2020年08月25日

サンマの不漁に思う

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ネット新聞によれば、今年もサンマは不漁らしい。初セリで、昨年の五倍の値が付いたらしい。店頭では、一匹当たり1000円というから、もはや庶民の秋の味覚とはいかないようだ。
この不漁、乱獲によるのか、地球温暖化による海水温度の上昇によるのか、新聞記事には詳しく書かれてはいなかったけれど、温暖化とは無縁ではあるまいと思う。それにもまして、大陸の国の乱獲の影響が大きいのだろう。何せ総人口15億人超の国だけに、消費量も馬鹿にはならないだろう上に、お金儲けにはとりわけ貪欲な国民性、庶民の秋の味覚までも、金儲けの手段とするつもりなんだろう。
それにしてもと思う。
モバイルで世界を席巻、インターネットで世界を席巻等々、ハイテクでも世界第一位になりそうな勢いである。
これまたネット新聞によれば、科学論文の総数も、中国がアメリカ合衆国を追い抜いて、世界一位になったというから、いやはや恐ろしい。この爺の専門分野で、1990年代などアメリカ合衆国での国際会議は、アメリカの研究者は日本の方を向いていた。あの当時中国研究者は、アメリカ合衆国滞在者は除き、言葉はできない内容もどこかで見かけたようなというのが多かったけれど、あれよあれよという間に我が国を追い抜いて行った。だから最近の国際会議、アメリカ合衆国の研究者は、中国の研究者の方を向いていて、日本の研究にはそれなりの敬意を払うだけで、態度には明らかな違いがついてきたと考えるのは、この爺だけではあるまい。時の流れとはいえ、「ほんまにかなわんなぁ!」
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題