2020年06月09日

中国での実験

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ウプサラの会議の直後、7月8月と私は中国で過ごすことになる。
1988年といえば、解放前の中国である。
中国ヘは、日本学術振興会への申請が採択され、中国科学院蘭州高原大気物理研究所の実施するロケット誘雷実験に参加して、先日来話している光学観測を行うことが目的であった。この申請は、科学研究費の奨励研究を除けば、自分自身で考えての内容での初めての申請であった。名古屋大学空電研究所に勤務していた私は、冬場には工学部教授の堀井先生がリーダーである奥獅子吼高原でのロケット誘雷実験にも参加しており、多分その折にでも中国行きの話をしたのだろう
「中国の実験には、中部大学のSSさんも参加させるから、一緒に行ってくれないか!」
と堀井先生から提案され、二人して中国に出かけた。
SSさんは、ご自身で設計・製作されたストリークカメラで観測を提案し、私はといえばNMさんの設計によるフォトダイオードを8列に並べた光学観測器で、パソコンで制御してのディジタル記録をするつもりでいた。そしてこれが一年後にトロントでの観測に使われるようになったのだが、その顛末は数日前にすでに述べてある。
くどい様ながら、解放前の中国である。
伊丹空港を出発して北京空港に到着、到着ゲートには郭教授、劉教授に加え何人かが迎えに来てくれていた。私の観測装置は何日か前には航空貨物で送ってあったが、SSさんのストリークカメラは、確か手荷物による持参であった。ただカメラは当然アナログカメラで、通関手続きは思いのほか簡単であった。
私たち二人は黒塗りのロシア製の6人乗り乗用車に乗せられ、確か友諠飯店(彼らはFriendship Hotelと呼んでいた)に滞在中泊まるようにと案内され、翌日実験場を訪問すると告げられた。そして翌日私たち二人は、早朝やってきた研究所の学生らしき一人と一緒に、例の乗用車で陽坊(ヤンファン)村にあるという実験場に向かった。記憶に間違いなければ友諠飯店は北京市の北西部にあり、陽坊村はほぼ北に60q程、有名な八達嶺との中間に位置し10分ほども走れば道路はもはや舗装されておらず、自動車は田園地帯をひたすら走り続けるだけであった。小一時間走っても目的地に着く様子はなく、SSさんがいきなり
「河崎さん、これなら実験にならないよ。こんなに時間をかけて通っていたのでは、意味がないから、もっと実験場に近いホテルを頼んで欲しいなぁ。一時間以上もかけてたら、雷雨が終わったしまうから!」
と言い出された。私自身もこの道を毎日通うのは大変だなぁと考え始めていたので、
「まずは実験場を見たうえで、私からその旨交渉するよ。」
と、彼の意見に賛同した。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白