2020年11月07日

それがアメリカなんや!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
大統領選挙の話題は、食傷気味かも知れへんけど、もう一日 付き合うてもらう。
わいは戦後の昭和24年に生まれたんで、小学校や中学校の教育の根っこにはGHQの影響もあって
「アメリカ合衆国は、民主主義の素晴らしい国家!」
ちゅうような印象を植え付けさす意図があったんやろうと、理解してる。
なんせ小学校一年か二年かの時には、
「みんしゅしゅぎ、みんしゅしゅぎ」
ちゅうて、漢字で賭けもせぇへんのに、お題目みたいにいうてた記憶あるもんな。
ただや、民主主義ちゅう選挙で国の舵取り決める方法は、ちょっと待ちごうたらとんでもないことになる危険性もはらんでるんや。ドナルド・トランプがマスコミ報道の通りの人やったら、本来前回の選挙で大統領になるわけがない筈やけど、それでも「アメリカ第一主義」を掲げるトランプを応援したいちゅう人が、半分いたら選挙で勝つことになるんや。世論がまともに働いているときには、50%の批判的な人の意見が通るんやろうけど、ボタンの掛け違えで、残りの50%が力持つこともあるんや。歴史を振り返ったら、ドイツのヒットラーもその例やろうな。
今回の選挙どう決着するんかまだ不透明やけど、地球温暖化の話し合いから勝手に堆積したり、核軍縮の方向を否定したりと、ええ加減なことこの上ない人やけど、その四年間を見てたアメリカ国民が、まだ選挙でお灸をようすえへん、困った大国やなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題