2020年08月31日

8月の終わりに

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
葉月晦日
明日は、台風がようくるちゅう210日やないか。それに関東大震災の起こった日やから、日本のあちらこちらで防災訓練実施されるんやろう。今年は新型コロナウィルスの流行もあるんで、その対策の訓練もあるんやろうな。ついでにいうと今日は、母親の命日や。他界したんが1961年のこっちゃから59年も昔や。ともかくや、この頃はあれこれ公私ともに、事件が多いんや。それでのうても、夏の終わりはなんやら物悲しいのに、この爺にとっては8月の末頃は、あれこれ考えることがよけいに多いんや。
思い出したついでに、1961年のあの前後のことを書いてみるとや、母が亡くなった次の日ぃから、この爺は高熱を出した。日本脳炎が一寸だけ流行っとたんで、高熱を出しながら子供なりに自分のことが気になった。なんせ40度近い高熱やちゅうし
「まさか日本脳炎ちゃうやろうなぁ?」
ちゅうて、ぼうっと考えとったのかすかに覚えてる気ぃする。
せやけど、母親の告別式とりあえず喪主やよって出さないかんちゅうことで、近所の医者呼んで解熱剤打ってもろうたら、スーッと下がるんで
「日本脳炎の心配はないです。」
ちゅうて、医者のおばぁさんに言うてる声聞こえりゅねん。
そんなわけで告別式の焼香にだけは出たんやけど、すぐに熱がぶり返すんで、焼き場にはいけんかった。そんな高熱騒ぎが、三日ほど続いておばぁさんが、
「医者変えよう!」
ちゅうんで、他のお医者さん呼んだんや。今でいうセカンドオピニオンちゅう奴や。
お医者さんは
「お母さんを亡くされた精神的ショックでしょう。」
ちゅう見立てで、
「熱を気にせず、もう床上げしてください。」
ちゅう荒っぽい処方やった。それが実際、よう効いて二三日したら、すっかり元気になった。しかし未だに、ほんまのとこどうやったんかなちゅうて不思議に思うことある。
ほんでやその9月中頃に、第二室戸台風が襲来して、何日も停電するんやけど、その話はまた別の折にさせてもらう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白