2020年02月11日

漂流豪華クルーズ船

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
思い出話は、一日お休みをもらって、新型コロナウィルス肺炎の話題を。
というのも、大型クルーズ船の乗客・乗員4000人弱が、下船させて貰えず、まさに閉鎖空間にいるので、保菌者の数がどんどん増えている。昨日でもはや130人超か・・・。
友人がブラックユーモアに近い内容をぽろりと漏らした。
「下船したければ、新型コロナウィルス肺炎にかかればいいんだよ!」
笑えない冗談ながら、実際発病すると有無を言わさず隔離病棟に運ばれるので、確実に下船できる。ただこうなると、下船するのも命がけということになる。
確かに国を守るという観点からは、乗客は一切下船を認めず、出向地に戻っていただきたいような気もするが、一方人道的な立場からは、全員の下船を認め一定期間の隔離を強いるべきではないだろうかとも考えている。というのも、このままの日を重ねれば、豪華客船とはいえ閉鎖空間だけに、最終的には全員保菌者となってしまうのじゃないだろうかと考えるからである。さらにはそういう事態になれば、世論が日本政府の対応を厳しく非難するに違いない。
「野蛮な国だ!」
なんてレッテルは、本当にありがたくないもんなぁ。
ついでに言うと、福島の汚染水いよいよ海洋投棄に踏み切るのだろうか?
これと併せて、ますます野蛮国に成り下がるかもしれない。
取り越し苦労にならなければよいがなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題