2020年01月04日

正月三が日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
正月三が日も過ぎた。
とはいっても、この地では日本での高揚感はない。高揚感の無さは、この爺には何となく寂しい。実際休みは元旦だけで、2日から職場は通常勤務である。当然街の雰囲気も・・・。
シンガポールの正月のお祝いは、旧正月(Chinese New Year)で、今年の場合は今月の25日から3日間である。
何度かこのブログでも書いているように、私たち日本人の場合は、カレンダー通りの正月にある種の高揚感を感じるのだが、慣れや習慣とは恐ろしいもので、当地の人達は旧正月にそれを感じるらしい。それでも若い仲間達の中には、クリスマスから二週間程度の休暇をとって、海外旅行を楽しんでいる者もいる。とはいっても、私達の感じる高揚感ではない様である。
正月を迎えての高揚感といえば、かつて住んだエジプトなら、ラマダン明けの日、この地にきて知ったインド人のディパバリの相当するらしい。以前にも書いたかもしれないが、この爺が子供だった当時、私の田舎では旧正月を祝う文化がかすかに残っていた。農耕中心のあの当時は、旧暦の方が実用的だったと聞かされたことがある。ただ少なくとも生まれ故郷の大阪府下界隈では、もはや旧暦は全く意識されることはないのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題