2020年02月05日

思い出話 16

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
急行電車が動き始めた。
身動きもままならないのは私達だけではない。
だから電車の加速に併せ、自然と乗客がもたれかかってくる。
私は進行方向側に立っており、これらの乗客を背中で押し返し、彼女を守った。
「善一郎君は体が大きいから、頼もしい。この路線は痴漢が多いから助かるなぁ。」
という彼女の言葉を聞くうち、電車はほぼ定速となり、私もほっと一息つくことができた。気持ちに余裕ができると、彼女がぴたりと私に寄り添っているのに気付いた。
「困ったなぁ!」
と、体を固くしていると堺駅に近づいたのだろう電車は減速し、今度は彼女の側からなだれがおこってきた。当然のように私はそれを受け止めるべく身構え、結局彼女を抱え込んでしまった。やがて電車が停車し、大勢が反動で後方に戻ってしまっても、私たち二人は抱き合ったままでいた。ドアが開き乗客がおり始めるようになって、私はあわてて離れた。
彼女はそんな私の狼狽ぶりには頓着せず
「本当に助かるわ、もう一駅頑張ってお姉さんを守るのよ!」
と、屈託なく笑っている。
私は彼女の言葉を聞きながら、井上靖の「あすなろ物語」を思い出し、私と彼女を鮎太と冴子になぞらえていた。ちなみにこのあすなろ物語は、中学三年生の時に聞いていた「中学生の勉強室」というラジオ番組で国語の題材として取り上げられていたのがきっかけで、中高生の頃好きな小説の一つだった。
堺・新今宮間も私は同じように奮闘した。
新今宮では多くの乗客が下りてしまったので、私はちょっぴり残念に思った。
次は難波で、南海電車から地下鉄への乗り換えである.
あの頃地下鉄にはまだもぎりのおばちゃんがいて、私は急ぎ乗車券を買い彼女と一緒に地下鉄に乗ったけれど、南海電車のような混雑はなかった。
そして彼女は本町駅で降りていき、私は一人で梅田に向かった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白