2020年01月28日

思い出話 13

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
二度目の高校三年生の同級生達が、一週間の修学旅行から帰ってきて、毎日が日常に戻った。その日常が突然非日常に戻ったのは、ゴールデンウィーク直前の私鉄のストライキであった。なんとも不思議なことに、日本一運賃の高いといわれていた水間鉄道が長期のストライキに入ったのである。終点の水間駅から南海電車の貝塚駅までの交通手段がなくなり、まだまだ自家用車何ぞ少ない時代で、私達は通学できなくなる筈であった。
ところがストライキの長期化することが分かっていたのか、貝塚市がバス輸送を手配した。その臨時バスで、私は一人の女性と知り合うことになった。遅れそうになって駆け込んだバスで、空いていた席に座ったらいきなり声をかけられたのである。
「河崎先生の坊ちゃんよねぇ。サングラスなんかかけて、高校生のくせに、生意気やなぁ!」
不意を突かれ、私は一瞬たじろいだけれど
「去年網膜剥離ちゅう目ぇの病気で、手術したんです。お医者さんからは、日頃はサングラス駆けるように言われてるもんで。」
と、ともかくも返した。
「あら、そうなの。そんなこと知らなかったもので、失礼したわねぇ。」
というその女性は、私の知らない女性だった。
きょとんとしている私に、
「小学生の時、河崎先生に担任してもらったの。あの大きな家にも何度か遊びに行ったことあるわよ。あなたはまだ幼稚園だったかなぁ?確か善一郎君だったよねぇ。」
と、話し続けた。さらに彼女は
「河崎先生亡くなって何年になるのかなぁ?こんなこときいていいかな?」
と尋ね、私は
「僕が中学一年生の時だから、六年になります。」
と答えた。そうこうするうちにバスは貝塚駅前に到着、私達は駅に急いだ。
その女性は急行に乗り込み、私は次の各停を待った。各停を待つ間、私は何やらうれしかった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白