2020年01月07日

なんで国立競技場建て替えたん?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
七草粥 まさかこの地では期待できないだろうが。

東京2020が盛り上がっている。正確には、マスコミ報道が盛り上げに、一役も、二役も関わっているというべきだろうか。そんな中、個人的に気になるのは国立競技場。元旦のサッカー天皇杯決勝が、こけら落としだったのだが、どうして1964年に建設した旧の国立競技場を壊して、新に建てねばならなかったというのだろう。これが改築か増築だったというのなら、ここまで考えることはないのにと、思えてならない。
我が国日本は、木造建設が主要だけに、古くなった建築物は新たに建て替えるといった傾向もあるだろう。だからと言って旧国立競技場を解体して新たに建てたことには、全く合点が行かない。それに旧国立競技場は。決して木造なんぞではなかった。もし観客席が少ないというのなら観客席を増やすことを中心に考えれば良いのであって、それは今日の技術力なら不可能であるとは決して思わない。
それでなくとも、地球温暖化で警鐘のならされているこの時代に合って、原材料は少しでも少なくした方がよいのがあたりまえ。主催国として、新しいもので世界の客を招きたいという、はやる気持ちもわからないではないけれど、くどい様ながら私には、全く合点がいかないのである。
そもそも東京2020自体、私はあまり肯定的ではない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張