2020年02月12日

思い出話 22

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
その後私達は、出会える機会がしばらくは、なかった。
梅雨が明ける頃高校が夏休みに入り、高校に通わなくなったので、事態は悪くなっていた。私は早朝の受験勉強以外は、家の手伝いに精を出した。日曜日は、もう社会人となっているY君ともあって話すこともあったけれど、時間的にはすれ違うことも多かった。
そして8月に入ると、おばあさんから
「今年は、浴衣ぬうたるでぇ。Y君のお母さんと話したんや。盆踊りに着たいやろう。」
と、告げられた。前年までは、普段着で盆踊りに参加していたけれど、これは私を大いに喜ばせた。Y君からも
「ちょうど盆休みやから、ほな一緒に出掛けよか?」
と言われて、私は有頂天になっていた。今日の若者に比べれば、本当に他愛無いものである。
大阪南部の泉州地域は、盆や祭りの盛んな地域であった。8月14日から三日間は各町内で、そして17日は水間観音の境内踊り場は、近郷から人が出て結構な賑わいになる。17夜と呼ばれていて、ほとんど徹夜で踊り続けるのであった。
今日でもそうだが、8月中頃のお盆休みには、就職して故郷を離れている者が多く帰省してくる。大仰にいうなら一時大家族に戻るのである。だからあの頃は、盆と正月はプロパンガスの配達も忙しかった。当時はまだガスボンベを台所に置いて、ゴムホースで厨房器に直接つないで使っていた。そしてその後プロパンガスの普及で、一方ガス漏れによる爆発や火災事故が頻発し、規制が厳しくなって配管の工事が必要となったが、まだまだ規制の緩かった時代であった。ちなみにその二年後、私は正式にガス・揮発油等の取扱い免許を取得するのだが、高校三年生のあの頃は、いうなら無免許で家事を手伝っていたのであった。ともかく日が暮れてご飯時になっても、なかなか開放はされなかった。そもそもY君と私は、そんなに早いうちから踊り場に行こう何ぞとは話し合ってなかった。だから出かけたのは午後10時を過ぎてであったろう。
「町内の踊り場、最後に行ったらええやん。木積や水間まわってみよう!」
ということで、二人は浴衣で下駄をはいて家を出た。当然たもとにはたばこが入っていた。Y君は就職してから、喫煙の習慣がすっかりついていた。私はと言えば、ある意味面白半分、留年しているとはいえ、まだ高校生だったのだから。
初日だけに10時過ぎといっても、人のではまだまだで、水間漢音の境内の夜店も人はまだまだまばらだった。
「やっぱし、最終日の16日やないと盛り上がれへんなぁ!ほんで水間は17夜やで。」
勝手に納得して、11時頃だったろうか、私達は町内の踊り場に戻った。そして私は、踊りの輪の中に、例の彼女の浴衣姿を見出した。意気消沈していた私は、突然気分高揚するのを感じた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白