2020年08月16日

戦争責任

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
盂蘭盆会 京都五山の送り火
昨日の終戦記念日、総理大臣は戦争責任に言及しなかったみたいやな。
「何回謝ったらええんや?」
ちゅう言い分もあるやろけど、あのお方の場合は戦争責任は無いと信じてるとこあるみたいやしな。
いや総理大臣だけと違うて、俗にいう右寄りの大物のセンセイ方もそう考えてんやろうな。
そんなやから、
「敵地攻撃能力のある装備を!」
なんちゅうな、阿呆みたいなことを言い出すセンセイもでてきよるんや。
それにしても、困った国になってきたちゅうのが、正直なところや。
それもこれも、日本ちゅう国はいろいな意味で総括をせぇへん国やからかもしれへん。
太平洋戦争で、無条件降伏したときも、国としての総括より、戦勝国のうちの一つのアメリカ合衆国に、言うなら媚び売って、戦争責任者の何人かが居座ったん違うんっかなぁ。
せやから、あの戦争はやったらあかんかった戦争やったちゅう反省は、表面だけでやっといて、本音は侵略戦争ちゃうかったんやと、未だにつよう信じとるんやろ。
まぁ、日本は経済的に成長することできたから、アメリカ合衆国も面と向かっては戦争責任の話はせんし、政治家のセンセイも合衆国に媚び売っとったら、地位も安泰やから、お互い魚心あればちゅう所なんやろう。
せやけどな、気ぃつけんばあかんのは、アメリカ人は本音で
「どの国がせんしょうこくやったんか!」
と、本音で思うとるところや面うけどな。早い話、まだ許してはおらんちゅうこっちゃないかな?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張