2020年06月30日

友人の転居

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
水無月晦日
シンガポールのサーキットブレーカーも第二ステージ、先日MRTに乗ったらすっかり人の出が元通りに戻っていた。そして今朝、5月1日から二か月間同居されていた知人が、転居していった。正確には、本来転居すべきだった場所に、移動していったというべきだろうか。
思い起こせば四月の末、
「河崎さん、転居予定先のガードハウス、転居を許してくれないんです。作業員をマンション内に入れることができないから。」
と、相談を受け
「今までは同じマンション内だし、我が家には一部屋使っていないお客用のベッドルームがあるから、それでよければどうぞ。」
と引き受けたのが、発端である。
ただ、本音かどうかはともかく、やけに小心な御仁で
「下手をすれば、住所不定で警察のお世話になるかも。そうなったら国外追放かな?」
とびくびくされていた。
それにしても、あちらこちらで転居らしき風景には出くわすので
「この緊急な時に、シンガポール国内での転居を許さないのはなぜだろう?」
といぶかしくも思ったけれど、それはそれとして、我が家への転居も無事終わり、郵便局への転居届も終えた頃には、すっかり元気を取り戻され、平常の生活を楽しまれるようになった。ただお互い在宅勤務で、四六時中顔を合わす可能性もあり、気まずい思いをすることも少なくなかったのは事実であるけれど、これも人を見るいい経験になったと、古希を越した爺の回想である。
この知人、最後の挨拶をされていよいよ我が家を去られるとき
「二か月間、警察に逮捕されないでよかったです。今日から住居は決まります。」
と、述懐されたのには
「本音で、心配されてたのか!?」
と、驚かされた次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活