2020年06月19日

思い出話 83

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
私達は、窓際のテーブルに向かい合って席をとった。
信一郎君と呼ばれた男の子は、その人の隣にちょこんと座っていた。
「それにしても4年半ぶりですか?」
と、私はようやく口を開くことができた。
「最後にあったのは善一郎君が、予備校に通い始めた頃の5月だったから、昭和44年以来かな?」
と彼女は、返して私を見つめた。
私は、またまた何を言っていいのか分からなくなって、黙っていると
「恋焦がれていた女性と久しぶりに会って、嬉しくないの?何か怒ってるみたい・・・。」
「怒ってませんよ。でも何を言っていいか分からなくて。」
「成長していないなぁ。じゃ私からいろいろ報告するわ。結婚が5月、次の年の10月末にこの子が生まれたの。だから今信一郎は、2歳半。この子の名前は、私の好きだった君の名前から一部貰ったのよ。」
と一方的に話して、
「どう、少しは感激した。」
と私を覗き込むように、見つめた。私はようやく
「『信一郎挨拶しなさい』と仰ったとき、少し驚きました。まさか、僕の名前からとったなんて!」
と答えると
「正直言うとね、いくつかの名前の候補があった中で、私が信一郎を迷わず選んだの。これも何かの縁でしょ。」
と、その人は付け加えた。コーヒやジュースが運ばれて来た頃、私の緊張もようやく解けて、素直に話ができるようになった。
「北海道に転勤ですか。それにしても遠いなぁ。」
という私に、
「札幌市の豊平区って聞いてるわ、住所は。またはがきでも下宿に送るから。」
と言って
「夏休みじゃないの今は?」
と不意に話題を、私のことに切り替えてきた。
「来週には、大学院の入試があるんです。本当のところ、この三週間余り落ち着かなくて。」
という私に、
「へぇ、まだ勉強するんだ。来年には就職かと思ってたのに。」
と意外そうな顔で答えた。そして
「落ち着かなかったのは、まさか私のせい?」
と尋ねたので、
「これも何かの縁でしょう。」
と答え、
「時々見かけたって書いてましたが、声をかけてくれたらよかったのに。」
という私に
「旦那や両親と一緒にいるときに、昔の恋人に声をかけるなんてできないわよ、馬鹿ねぇ。」
とつぶやくように答えた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活