2020年08月17日

香港の思想統制

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
中国政府の、香港への介入が強うなってるみたいやなぁ。
そもそも一国二制度なんて、土台無理な話やもんなぁ。
国家安全維持法ちゅうんや。
「香港に自由が欲しい!」
ちゅうてる指導者が、逮捕されたちゅうて、テレビのニュースでいうとった。
ともかく一日で保釈はされたみたいやけど、裁判で有罪になったら無期懲役にもなるんや。
まるで、第二次大戦前にあった、日本の治安維持法というなら同じみたいや。
早い話、言論・思想統制や。
中国は共産国、香港は一国二制度のおかげで、非共産都市・自由主義都市やったけど、そうなると中国本土で、お金ができて取り締まられたくない大衆が、香港に逃げ出すもんな。そうなると、中国共産党の統制が効き難うなるんが、あの習近平さん嫌なんやろう。それにウィグルやチベットも、
「自分達も自由が欲しい!」
ちゅいだしかねんもんなぁ。
欧米の自由主義の国が、香港の国家安全維持法に懸念を示したら、中国政府は内政干渉するなと反論や。
それも当然の事やと、この爺は思う。
そもそも大英帝国から香港を返還したとき、一国二制度認めたんが間違いなんや。ただあんときの中国はまだ発展途上やったし、欧米の自由主義国家にしてみたら、アジア経済圏への足場として、香港を存続させたかったんやろ。それがあれよあれよちゅうまに、中国が経済発展して、世界第二位の大国になったもんやから、中国にしてみたら香港はもう中国の一つの街で十分なんや。せやけど欧米はまだまだ足場が欲しいんや。そこの差やな。最終的には、香港はすっかり取り込まれて、中国の一都市になるんや。それも思うてるより早いんちゃうか。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題