2020年01月31日

突然変異

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日武漢発の新型コロナウィルスのことを書いたら、似たようなことをネット新聞が取り上げていた。似たようなこと、正確には
「なぜ大腸菌の中に、人間以外をなすO157が出現するのか?」
についての考察である。その記事によれば、大腸菌は本来大腸に在って宿主と共生しているものとあり、この理解は科学者の端くれとして、私も持っている。
余談ながら、旅行に出て水が合わずに下痢をするというのは、私の理解では必ずしもその地が不衛生だからではなく、見慣れないあるいは馴染んでいない大腸菌を取り込むからだろうという点にある。だから少しずつ慣らしていけば下痢をすることはめったになく、実際このことに気付いてからは、私は旅で下痢は皆無、あの評判の悪いインドでもしなかった。
さて新聞記事によれば、牛の腸が関係していると有り、大腸菌が突然変異して、宿主に害をなす、例えばO157が生まれるそうなのである。
記事を読んでいて、納得する部分と理解できない部分があり、新聞記者さんが書いたので不正確なのだろうが、例えば取り上げている大腸菌は、人間のものか牛のものかという点、もう一つはO157で牛が命を落とすのだろうかという点。納得できるのは、大腸菌の種の保存に対する意欲が、突然変異を起こすという点。こういった話、何やら蝙蝠の持っていたウィルスから、人の肺炎を引き起こすコロナウィルスに変異したらしいという、最近の騒動に通じるものがあるというのが、私の理解である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題