2020年06月12日

球梅雨近し

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先週からプロ野球の練習試合が始まっている。長距離の移動を避けるべく東地区8チーム、西地区4チームに分かれての練習試合である。3月のオープン戦が終わって、さて一週間後にペナントレース開幕となった頃の自粛要請、甲子園春の選抜が中止になる等して、プロ野球の開幕の延期が決まった。野球狂としては、曰く言い難かったけれど、現時点では安全距離を保っての社会活動以外の妙案はない。それゆえ已むを得ぬ仕儀と、諦めていた。
それでもとうとう、6月19日からのセパ両リーグの同時開催が決定し、球春ならぬ球梅雨と相成っている。ただ当分は、無観客での試合になるのだろう。この間、プロ野球選手にも数名の感染者が出ていたけれど、さすがというべきか彼らは重篤化はしなかった。
無観客といえば、相撲3月場所は無観客だった。競馬も無観客で開催されている。ヨーロッパでは、サッカーの試合も無観客だという。プロスポーツが無観客で実施されたら、団体としては収入激減。テレビの放映権があるとしても、入場料収入の皆無は馬鹿になるまい。アメリカ大リーグでは、開催可能試合数が例年の三分の一程度の50試合になる模様で、だから給与も三分の一と経営者側が発表、選手側から猛反発が出ていると、マスコミ報道が伝えている。金銭が絡むと、エゴとエゴのぶつかり合いになる、とりわけ狩猟系民族は。
そんなことよりも、アメリカ合衆国の差罰主義に対する抗議、なかなか収まりそうにない。給与闘争なんぞより、もっと深刻な問題だろうに・・・。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活