーシアの比ではなく、五車線の道路を七台の車が並走するといった具合であったから、よくぞ事故に遭わなかったものだと、しみじみ思う。かろうじての救いだったのは、道を走る車の多くはロシア製で、重戦車の雰囲気があったほどで、スピードがあまり出ていなかったことであろうか。それでも滞在中にエジプト人の同僚が、IR自分の運転する車で事故を起こして亡くなっているのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年01月13日

日本版カジノ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本版カジノと関連して、五名の議員への裏金の授受があったようだ。
当然のことのように、一名を除いて否認しているが、火のないところに煙は立たないだろう。さらには否認している四名のうち、一人が逮捕されてしまったのだが、文部科学大臣が
「だからと言って、IR法に問題があるわけではない。」
と、意味の分からない発言である。
しかし政治家のセンセイ方は、なぜカジノにこだわるのだろう。
IR法が成立しており、いずれカジノのできることは、すでに既定路線であり、
「依存症の方が増えるのではないか?」
という心配は、大の大人が依存症となって困るのは、薄情の様ながら自己責任だろう。ただ私がカジノに反対したいと考えるのは、反社会勢力の資金源となるのじゃないかという懸念からである。ちなみに私のいるシンガポールには二か所カジノがあり、その一つはアメリカ系マフィアが、もう一つは中国系マフィアが仕切っているといわれている。真偽のほどはともかく、現地シンガポール人がそう信じている程だから、冒頭の裏金が中国企業からという事実を虚心坦懐に考えるなら、日本版カジノは中国系マフィアに仕切られることになりそうである。取り越し苦労でなければよいが・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年01月12日

ウクライナ旅客機墜落

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ウクライナの旅客機が墜落、搭乗者全員が亡くなったという。
当初はボーイング機の不具合故の墜落かとも憶測が流れた。
余談ながらボーイング社の株価が、一挙に下がったそうだ。
その後調査するうちに、どうもイランのミサイルの誤放射らしいことが明らかとなり、イランも過失を認め、正式に謝罪したという情報が流れた。ウクライナの大統領も、当然ながら補償を求めるという声明を出している。
つけても思う。
イランには、意図的に旅客機を撃墜しようとする意図もなかったようだし、悪意のなかったのは事実なようだ。それでも、もしアメリカ合衆国とイラン国が戦闘状態になかったら、こんな参事は起こっていない。ちょっとした間違いで、民間の人達に犠牲者が出るのだから、戦争をやってはだめなんだ。
それに犠牲になった方々は、単に謝罪されるだけで、生き返るわけではない。国の責任者から見れば、犠牲者なんぞ些細な取るに足りない程度にしか理解していないのだろうが、当事者たちの思いはいかばかりであろうか。今回の事件からも理解できるように、悪意があろうがなかろうが、戦争には必ず犠牲者が出る。互いに戦っている兵隊さんたちの犠牲も悲しいが、今回のような民間人の犠牲はもっと悲しい。民間人の犠牲の場合は、言うなら単に謝罪されるだけで、まったく浮かばれないではないか。だから、せめて亡くなった方々に合掌。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年01月11日

姑息やなぁ!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
以前に「識者は信用できない。」旨の内容を書いた記憶がある。
今回またまたネット新聞で、その印象を強くする記事を見かけた。
御本人の名誉もあり、お名前までは記さないが、センター入試に関わってこられた、識者の発言である。ここ数か月の大学入学試験改革のごたごたと関連して、コメントしておられてのだが
「やはり日本の入試制度には問題があるのでは!」
という下り、
「おいおい、あんたが関わってきたのじゃないの。どの顔でこんな無責任なことを言えるんだい?」
と、詰問したい気がした。つまり問題があると考えるなら、なぜ自分たちの会議で議論しなかったんだろうという点。
ところが経済界からの外圧もあって、大学委一次試験の改革が進み、その改革の新たな問題点が顕在化して、先延ばしとなった現在、まるで他人事のように
「問題がある!」
なんぞとよく言えたものだというのが、天邪鬼爺の理解なのである。
いやそれにしても、識者を信用してはいけない。
「問題がある!」
と指摘し、またまた識者として改革作業に参画し、ご自身の発言権を継続なさるという、姑息さというと言い過ぎだろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2020年01月10日

10年前の今日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
10年前の今日
まいど衛星からの雷観測 熱い思いを語っている。まいど衛星から10年経ったんだなぁ!

まいど衛星の打ち上げまでいよいよ10日。
正確には,GOSAT衛星の打ち上げのついでに打ち上げてもらうのだ・・。相乗り衛星なんてシャレた言い方もあるとはいえ,文字通りついでに打ち上げて貰うというのが本当のところであろうか?ただ形はどうあれ,ようやくここまで漕ぎつけたというのが正確なところだろう。数年前までは,まいど衛星という,話題先行であったことは否めなくもない。それでも衛星から電波で雷観測を出来るようになりたいという大学人,科学者としての矜持もあり,阪大雷観測グループとしては,話題に振り回されつつも,真摯に衛星搭載用観測機の製作に,取り組んできたとの自負はある。そしてそれが後10日もすれば実を結ぶ。それゆえだろう,ここにきて周辺が慌ただしくなってきた。昨日もスタッフのM君,まいど衛星の重要ミッションである雷観測のための装置を,この5年間心血を注ぐ形で担当してきた当人が,テレビ朝日・報道ステーションの取材を受け,聞けば来週火曜日に放送されるとか。だから是が非でも衛星からの雷放電の観測を実現させ,話題先行を話題独占と変えねばなるまい。いやはや,打ち上げのその日が待ち焦がれてならない・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白

2020年01月09日

イラン・米国小競り合い

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
イランが、イラクの米軍駐留基地を攻撃。
ソレイマニという名の、国民的英雄といわれる司令官の、米国による殺害事件を受けての報復だそうな。一部の過激な報道では、「すわ第三次世界大戦か?」なんぞと書き立てるマスコミ報道もあるようながら、当事者のアメリカ合衆国、というよりトランプ大統領自身は、戦争の拡大を望んでいないそうなのである。
「それならなぜ、相手国の司令長官を、おまけに真の意味での戦闘状態にあったというわけでもないのに、暗殺に近いやり方での殺人をしたのだ。
と問い質したい。僻んで言うつもりはないが、白色人種の我々有色人種への対応は、毎度かくのごとくで、はらわたの煮えくり返る気がする。つまり有色人種の命を奪っても、毛ほども心が痛まない様である。とはいえイラン側も全面戦争にまでしたくないのは当然で、米軍の駐留基地の何ヶ所かに報復のミサイルを撃ち込んだだけで、現時点では様子見といったところだろうか。
トランプ大統領は、アメリカ合衆国を分断させる形で当選した。アメリカファーストなんぞと題目を唱え、国民を内向きにすることでの当選であったのだろう。そして今度は、もう一期の当選を狙って、イランにちょっかいを出し、強い大統領であることをしめしたいのだ。こうなると大統領選に当選するための司令長官殺害で、いつもの持論ながら、理念があって大統領に再選されたいのではなく、再選されるためにはどう振舞えばいいのかということにしか意識がないと理解するのは、天邪鬼のこの爺だけだろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題